夏の新常識!髪と頭皮を紫外線から守る4つのUVケア方法♪

コクハク編集部
更新日:2019-08-07 06:00
投稿日:2019-08-07 06:00
 毎年夏になると、髪がパサパサ、カラーがすぐに抜けてしまう……と悩んでいる方は多いでしょう。実はこれ、紫外線が大きな原因となっているんです。秋になってもツヤ髪でいるために、どんなUVケアを行えば良いのか&夏のヘアケアについて詳しくお伝えします♪

夏のパサパサ髪が嫌!ダメージの原因は?

髪への紫外線対策してる?(写真:iStock)
髪への紫外線対策してる? (写真:iStock)

 夏になると、髪が傷んでしまうのはなぜでしょうか?まずは、原因をチェックしていきましょう。

髪は顔よりも紫外線を受けている!紫外線による影響

 実は、髪は顔よりも紫外線を受けているということをご存知ですか?紫外線の中でももっとも髪にダメージを与えるのは「UV-B」。

 メラニン色素を分解して髪の色を変えたり、髪のキューティクルを剥がしたりするため、見た目にもパサパサ、手触りもごわごわとして髪の状態が悪くなってしまいます。

紫外線は頭皮にも悪影響

 紫外線は、髪だけではなく頭皮にも悪影響を及ぼします。頭皮も皮膚の一部ですから、紫外線を浴びると炎症や乾燥を起こしやすくなるのは想像できるでしょう。

 フケやかゆみなどのトラブルの他、毛根へのダメージにより将来の抜け毛や薄毛、白髪など、深刻なダメージに繋がることもあるので注意が必要です。

オシャレ女子必見!!髪と頭皮を守る4つのUVケア

帽子で手軽にUVケア(写真:iStock)
帽子で手軽にUVケア (写真:iStock)

 夏になると、顔や体のUVケアばかりに目が行きがち。でも、今年の夏からは髪と頭皮にも目を向けて、UVケアを始めてみませんか?

1. UVカット効果のあるヘアケアアイテムを使用する

 夏になると顔や体に使用する日焼け止めを新調する方は多いと思いますが、髪用の日焼け止めも併せてチェックしてみましょう。

 1番使いやすいのは、スプレータイプの日焼け止め。ムラなく付けやすいため、おすすめですよ。また、髪や頭皮の乾燥が気になる方は、トリートメント効果も兼ねている日焼け止めもあるので要チェック!

 ただし、顔や体に使う時同様、2〜3時間に1度の塗り直しを忘れないようにしてくださいね。

2. 帽子や日傘で直射日光を避ける

 手軽なのは、帽子や日傘でのUVケアです。大きなツバがあり、通気性が良い麦わら帽子などは、紫外線予防には最適ですね。

 また、日傘を選ぶ時には、内側が暗い色のものがおすすめ。顔の日焼け予防にもなりますし、ぜひ持ち歩くようにしましょう。

3. 分け目を変える&まとめ髪にする

 いつも同じ髪型だと、分け目の部分の頭皮が傷みやすくなってしまいます。そのため、日替わりで分け目を変えるのも、簡単なUVケアとしておすすめ。また、単純にまとめ髪にするだけでも、紫外線が当たる表面積を減らせてUVケアには有効なんだとか。

 ただし、これら2つの方法では髪全体へのダメージを防ぐことはできません。他の方法と併用して行うようにしましょう。

4. 頭皮用美容液で保湿を行う

 頭皮の日焼けは、乾燥を引き起こします。ダメージだけではなく、頭皮トラブルを起こしてしまう可能性もあるため、頭皮用美容液など保湿ができるアイテムを使用してケアを行いましょう。

 また、頭皮用美容液の中には、抜け毛やフケやかゆみの予防効果に優れているタイプもあります。夏だけではなくエイジングケアの一環としてデイケアに取り入れると、将来の美髪キープに役立ちますよ。

今年の夏こそキューティクルを死守!紫外線に負けないケアを

正しいケアでキューティクルを守ろう(写真:iStock)
正しいケアでキューティクルを守ろう (写真:iStock)

 顔や体のUVケアは多くの女性が行っているのに、なぜか後回しになってしまうヘアケア。ぜひ、ご紹介した方法で、今年の夏こそ髪のキューティクルを守ってくださいね。

 ちなみに、紫外線は10時〜14時の間がもっとも多く降り注いでいるそう。UV対策を上手に取り入れて、ぜひ、紫外線に負けないケアを行いましょう!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...