【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ

河合桃子 ライター、ジャーナリスト
更新日:2024-06-19 06:00
投稿日:2024-06-19 06:00

 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについて伺いました。後編では「小陰唇縮小術」のメリット、そして先生が開院に思い至った意外すぎる理由などをお話しいただきます。

前編:三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いたはこちら】

直腸がんの女性が手術を拒否。その理由は…

 デリケートゾーン整形をカミングアウトした有名人で、忘れてはいけないのは格闘家で故・山本“KID”徳郁さんの元妻で実業家のMALIA.さん。

 2023年にInstagramのストーリーズで、4人目の子供を出産後に「小陰唇縮小術」(17万円から)を受けたことを公表。MALIA.さんはその際「ちょっとしたプチ整形より簡単だと思う」と個人の感想を綴っています。

排尿時のトラブル解消にも

 井上先生の医院で「小陰唇縮小術」を受けた有名人の方はいたのでしょうか?

「僕が把握していないだけかもしれませんが、この施術を受けた有名人の方は覚えがありません。『小陰唇縮小術』は経産婦の方だけでなく20代でまだ出産は未経験の方も受けられます。

 俗にいうビラビラ部分の小陰唇の左右の長さを合わせたり、出産により伸びてしまった部分を機能として問題ない長さまで切り揃えます。

 20代でこの施術を望まれる方は『彼氏に黒いと言われた』とか『長いと言われたことがコンプレックスだった』という方や、自転車に乗ると擦れて痛いとか、排尿の際に尿があちこちに飛ぶのが嫌だなどの理由の方がいらっしゃいます」

「医者に晒すなら死んだ方がマシ」

 実はこの女性特有の小陰唇の色味や形状のコンプレックスこそが、序盤で大きな謎となっていた「東大医学部卒の超エリート外科医がなぜ下半身整形クリニックを開院したのか?」の答えに繋がるのです。

 井上先生に「ヴェアリークリニック」開院のきっかけを聞くと、まだ大学病院で下半身の疾患を専門とする外科医だった時に遡ります。

「ある40代の女性患者さんから、ステージ1の直腸がんが見つかりました。内視鏡治療によるがん切除は難しいものの手術をすれば治せる確信があったので、提案をすると『手術は受けたくない』と言うのです。

 時間をかけて話を伺ううち、手術を受けたくない理由がデリケートゾーンのコンプレックスにあることが分かりました。

 自分のコンプレックスをたとえ医者であれ晒すくらいなら死んだ方がマシ…そう考えることに愕然としたのです」

河合桃子
記事一覧
ライター、ジャーナリスト
1977年生まれ、週刊誌を中心に執筆。大分県の椎茸農家から都内のハプニングバー摘発事件まで幅広く取材。ライフワークはママ友の家庭のいざこざや性愛事情を聞くこと。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...