飲みながらでも作れちゃう「サーモン玉ネギクミン炒め」

コクハク編集部
更新日:2019-09-28 06:00
投稿日:2019-09-28 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の人気モンゴル・中華料理店「モンゴリアン・チャイニーズ BAO」の保朝(ばお)さんに、シンプル調理でパパッとできる「サーモン玉ネギクミン炒め」のレシピを教えていただきました。

炒めてスパイスをパパッ

合うお酒=ビール、日本酒(C)コクハク
合うお酒=ビール、日本酒 (C)コクハク

 店で人気の一皿「羊玉ネギクミン炒め」をサーモンでアレンジした。

「ウチでビールを飲んでいると、これが食べたくなるの。玉ネギとピーマンを切って、サーモンと炒めるだけだからパパッとできる。飲みながらでも楽チンよ」

 サーモンは小麦粉をまぶしてからバターで焼くムニエルが定番だが、その手間はいらない。スーパーに並ぶパックの切り身を一口サイズに切り分け、玉ネギと一緒に炒めればいい。

「余計な調味料を使うのが嫌なの。だから、ムニエルにはしない」

 玉ネギから溶け出す糖分が、オブラートのようにサーモンを包み、クミンなどのスパイスと折り重なって、複雑な味わいをなす。取材時の炒めている香りで食欲が刺激されて、ビールが欲しくなる。ピーマンの投入はその後だった。簡単に手に入る食材なのもいい。

「日本酒も意外と合いますよ」

 口に運ぶと、サーモンの脂とクミンの香りがほどよくマッチする。ハイボールや紹興酒も合いそうだ。酒を選ばないのもいい。シャキッとしたピーマンが食感のアクセントになっている。昼間ならメシのおかずにもよさそうだ。

 サーモンの脂が重いという人は、タラやタイ、スズキ、サバなどでもいいだろう。スーパーや魚屋の棚を見渡して、魚は財布やボリュームをチェックして選ぶといい。

【材料】

サラダ油  大さじ1
サーモン  1パック
玉ネギ  4分の1個
ピーマン  半分
塩  少々
カレー粉  2つまみ
クミン  1つまみ

【作り方】

1. 玉ネギは4分の1個をくし切りに、ピーマンは半分を適当な大きさに切っておく。フライパンに油を引いて、サーモンと玉ネギを炒めたら、塩を少々振る。
2. サーモンに火が通ってきたら、ピーマンを加えて、カレー粉2つまみとクミン1つまみを加えて炒め、玉ネギが透き通ってきたら皿に盛る。
3. クミンをより強く利かせたい人は多めに振り、好みでクミンシードを加えるといい。

本日のダンツマ達人…保朝さん

▽保朝(ばお)
 中国・内モンゴル自治区出身。通訳として来日28年。「骨つき肉はかじりついて食べる」がモットーで、おいしそうにたくさん食べる人を好む。客を包み込む人柄に引かれるファン多数。

▽モンゴリアン・チャイニーズBAO
 中国の東北地方やモンゴルの料理を中心にそろえ、扱う肉はすべて羊のマトン(生後1年以上)。「羊の塩ゆで」は、骨付きマトンを塩だけで煮込む。シンプルなメニューながら、素材の味がよく引きだされた1番人気。グルメイベントでは、汁なし担々麺がテレビのお薦め1位。日祝休。
東京都港区新橋3―14―6
℡03・6435・6660

(日刊ゲンダイ2017年11月14日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...
「つぶ貝 酒盗和え」スーパーのつぶ貝にひと手間加えるだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
目玉焼きが簡単に驚くほどおいしくなる魔法!2021.7.8(木)
 目玉焼き。それは卵を割って焼くだけという実にシンプルなお料理ですが、何個、何十個、何百個、何万個(!)と焼いても「これ...
材料は2つだけ!「セロリゆかり漬け」セロリ漬けの新定番に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
手軽で簡単! お味噌汁のついでに作れる「アサリ醤油漬け」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...