美髪を作るシャンプーのやり方♪ 7つのSTEPで髪が変わる!

コクハク編集部
更新日:2019-08-10 06:00
投稿日:2019-08-10 06:00
 誰もが普段、何気なく行っているシャンプーですが、実は正しいやり方があるのを知っていますか?間違ったやり方を行うことが、そのダメージヘアの原因になっているかも?そこで、美髪を作るシャンプーのやり方を、STEPごとに今回はレクチャーしていきます!

シャンプーにはどんな役割があるの?

正しいシャンプーの仕方は?(写真:iStock)
正しいシャンプーの仕方は? (写真:iStock)

 まずは、シャンプーについての基礎知識!本来の役割をチェックしましょう。

シャンプーの1番大きな役割は「頭皮」を洗うこと

 「シャンプーの役割は?」と聞かれたら、きっと多くの方が「髪を洗うこと」だと答えるでしょう。確かに、これは間違っていません。でも、それよりも大きな役割があるんです。それが「頭皮を洗うこと」!

 頭皮には皮脂や老廃物、スタイリング剤などの汚れが溜まりがち。だからこそ、シャンプーでしっかり洗浄することで、健やかな髪を保つことができるのです。また、シャンプーには頭皮の血行促進を促し、髪や地肌のトラブルを防ぐ効果もあります。

シャンプーで髪が傷んでいく!?

 シャンプー剤は、皮脂などの油分をしっかり取り除くことができるもの。でも、逆を返せば、髪から油分が取り去られることで乾燥を引き起こし、ダメージを与えるものでもあることを忘れてはいけません。

 また、濡れた髪は外的刺激に弱いため、シャンプー時に摩擦が起こることでも、髪はだんだんと傷んでしまいます。

美髪を作るシャンプーのやり方!押さえておきたい7STEP♪

全体にまんべんなくドライヤーを(写真:iStock)
全体にまんべんなくドライヤーを (写真:iStock)

 シャンプーの正しいやり方で心がけたいポイントを、7STEPに分けてご紹介します。ひと手間かけることで、ダメージをぐんと減らすことができますよ。

STEP1:入浴前にブラッシングを行う

 まずは、入浴する前に、ブラッシングを行いましょう。髪の絡まりをほぐすだけではなく、頭皮の皮脂汚れを浮かせて落としやすくする効果があります。

 この時、できれば「クッションブラシ」を使うのがおすすめ。頭皮の血行UPにも繋がります。逆にコームのように目が細いものは、髪にダメージを与えてしまうので避けた方が良いでしょう。

STEP2:36度ほどのぬるま湯で予洗いを行う

 シャンプーを行う前に、まずは予洗いを行います。予洗いとは、ただ髪を濡らすだけではなく頭皮をマッサージしながら汚れや皮脂を落とすこと。実は、この予洗いで、髪の汚れの7割は取れるそう。1分ほど時間をかけて、頭皮から毛先までをすすぐようにしてください。

 温度は、36度ほどのぬるま湯がベスト。40度以上のお湯は、頭皮の乾燥を引き起こしてしまうので注意しましょう。

STEP3:シャンプー剤は泡立てて使用する

 シャンプーは原液のまま付けるのではなく、泡立てて使用するのが鉄則。ただし、洗顔料を泡立てるように、モコモコの状態にまではしなくてOKです。
自分の髪の長さに合わせて、各シャンプー剤の用量を守って使うようにしましょう。

STEP4:指の腹で優しく揉みほぐすように洗う

 シャンプー剤を頭皮に馴染ませたら、優しく揉みほぐすように汚れを落としていきます。美容室のシャンプー時をイメージして、指の腹を使ってくるくると弧を描くようにして洗いあげていきましょう。

 また、濡れた髪はキューティクルが剥がれやすくなっている状態ですので、髪の毛先をゴシゴシと洗うのはNG!泡立ったシャンプー剤は毛先にも浸透するため、あくまでも頭皮重視でしっかり洗いあげていきます。

STEP5:トリートメントは毛先を中心につける

 シャンプー後に水気をとったら、トリートメントを毛先を中心につけていきます。頭皮の毛穴詰まりを引き起こす原因になるので、髪の根元にはつけなくてOKです。

 目の荒いブラシor手ぐしでとかして馴染ませて、髪を優しく握りしめるようにして成分を押し込めていきましょう。

STEP6:すすぎは念入りに!3〜5分洗い流して

 シャンプーが終わったら、すすぎを念入りに行います。できれば3〜5分ほど丁寧に洗い流すのが◎。

 生え際や頭頂部、耳の裏側はすすぎ残しが起こりやすい部分。肌トラブルの原因となるため、ぬめりが残っていないかを十分に確認しましょう。

STEP7:タオルドライ後、しっかりとドライヤーで乾かす

 すすぎが終わったら、タオルドライを行います。頭皮→毛先の順に、水分を優しく拭き取っていきます。この時、ゴシゴシと擦るのではなく、タオルで髪を挟んだらポンポンと優しく叩くようにして水分を取っていきましょう。

 その後はすぐにドライヤーを。髪から約30cmほど離れたところから、全体にまんべんなく風をかけてしっかりと乾かしましょう。

毎日のシャンプーこそ手をかけて♪美髪は自分で作れる!

7STEPで美しい髪に(写真:iStock)
7STEPで美しい髪に (写真:iStock)

 頭皮を健やかに保つことは、抜け毛や白髪予防など将来の美髪にも役立つこと。美容室でのヘッドスパやダメージケアももちろん良いですが、毎日のシャンプーこそ手をかけることで、美髪を作ることができるんです♪

 慣れるまでは面倒かもしれませんが、習慣にしてしまえばこっちのもの!ぜひ今日のシャンプーから、ご紹介した7STEPを実践してみてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ガードルって履くべき? 5つの必要性&よくある疑問を解消!
 若い頃は「ガードルなんて必要ない!」と、思っていた人が多いでしょう。しかし、年齢とともに体は変わるもの。変化してきた体...
プチプラ優秀コスメで時短美容!「肌悩み別」おすすめ3品
 季節の変わり目、マスク生活、高い湿度に強い紫外線……など、肌不調のもととなるようなストレスを感じやすい今は、スキンケア...
日本人の平均は“7頭身”って本当? 測り方&小顔に見せる方法
 スタイルの良いモデルさんを見て、「何頭身なんだろう!?」なんて会話をしたことがある人は多いでしょう。でも、意外にこの「...
実は男ウケ最悪…男性が嫌いな女性のファッション&注意点
 女性の間では流行っているファッションでも、男性には「下品」「ダサい」「軽そう」なんて思われていることがあるようです。そ...
マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...