合併症の合併症!? 40℃の高熱で希少がん病棟へ“強制送還”

コクリコ 編集者
更新日:2019-12-14 05:39
投稿日:2019-11-12 06:01
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

「入院の準備をして外来に来てください」

退院したばかりなのに…(写真:iStock)
退院したばかりなのに… (写真:iStock)

【Note.27】

 翌朝になっても39℃の熱が下がらない。せっかく退院したのに、ただ家の布団で寝ているだけで、外の空気も吸っていない。

 病院に電話し、主治医であるT先生に取りついでいただき、病状を説明します。

「コクリコさん……、入院の準備をして外来に来てください」

 え? 昨日退院したばかりなのに?

 まさかの再入院です。タクシーを呼んでC病院に行き、外来に到着すると病室の裏に呼ばれストレッチャーに寝かされ、T先生に腰をたたかれます。

「痛いです」

「痛いかー。うーん。腎臓かな。腎盂炎かな」

 え? え?? ほどなくしてストレッチャーのまま病室へ。C病院は常に満床で婦人科病棟ではなく、たまたま空きのあった希少がん病棟での入院です。今回は4人部屋です。この希少がん病棟には、ほかのがんと比べて患者数が少ない皮膚、眼球、骨、口腔、咽頭、脳、神経などのがん患者さんが入院しています。

 熱を計ると40℃を越え、ガタガタと震えが止まりません。看護師さんが「解熱剤の点滴を入れなくてはいけないのに、(寒気で)血管がキュッとしまって針が入らない」と言います。電気毛布の温度を最高レベルにしてぐるぐるに体に巻き付け、寒気が落ち着くのを待ちます。

腎盂腎炎かイレウスか

 体が温まってきてようやく解熱の点滴をすると、今度は吐き気が襲ってきました。おえー。吐いては寝て、寝ては吐きを数度繰り返し、だくだくに汗をかいて体温が39℃に下がった頃、婦人科病棟からほんまに先生がやってきました。

「戻ってきちゃいましたね……」

「はぁ……」

「動けそうだったら、CTを撮りに行ってほしいんだけど。可能性としては腎盂腎炎か、あとは、言いにくいんだけどまたイレウス……」

 イレウス(腸閉塞)!!!!!!

 先週まで苦しんだあのイレウスに……またなったの!?

「え。もしイレウスだったらどうするんですか? 手術ですか?」

「手術の前にまたチューブやな。嫌やろうけど」

 あのチューブの不快さを思い出して、涙が出てしまいました。

「チューブやりたくない……」

 なんで治らないんだよー! あんなに頑張ったのに!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


説得力や根拠じゃない!自分の意見を伝える時に大切なこと
「どう思う?」「なぜそう感じるの?」と言った意見を求められる場面は少なくありません。職場であればなおさらでしょう。そんな...
こんなの見たことない!今年にピッタリなウシ柄“にゃんたま”
 今年はうし年?な、にゃんたま様に出逢いました。  こんな白黒猫の柄、見たことない! 頭部は綺麗なハチワレ模様であ...
香りで癒されたい貴方にオススメ!洋ランの女王「カトレア」
 とある著名な女性霊能者にお会いしたときのお話でございます。  散歩しているだけで地縛霊に取り憑かれる、いわゆる憑...
1月18日~1月24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
見極めて! 性格が悪い女性の特徴&上手に付き合うポイント
 学校や会社など、必ずひとりは「性格が悪いかも?」と思う女性っていますよね。「苦手だな……」と思っても無視するわけにいか...
まるで栗まんじゅう!冬空に映える“にゃんたま”君で妄想する
 ニャンタマニアのみなさま、きょうは、栗まんじゅうなにゃんたま君です。  栗まんじゅうといえば、ドラえもんの道具で...
無印良品の歯ブラシをレポート!シンプルで暮らしもスッキリ
 無印良品のアイテムは、シンプルでどんなテイストのお部屋にも馴染んでくれますよね。おうち時間が長い今、毎日の生活を少しだ...
LINEで誤爆…爆笑から修羅場まですぐ削除したい内容9選
 連絡ツールとして多くの人が使っているLINEですが、2017年12月13日に送信取り消し機能が追加されました。でも、送...
自信のない人が“自己肯定感”を高めるために今すぐできること
 自分に自信がない人やHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の傾向にある人は、自己肯定感が低い人が少なくないかもしれ...
汚れた手足と可愛いお顔“にゃんたま”のギャップにきゅんです
 冷たい北風を避けて、陽だまりでコロンコロン♪のにゃんたま君。  外猫ならではの汚れた手足に甘えん坊な顔立ち。この...
金運UPにも効果大! 女性の守護神に捧げる“マーガレット”
 ある年の年末、猫店長「さぶ」率いるわがお花屋さんに一人の男性客からお花のご注文の電話がございました。  この男性...
iPhone&Amazonユーザー必見! 2021年に見直したいIT節約術
 ITと聞くと、特に女性は「難しそう……」と思ってしまう人が多いかもしれません。SNSを活用したお仕事をしている私もわか...
陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君…真っ直ぐな視線の先は
 きょうは、陽を浴びて輝く毛並み、目が離せないにゃんたま君に出逢いました。  立派なにゃんたまωを見せつける男気は...
1月11日~1月17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
おうち時間を豊かに!初心者に勧める芳香浴とアロマオイル
 再びおうち時間が増えてきた今、自宅での時間を豊かにするなら、アロマオイルを活用するのもおすすめです。日本でもなじみが深...
失敗は多いほど得? 失敗談を語れる人ほど価値が高まる理由
 突然ですが「失敗」と聞くとどんなことを思い浮かべますか? ただの言葉として受け止める人もいれば、すごく怖い体験を思い出...