「あげ納豆」うま味調味料のちょい足しでお店の味に大変身

コクハク編集部
更新日:2019-10-23 06:00
投稿日:2019-10-23 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祐天寺のもつ焼き店「ばん」の小杉潔さんに、あっという間に作れる「あげ納豆」のレシピを教えていただきました。

納豆のネバネバで閉じるだけ

本日のダンツマ達人…小杉潔さん(C)コクハク
本日のダンツマ達人…小杉潔さん (C)コクハク

 超簡単で、超おいしい。冷蔵庫にあるものでできる、ばんの究極メニュー。1日約500個のレモンが消費されるという「元祖レモンサワー」と合わせれば、昭和の薫りが漂います。

 納豆に一通りの調味料を入れて、ネバりが出るまで混ぜて、油揚げの袋に入れます。

「油揚げを閉じるには、納豆のネバネバを利用します。だから、串を使って閉じる必要はないんですよ」

 店ではサッと網焼きですが、家では表面が焦げやすいので、遠火の弱火で中まで熱が入るようにじっくり焼くのがベター。もっと簡単に作りたいというならフライパン(油なしでも使えるもの)でも十分。油を引かず、フタをして、弱火で両面を焼けば、カリカリに仕上がりますよ。

 味の違いといえば“うま味”の層。めんつゆやうま味調味料をほんのちょっと加えることで味の層が深まり、家の味から店の味に大変身。

 うま味のもとになる調味料類は入れ過ぎて失敗することもないので、ダシの入っためんつゆ、即席の昆布ダシ代わりになる“昆布茶”、まろやかな酸味をプラスする“寿司酢”、適度な辛さで味を締める“食べるラー油”などは揃えておくと何かと便利ですよ。

【材料】

・油揚げ 1枚

<具>
・納豆  1パック
・おろししょうが  小さじ1~2
・ねぎ(みじん切り)  小さじ1
・かつおぶし  少々
・うま味調味料  少々
・めんつゆ  小さじ2分の1

【レシピ】

1. ボウルに具をすべて入れて混ぜる。
2. 油揚げを2等分し、袋にして1を詰める。納豆のネバりを利用して袋の端を閉じる。
3. 2を遠火の弱火で網焼きにし、油揚げの表面がカリカリになったら出来上がり。

今日のダンツマ達人…小杉潔さん

▽こすぎ・きよし
 1943年、東京・中目黒生まれ。吉祥寺で居酒屋を経営後、兄が経営する中目黒のばんに入る。2005年に都市整備のため中目黒が閉店、祐天寺でばんを立ち上げる。以来、13年変わらぬ価格で提供。

▽ばん
 平日16~23時(22時15分LO)、土曜15~23時(22時15分LO)、日曜15~22時(21時15分LO)
目黒区祐天寺2―8―17
℡03・3792・3021

(日刊ゲンダイ2018年5月12日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM