鍋とワインで1000円以下!無印「養生鍋」にはセブンの辛口ロゼが最適解

市野瀬瞳 フリーアナウンサー
更新日:2023-12-27 06:00
投稿日:2023-12-27 06:00

無印良品の「養生鍋」にドはまり確定!

じゃん!写真・撮影:市野瀬瞳/無断転載禁止、以下同
じゃん! 写真・撮影:市野瀬瞳/無断転載禁止、以下同

 あったか~い鍋で身体を温めたくなる季節。毎年この時期になると市販のいろんなスープで自宅鍋を楽しむ私ですが、先日『今シーズンNO.1』だと確信した旨すぎる鍋の素を発見しちゃいました!

 SNSなどでもバズっている、リピ決定な鍋の素。今シーズン私の食卓に何十回登場するんだろうと思うくらい、超絶好みの味だったので、アノお手頃ワインを合わせてみたら…最強のペアリングになりました!!

 その旨すぎる鍋の素というのが、毎年様々なシリーズの鍋の素を出している無印良品の『手づくり鍋の素 養生鍋』(税込350円)です。辛口もありますが、ノーマルタイプをチョイス。

ワインは何を合わせる?

「きれい」と「健康」が詰まっている感じ
「きれい」と「健康」が詰まっている感じ

「養生」とは健康を維持するための「摂生、保養」を意味する言葉。ナツメやクコの実、高麗人参エキスなど16種類以上の香辛料がたっぷり入っているので、自宅で健康的においしい薬膳鍋が食べられるわけです。

 キノコ類、白菜、チンゲン菜、レンコンなどの好きなお野菜と豚肉を鍋に入れ、グツグツと火にかけるだけで、お店で食べているような本格的な味わいの薬膳鍋が出来上がりました!!

 さて、ワインは何を合わせよう…。

 たいていの白ワインはスープのスパイス風味の強さに負けてしまうし、赤ワインだと滋味深い味わいのスープの良さを弱めてしまいます。

辛口ロゼがベストです!

セブン-イレブンのPBワインはいつでも購入可能の頼もしさ
セブン-イレブンのPBワインはいつでも購入可能の頼もしさ

 そこでオススメしたいのが、その中間的存在でもあるロゼワイン!

 甘口でも微発砲でもない、果実味たっぷりでやや飲みごたえのある辛口ロゼがベストです!

 そんな「養生鍋」とのペアリングで私が選んだ1本は、こちらもお手頃価格でリピしているセブン-イレブンのプライベートブランド「ヨセミテ・ロードシリーズ」の『ヨセミテ・ロード グルナッシュ ドライ ロゼ』(税込638円)です。

 コンビニでいつでも買えて、しかもおいしいのに、この価格帯とは…セブン様ありがとうございますっ!!

ヨセミテ・ロードシリーズって?

 YOSEMITE ROADは、米カリフォルニア州の世界遺産であるヨセミテ国立公園のそばにあるワイン産出地。カリフォルニアの太陽をたっぷり浴びて育つブドウから造られるヨセミテ・ロードシリーズは、果実味の強さと品種特徴をうまく出し、ラインナップはロゼの他に赤、白、スパークリングワインです。

 どれを飲んでもお値段以上の味わいで、2009年の発売以来、累計2000万本突破の大人気シリーズなのです。

 こちらは、グルナッシュ種を主体としたロゼワイン。グルナッシュはスパイシーなニュアンスがウリで、熟しやすいので酸味が控えめ、アルコールや果実味が強くなりやすい品種です。

気になる味は…

可愛らしいサーモンピンク♡
可愛らしいサーモンピンク♡

 グラスに注ぐと、気分まで明るくしてくれるような、澄んだ輝きのある可愛らしいサーモンピンク。ラズベリーやカシス、ピンクグレープフルーツなどの華やかな香りが広がるのと同時に、ヨセミテ国立公園の美しい景色も頭の中に広がるよう…?

 そんな景観を想像しながら口に含むと…とってもフルーティーでジューシーなアタックでありながら、スルスルと喉を伝っていくフレッシュな辛口。

 赤いベリーの味わいはギュッと力強く凝縮されつつドライな甘味で、穏やかな酸味は爽やか、コクのあるやさしいタンニン。

 舌の上にしっかりと果実味を残しながらグルナッシュらしい苦味が果実の甘やかさと重なって、チャーミングでありながら飲みごたえのある1本です。

辛口ロゼ×薬膳鍋のペアリングはお財布にもやさしい

出合ってしまいました…(笑)
出合ってしまいました…(笑)

 この華やかでスパイシーなフレーバーが「養生鍋」の香辛料の旨味とベストマッチし、ハイビスカスのようなフローラルな香りとも薬膳鍋は非常によく合います。

 週に一回は食べたくなる無印良品の「養生鍋」と、638円で買えちゃう神旨ワイン。2つ合わせても1000円以下という歓喜なペアリング、この冬ぜひお試しを♪

皆さま、楽しいワインタイムを!
皆さま、楽しいワインタイムを!

 2023年も残りわずか。今年このコラムに登場したワインたちが、少しでもアナタ様の日常を豊かなものにできますように願いながら年の瀬を過ごしたいと思います♪

 良いお年を…☆

 ※本文内のワイン価格等は著者購入時のデータとなります。

市野瀬瞳
記事一覧
フリーアナウンサー
1984年12月25日新潟県生まれ。横浜国立大学在学中、女子大生リポーターとしてテレビデビュー。大学卒業後、NST新潟総合テレビの局アナになり、2012年に中京テレビに移籍。2020年にフリーアナウンサーになる。ラジオのレギュラー出演をはじめ、2021年には日本テレビ「踊る!さんま御殿!」に出演し話題となった。

2021年10月にJ.S.A.認定ワインエキスパートの資格を取得。2022年7月にはワイン国際資格であるWSET(Wine & Spirit Education Trust)Level 3に合格。2021年11月、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の「唎酒師」、2022年10月、ドイツワインケナー、日本酒と焼酎の知識に特化した「J.S.A.認定SAKE DIPLOMA」、2023年1月に「NAPA VALLEY WINE EXPERT」、2023年2月「J.S.A.ワイン検定認定講師」、2023年4月「日本ワインアドバイザー」を取得。

現在、東海ラジオ「Saturday Flavor」、MBSラジオ「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」のレギュラー、テレビCM「みどり法務事務所」に出演中。

XInstagramYouTubeオフィシャルブログ事務所HP

関連キーワード

フード 新着一覧


時短&コク増し♡「手羽先のコーラ煮」は忙しい日の救世主
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
「餃子の王将」LOVE♡ 40女の1人飲みはチェーン店が最適解かも
 自他ともに認める酒好きです。1人でも飲みに出かけます。中でもせんべろ系の安い大衆酒場がお気に入り。  いろんな人...
納豆好きが考案した「納豆餃子」隠れ消費大国・山形のDNA、冷凍保存◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
超人気生ドーナツ同様、そば粉クレープ店「ソバープ」も行列必至なのかっ
 食べる前からおいしいに決まってる――。そう思わせる食べ物はこの世の中にごまんとあって、その食べ物は人それぞれです。 ...
めちゃ合う!【ミスド×ゴディバ】ドーナツに“レンジで1分”ホットワイン
 街中の至るところからチョコレートの甘~い香りがただよってくるような2月♪  ドーナツの人気チェーン店ではバレンタ...
市野瀬瞳 2024-02-14 06:00 フード
バレンタイン 薬剤師が開発したチョコレートなら罪悪感ナシ
 明日は待ちに待ったバレンタインですね!  普段はダイエットに勤しむ方や、健康のために糖質制限をしている方も罪悪感なく...
話題の韓国フードをうどんで。「チュモッパ風うどん」がアタリすぎたー!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-02-12 06:00 フード
タイに行った気分でラープヘッ! 酸っぱからいトムヤムクンに似た炒め物
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
隠し味は味噌!旬の牡蠣入りグラタンでハフハフしませんか♪
 大寒を迎え、寒い日が続いていますが、旬真っ盛りの“海の宝”といえば、牡蠣! ふっくら濃厚でミルキーな味わいは、牡蠣好き...
笹山真琴 2024-02-02 06:00 フード
ワイン居酒屋新幹線、開店!駅構内のコンビニで調達OKなお値打ちの1本
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-01-31 06:00 フード
太らない濃厚みそ春雨ラーメン。丼どんどんIN、ずぼらダイエッターに◎
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-01-29 06:00 フード
全国4店舗のみ! はま寿司の激レア朝食、夢の1皿2種盛りにソーセージも
 一日の計は朝ごはんにあり。  今日は、「はま寿司」にお邪魔しましたよ。
生臭さゼロ!今が旬の「ぶりの竜田揚げ」は柚子胡椒が決め手
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
そばをしゃぶしゃぶする?郷土料理「とうじそば」を初体験!
 みなさんは「とうじそば」って聞いたことがありますか?  筆者は恥ずかしながら30年間も生きてきて、初めて知りました...
中華の定番!「トマトの卵炒め」はケチャップと火加減でプロ級の一皿に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
生○○の罪よ…もうウブな舌には戻れない!美味すぎる「生胡椒」の塩漬け
 終わりが見えない物価高と値上げラッシュの一方で、上がる見込みがとんとないマイ給料。  家計のスリム化のため、泣く泣く...