味付けはあなた次第!どのお酒とも相性抜群 「挽き肉豆腐」

コクハク編集部
更新日:2019-05-26 05:03
投稿日:2019-04-24 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は横浜・阪東橋の広東料理店「壱龍釜」の唐子庭さんに、味の組み合わせが無限に広がる「挽き肉豆腐」のレシピを教えていただきました。

100通りの味

合う酒=焼酎、ビール、日本酒など(C)コクハク
合う酒=焼酎、ビール、日本酒など (C)コクハク

「挽き肉豆腐」という名前から麻婆豆腐のような見た目かと思ったら。あら、意外。豆腐のてっぺんをくりぬき、そこに炒めた挽き肉を入れるというスタイルです。ややしょっぱめの挽き肉が淡泊な豆腐とマッチし、なるほど、酒との相性は抜群。しかし、この料理のキモはそこではないそう。

「これは人によって、食べ方が何通りもあるんですよ」

 とは唐料理長。どういうことなんでしょう。

「ラー油をちょっと垂らしてみてください」

 それまでは焼酎を合わせていたが、ラー油の風味になった途端、ビールが飲みたくなった。いや、他の酒でもいいかも!。

「ワサビも合いますよ」

 その言葉を聞くや、焼酎……日本酒も合うのかな? と、しばし考察。七味唐辛子もイケるんじゃない?

「それもいいですね。つまり、調味料次第で好みの味付けができる。挽き肉ではなく、エビのすり身でもおいしい。幅広いでしょ?」

 笑顔の唐料理長に、さまざまな味付けが思い浮かぶ。マヨネーズは絶対に合うだろうし、挽き肉をカレー風味にしてみるのも面白いかも。いやいや、味噌をのっけて、あえて塩味をきつくしたところで日本酒を……。想像するともう止まりません。豆腐と挽き肉をいかに好みの味に仕上げるかは、あなた次第。彼の好みに合わせて作ってあげるのも いいですね。

【材料】

・絹豆腐 1丁
・挽き肉 60グラム
・カツオの顆粒ダシ(8グラムのスティック) 1袋
・醤油 適量

【レシピ】

1. 顆粒ダシと醤油を合わせた調味料で挽き肉を炒める。
2. 食べやすい大きさに切った豆腐のてっぺんを少しくりぬき、調理した挽き肉を入れて完成。ダシと醤油のタレをかけるもよし、他の調味料で味付けをしてもよし。

本日のダンツマ達人…唐子庭さん

▽とう・してい
 1947年、広東省珠海市出身。プリンスホテル系列で中華料理長を歴任し、91年にヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの「中国料理 カリュウ」初代料理長に就任。世界屈指のチャイナタウン、横浜中華街を擁する横浜ならではのバリエーション豊富な料理が得意。

▼壱龍釜
 日本における広東焼き物料理の第一人者、横尾博志氏がプロデュースし昨年12月に開店。横尾氏のレシピを基に作られた広東料理を中心にさまざまな本格中華が楽しめる。店名の由来となった世界に1つだけの特注釜は、焼き物の出来上がりが違うと評判。春雨を使った「麻辣湯(マーラータン)」は女性にも人気。
神奈川県横浜市南区浦舟町1―8
℡045・309・8286

(日刊ゲンダイ2018年2月24日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...
「つぶ貝 酒盗和え」スーパーのつぶ貝にひと手間加えるだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
目玉焼きが簡単に驚くほどおいしくなる魔法!2021.7.8(木)
 目玉焼き。それは卵を割って焼くだけという実にシンプルなお料理ですが、何個、何十個、何百個、何万個(!)と焼いても「これ...
材料は2つだけ!「セロリゆかり漬け」セロリ漬けの新定番に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
手軽で簡単! お味噌汁のついでに作れる「アサリ醤油漬け」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...