伝説の店の人気定番メニュー「生ハムとイチジクの白和え」

コクハク編集部
更新日:2019-09-06 06:00
投稿日:2019-09-06 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のバー「ロックフィッシュ」店主・間口一就さんに、濃厚な舌触りがお酒にピッタリ「生ハムとイチジクの白和え」のレシピを教えていただきました。

クリームチーズを“つなぎ”に使うという大胆発想

合うお酒=ハイボール、白ワイン、赤ワイン(C)コクハク
合うお酒=ハイボール、白ワイン、赤ワイン (C)コクハク

 一口食べて、その完成度の高さに驚き。昔懐かしいレーズンバターの味に似ていますが、レーズンバターよりも深みがあります。

 それは生ハムの塩気とドライイチジクの酸味でしょうか。クリームチーズがまたくせもので、控えめな脇役に徹しているのに、おつまみに欠かせない濃厚な舌触り。これがまたお酒に合うんです。

「僕はクリームチーズに味付けはしません。あくまでイチジクと生ハムをまとめるつなぎだと思って使っています」

 実はこのレシピ、ハイボール愛好家の伝説の店「ロックフィッシュ」の定番、人気メニューなんです。

「銀座の店を開いたのが2002年。とにかく暇でした。午後3時から朝5時まで14時間開けていたけどお客さんが来るのは3時間くらい。残りの11時間はずっとおつまみのことを考えていました」

 そこで出てきたのがこのメニュー。食材はいずれもある程度の保存が利きます。冷蔵庫にあると、サクッと作れるのもプロのおつまみの重要なポイントですね。

材料

・生ハム 1枚
・ドライイチジク 1個
・クリームチーズ 20グラム
・こしょう 少々

作り方

1. 生ハムとイチジクを刻む
2. ボウルに移してクリームチーズと和える
3. 皿に盛って、こしょうをかける

本日のダンツマ達人…間口一就さん

▽まぐち・かずなり
 愛媛県生まれ。大学在学中から酒場で働き、大阪・北浜で「ロックフィッシュ」を立ち上げ、2002年に銀座進出。ハイボールと缶つまブームの仕掛け人となった。いまや、全国を飛び回り、自慢のハイボールを作り続けている。おつまみ本の著書多数。

▽ロックフィッシュ
 銀座で昼下がりから飲める立ち飲みの店。氷なしのハイボールの聖地。
中央区銀座7―2―14 第26ポールスタービル2F
TEL 03・5537・6900

(日刊ゲンダイ2017年7月8日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
スープストックタイリョー 2021.4.4(日)
 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやって...