真っ白な「ポテトサラダ」じゃがいも=こってりの概念を覆す

コクハク編集部
更新日:2020-11-22 06:00
投稿日:2020-11-22 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の和食店「酒と肴 類」の菊岡正輝さんに、しっとりした「ポテトサラダ」のレシピを教えていただきました。

じゃがいもは茹でずに“蒸す”

合う酒=純米酒(C)コクハク
合う酒=純米酒 (C)コクハク

「類」のポテサラは真っ白なのが特徴です。

「うちは男爵いものおいしさをメインにした、しっとりしたポテトサラダです。具はじゃがいもと玉ねぎだけなので白いのです」

 じゃがいもは茹でずに“蒸す”のも「類」流。

「野菜のうま味を逃さずいただけます。北海道産野菜のうま味を感じていただけると思います」と店長の菊岡氏は語る。

 今年注目の台湾製調理家電「大同電鍋」を使えば蒸し物が簡単にできるんだとか。調理法に蒸すことも加えると味の幅が広がります。合わせるお酒は純米酒。

「限定の『上川大雪 特別純米 彗星生』をオススメしています。北海道産の酒造好適米・彗星を使った純米酒で奇麗な味わいが特徴です」

 じゃがいも=こってり、の概念を覆す一品です。

【材料】

・じゃがいも(男爵いも) 2個
・玉ねぎ 4分の1個
・塩 小さじ4分の1
・コショウ(白) 少々
・マヨネーズ 小さじ2分の1
・粉チーズ 少々

【レシピ】

(1)じゃがいもの皮をむいて、2センチくらいの厚さにスライスし、蒸し器で15分ほど蒸す(蒸し器がなければ、テフロン加工のフライパンで焦げないように蒸し焼きでも可)。
(2)玉ねぎを粗みじんにし、テフロン加工のフライパンで蒸し焼きにする。
(3)1をしゃもじなどでつぶし、塩、コショウ、マヨネーズ、粉チーズを加えて滑らかになるまで混ぜる。
(4)3に2を加えて軽く混ぜる。
(5)4を皿に盛り、飾りに黒コショウ(分量外)を振る。

本日のダンツマ達人…菊岡正輝さん

▽きくおか・まさき
「酒と肴 類」の名物店長。1973年、札幌生まれ。20代から飲食の世界に。日本酒の魅力にハマり、時間を見つけては全国の蔵元を巡る。「蔵元さんとお客さまの懸け橋になれれば」と蔵元の思いを伝えることをモットーに日々店に立つ。

▽酒と肴 類(るい)
 和食と酒をゆったり楽しむ店をコンセプトに、1階にある「鉄板焼みつい」の分店としてオープン。常時80種ほどの日本酒がそろう。同じ銘柄の年数違いなど飲み比べができる。札幌市中央区南3条西7―7―2 鉄板焼みつい2階。

(日刊ゲンダイ2019年3月15日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「じゃがいものガレット」ビストロの定番をおうちで作る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
ホクホクをほおばる「アボカドのタネに見立てたコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
2020-11-24 06:00 フード
「アンコウの酒盗干し」天日で半日干せば極上おつまみ完成!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の老舗和食店「はち巻岡田」の岡田幸造さ...
おうちで簡単に作れる!かぼちゃとベーコンの絶品キッシュ
 急に冷え込む日が続くようになって、一気に季節が冬に移り変わろうとしていますね。冬は、クリスマスやお正月などイベントごと...
ぐっち夫婦 2020-11-22 06:00 フード
「南蛮エビなめろう」これぞ酒泥棒!目が覚めるコクとうま味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
削ってレンチン!赤ワインには「パリパリ・パルミジャーノ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
「葉蒜豆鼓炒海瓜子(葉ニンニクとアサリの豆鼓炒め)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千歳烏山の台湾料理店「天天厨房」の謝天傑さ...
万能ソースが活躍「マッシュルームとフォアグラのリゾット」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・北新地のフレンチ「カラーズ」の加藤吾郎さん...
「ムール貝とカブのワイン蒸し」塩辛と生米で2度おいしい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフレンチ「銀座エスコフィエ」の東正俊...
裏技テクでじっくり2時間 磯の風味を凝縮した「蒸しアワビ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」は冷めてもおいしい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
イタリアンな「魚介のサラダ」時短&失敗ナシなのに主役級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
「ニンジンのサラダ クミン風味」カレー風味の“なます”です
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・押上のスパイス料理専門店「スパイス・カフェ...
和食の基本と潔さ 手間をかけただけおいしくなる「煮ガキ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「サバのフリッタータ」本場のオムレツをサバ味噌煮缶で作る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
「鶏モモ肉のロースト大葉とゆずの香り」皮のパリパリ食感!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・豊中市のフレンチ「ビストロ・リッペ」の中尾...