「豚肩ロースで作るふわトロ角煮」煮込み1時間の時短レシピ

コクハク編集部
更新日:2021-09-27 06:00
投稿日:2021-09-27 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健一さんに、普通の鍋を使って煮込み1時間で作れる「豚肩ロースで作るふわトロ角煮」のレシピを教えていただきました。

圧力鍋を使用しなくても軟らかく!

合うお酒=赤ワイン、芋焼酎(C)コクハク
合うお酒=赤ワイン、芋焼酎 (C)コクハク

 角煮は、長時間じっくり煮込むため、手間がかかるイメージが強いもの。手軽なおつまみには、ふさわしくないような気がしますが……。

「そんなことはありませんよ。このレシピなら、煮込むのは1時間ほどです」と時任さん。

 使用するのは圧力鍋でなく、普通の鍋というから驚きです。時間短縮に一役買っているのが紅茶で、その成分タンニンには、肉を軟らかくする作用があるといいます。

 さらにテアフラビンは脂質の消化吸収を抑えてくれるらしく、おなか周りが気になる人も心配無用。煩悩の赴くまま、好みのお酒に合わせて、つまむのみです。

 食べてみると、肉が軟らかいこと! お箸で簡単に切れるし、口の中ではトロ~ッと溶けていきます。脂身もくどさを感じません。これが1時間の煮込みで仕上がるなんて!

 しっかりとした赤ワインにも負けない風味は、おつまみはもちろん、ご飯との相性もバッチリです。家族にふるまえば株が上がること間違いなしでしょう。

材料

・豚肩ロース  600グラム
・長ネギ  1本
・ニンジン  2分の1本

<煮ダレ>
・酒  大さじ4
・水  300㏄
・長ネギの青い部分  適量
・生姜  1片
・シナモンスティック  1本
・鷹の爪  1本
・砂糖  大さじ2
・紅茶(ティーバッグ)  2個
・醤油  大さじ5

レシピ

(1)豚肉を7~8センチ角に切る。ニンジンは皮を剥き、乱切りにする
(2)フライパンにオリーブオイルを引き、強めの中火で熱し、豚肉の全面に焼き目をつける
(3)深めの鍋に酒と水を入れ、中火で2を一度煮立たせる。アクが浮いてきたらすくい取り、煮ダレの醤油以外のものとニンジンも加えたら落としぶたをして弱火で20分煮る
(4)3に醤油を加え、弱火でさらに30分煮る
(5)4を煮ている間に、ネギの白い部分を5センチ幅に切る。1つは白髪ネギにして仕上げまで取っておく。残りは数カ所切れ込みを入れたら、フライパンで焼き目をつける
(6)4に切れ込みを入れた白ネギを加え、10分ほど煮込む 
(7)肉と野菜に味を染み込ませるため一度冷ます
(8)食べる直前に冷めた⑦を弱火で温め直したら、器に盛り、白髪ネギを添えたら完成

本日のダンツマ達人…時任健一さん

▽時任健一(ときとう・けんいち)
 1977年、東京都生まれ。「くつろいでもらえる時間と空間を提供したい」という思いから、2012年に「TIME」をオープン。

▽TIME
 赤い木目調のシックな店内で、食事とワインが楽しめる。ワインは常時50本以上用意。都内ではほとんど流通しない幻の伊豆牛のサーロインステーキは一食の価値アリ。中央区築地2―11―3 ウィンド築地ビル1F。

(日刊ゲンダイ2021年9月18日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
香ばしくてトロトロ!「チーズ餅」イクラや明太子と合わせて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...