飲みながらでも作れちゃう「サーモン玉ネギクミン炒め」

コクハク編集部
更新日:2019-09-28 06:00
投稿日:2019-09-28 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の人気モンゴル・中華料理店「モンゴリアン・チャイニーズ BAO」の保朝(ばお)さんに、シンプル調理でパパッとできる「サーモン玉ネギクミン炒め」のレシピを教えていただきました。

炒めてスパイスをパパッ

合うお酒=ビール、日本酒(C)コクハク
合うお酒=ビール、日本酒 (C)コクハク

 店で人気の一皿「羊玉ネギクミン炒め」をサーモンでアレンジした。

「ウチでビールを飲んでいると、これが食べたくなるの。玉ネギとピーマンを切って、サーモンと炒めるだけだからパパッとできる。飲みながらでも楽チンよ」

 サーモンは小麦粉をまぶしてからバターで焼くムニエルが定番だが、その手間はいらない。スーパーに並ぶパックの切り身を一口サイズに切り分け、玉ネギと一緒に炒めればいい。

「余計な調味料を使うのが嫌なの。だから、ムニエルにはしない」

 玉ネギから溶け出す糖分が、オブラートのようにサーモンを包み、クミンなどのスパイスと折り重なって、複雑な味わいをなす。取材時の炒めている香りで食欲が刺激されて、ビールが欲しくなる。ピーマンの投入はその後だった。簡単に手に入る食材なのもいい。

「日本酒も意外と合いますよ」

 口に運ぶと、サーモンの脂とクミンの香りがほどよくマッチする。ハイボールや紹興酒も合いそうだ。酒を選ばないのもいい。シャキッとしたピーマンが食感のアクセントになっている。昼間ならメシのおかずにもよさそうだ。

 サーモンの脂が重いという人は、タラやタイ、スズキ、サバなどでもいいだろう。スーパーや魚屋の棚を見渡して、魚は財布やボリュームをチェックして選ぶといい。

【材料】

サラダ油  大さじ1
サーモン  1パック
玉ネギ  4分の1個
ピーマン  半分
塩  少々
カレー粉  2つまみ
クミン  1つまみ

【作り方】

1. 玉ネギは4分の1個をくし切りに、ピーマンは半分を適当な大きさに切っておく。フライパンに油を引いて、サーモンと玉ネギを炒めたら、塩を少々振る。
2. サーモンに火が通ってきたら、ピーマンを加えて、カレー粉2つまみとクミン1つまみを加えて炒め、玉ネギが透き通ってきたら皿に盛る。
3. クミンをより強く利かせたい人は多めに振り、好みでクミンシードを加えるといい。

本日のダンツマ達人…保朝さん

▽保朝(ばお)
 中国・内モンゴル自治区出身。通訳として来日28年。「骨つき肉はかじりついて食べる」がモットーで、おいしそうにたくさん食べる人を好む。客を包み込む人柄に引かれるファン多数。

▽モンゴリアン・チャイニーズBAO
 中国の東北地方やモンゴルの料理を中心にそろえ、扱う肉はすべて羊のマトン(生後1年以上)。「羊の塩ゆで」は、骨付きマトンを塩だけで煮込む。シンプルなメニューながら、素材の味がよく引きだされた1番人気。グルメイベントでは、汁なし担々麺がテレビのお薦め1位。日祝休。
東京都港区新橋3―14―6
℡03・6435・6660

(日刊ゲンダイ2017年11月14日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


市販のかば焼きで「ウナギの柳川鍋」 煮込む前にサッと炙る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
出汁を使わない「うまき」 卵液はウナギのタレと水で溶く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
辛くて美味しい「雷コンニャク」 コクの秘密はウナギのタレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
さっぱり美味しい「うざく」 市販のウナギはタレを洗い流す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
「東京コロッケ」揚げたてのジャガイモはホックホクで熱々!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...