おウチ女子会は「簡単フィンガーフード」と泡で盛り上がる!

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2020-01-15 14:51
投稿日:2019-09-22 06:00
「とりあえず」と言ったらビールですが、女性には「泡」も人気! むしろ、女性にとっての「とりあえず」はスパークリングワインやシャンパンだったりして!?
 ぐっち夫婦にホームパーティでよく作る「フィンガーフード」をご紹介いただきます。お酒がすすむ味付けになっているので、ボトル1本では足りないかもしれませんよ~。

女子会といえば……?

とまらない!(写真:ぐっち夫婦)
とまらない! (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。「オトナ女子」向けのメディアである「コクハク」読者のみなさんは、よく女子会をされているのではないでしょうか?

 夫のTatsuyaは女友達にこんな質問したことがあります。

「女子会って何話してるの?」

 男性からしたらどんな話してるのかなってちょっとだけ気になったりするものなんです。

 で、女友達の返答は、

「オトコに聞かれたら引かれちゃう!」

「絶対言えないよねー!(笑)」

「(爆笑)」←ひとり置いてけぼりのTatsuya……。

 余計に気になるオチですね(笑)。

 でもでも、そんな中でも共通して上がったのは、「彼氏できた?」というトピック。定期的に会って、お互いに彼氏ができたかの確認&報告会も兼ねているとのこと。

 ということで、突然ですが、今回は女子会についてインスタグラムでアンケートをとってみました(ジャジャーン)。

 テーマはずばり、

「教えて! 女子会あるある!」


 いただいた回答はナント100件以上。いくつかご紹介します!

【お酒系】

・飲みすぎて記憶なし!
・お酒を買い足しに行っちゃう!
・誰かしらベロンベロンになる(笑)
・1杯目は「ビール派」と「泡派」に分かれる!
・女子会は基本、本気飲み!

 みなさん、飲みすぎにはご注意を!(笑)

【会話系】

・近況報告=恋バナ
・結局なんの話をしたくて集まったのか分からなくなる
・日頃のモヤモヤ、グチをはきたいんです!
・同じ話を繰り返してしまう(笑)
・二次会は将来のマジメなハナシをしがち(笑)

 みんな話したがり! みんなが主役!(笑)

【食べ物系】

・率先して料理をシェアしがち
・会費の割りにお腹いっぱいにならない(笑)
・アラカルトだと注文が決まらないから、コース派
・「アボカド入れておけば……」的な女子会コースがある

 あれ? 以前、アボカドの記事を書いたような……(笑)

【ぐっち夫が一番笑った】

・名ばかり女子会で、女子力ゼロです!(笑)

 気を使わず飲める仲間と飲んでると解釈したい!(笑)


 みなさんにいただいた回答をすべて見まして……

 うん。

 女子会を満喫しているんだなあーって(笑)。

 さあ、明日も頑張りましょう!(笑)

 話の締め方が分からなくなったので、そろそろコクハクめしの話をしましょう! 女子会あるあるを読んで、「あるある」と思ったアナタ! この後紹介するフィンガーフードを作って、仲のいい友達とぜひ女子会を開催してみてくださいね。

関連キーワード

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...