ボージョレに合う!はちみつが隠し味のコク旨♡カプレーゼ

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2020-01-15 14:56
投稿日:2019-11-17 06:00
 この時期が来ると、デパートやスーパーの食品売り場は(待ってました!? の)“ボージョレムード一色”になりますね♪ ぐっち夫婦もなぜか買いたくなってしまう、ボージョレ・ヌーボー。今回は一緒に楽しみたい「モッツァレラチーズ」を使ったレシピをご紹介します!

今年もこの季節がやってきた!

クリスマスもいけそう♡(写真:ぐっち夫婦)
クリスマスもいけそう♡ (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。今回は、ボージョレ・ヌーボーのハナシ。

 毎年11月の第3木曜日はボージョレ・ヌーボーの解禁日ですね。でもって、令和初のボージョレは11月21日! ワイン好きはもちろん、イベントごとを大事にする女性たちは、ボージョレを飲む女子会をしようと心待ちにしているのではないでしょうか。「ワインのお祭り」なので、思う存分、楽しみましょう~。

ボージョレ・ヌーボーはなぜ人気?

 ボージョレとは、フランス第3都市・リヨンの北に位置する「ボージョレ地区」のこと。ヌーボーはフランス語で「新しい」の意なので、つまり、〈ボージョレ地区で作った新酒〉というわけです。

 9月に収穫したブドウを使い、たった2カ月でワインとして製造。そして出荷されるため、ブドウのフレッシュな香りと爽やかな味わいが特長です。ちなみに、この段階のワインの出来具合でその年に生産されるワイン全体の評価も判断されるそうですよ。

:なるほどね~! だから世界的にもボージョレは人気なんだね。

:そうみたいだね。昔友人のワイン会に参加した時に教えてもらった知識でした!

:ワインって奥深いから、今度ちゃんと勉強したいなあって思ってるよ~。

:いいね、勉強したらぜひ教えてほしい! 今年もボージョレ買ってこようかなあ。

:うん、お願いします! ここまできたら(?)今年も飲みたいしね~♪

:なんか恒例行事みたいになってるね(笑)。

:今回はボージョレと一緒にぜひ味わってほしいモッツァレラチーズを使ったレシピをご紹介します。前回の記事ではクリームチーズを使ったレシピをご紹介しましたが、ぜひ両方とも作って楽しんでみてくださいね!

フード 新着一覧


日本酒と相性抜群「魚のワンタン」白身魚ならなんでもOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
可愛すぎる! ホットケーキミックスでアメリカンドッグ!!
 年明け1回目は人気のホットケーキミックスを使ったレシピをご紹介します! 引き続き、おうちでごはんを作る機会も多くなると...
ぐっち夫婦 2021-01-17 06:00 フード
「チーズトマトの包み焼き」アンチョビーを加え洋風なコクを
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
「ピカパウ」濃厚&サッパリのポルトガル定番スナックフード
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「じゃがいもとワサビ漬けのバター炒め」加熱でうま味際立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「塩茹でエビ」軽く茹でるだけ…でも異様なまでに甘い驚き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
コッテリ&さっぱり「牛テール焼とパクチーのサラダ仕立て」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
「若鶏のラタトゥイユスタイル」味わいと歯ごたえのバランス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
食感の対比が楽しい「国産和牛もつのガーリックバター炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
パーティにぜひ!朝仕込みで簡単に作れるタンドリーチキン
 12月になるとチキンが食べたくなる……そんなことありませんか? そこで今回は朝に仕込むことでおいしく仕上がる、大人も子...
ぐっち夫婦 2021-01-18 20:19 フード
「ラム酒の入ったフレンチトースト」ラムで風味を付ける口福
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「酒盗マヨネーズ」罪深い美味しさの秘密は“4対1”の黄金比率
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「レンコンの南蛮漬け」たっぷり片栗粉は美味しさのひと手間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
ピリッ!と刺激的な大人の卵焼き「青唐辛子のオムレツ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「牡蠣のコンフィとパクチー」香草と和えるとワインに合う
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
「万願寺唐辛子 じゃこ炒り」熱々のご飯に混ぜても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...