「ハッスルたらこ」お酒と白飯がグイグイ進む危険なおつまみ

コクハク編集部
更新日:2020-04-08 06:00
投稿日:2020-04-08 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前の「ごはんやパロル」の桜井莞子さんに、塩気に醤油のうま味が絶妙にからむ「ハッスルたらこ」のレシピを教えていただきました。

味の決め手はにんにく醤油

合う酒=辛口の純米酒(C)コクハク
合う酒=辛口の純米酒 (C)コクハク

 メニューには、ごま和えやきんぴら、ポテトサラダなど、何げないシンプルな家庭料理が並んでいますが、その中で異彩を放っているのが“ハッスルたらこ”。いったいどんな料理なのかと思いきや、「たらこを切って、にんにく醤油をチョチョンと垂らして、あさつきをのせただけ。簡単な料理でも、泰蔵さんの器に盛るとごちそうになるんです」と桜井さん。

 “泰蔵さん”とは、東京国立近代美術館やニューヨークのブルックリン美術館など国内外の美術館に作品がコレクションされている陶芸家の黒田泰蔵さんのこと。この店で使っている器のほとんどが黒田さんの白磁です。

 しかしなぜまた“ハッスルたらこ”なのでしょうか? ほんの少し口に含むと、にんにくとあさつきの風味がふわりと鼻に抜け、たらこの塩気と醤油のうま味がからみ合い、思わず杯に手がのびます。さらりとした辛口の純米酒で口の中がリフレッシュされ、ついつい杯を重ねて、しまいにはちょっと白飯も欲しくなる危険なおつまみです。

「実はこれ、40年以上前に西麻布のお店で食べたメニューなんです」とネーミングの由来は不明ですが、味の決め手はにんにく醤油です。

「刺し身はもちろん、炒め物やチャーハン、パスタなど何にでも使える万能調味料。漬けたにんにくも刻んで調味料として使えるので、すごく便利ですよ。にんにくも醤油も継ぎ足し継ぎ足しでずっと作り続けています」

【材料】

・たらこ 2本
・にんにく 1片
・醤油 2分の1カップ
・あさつき
(なければ万能ねぎ) 適量

【レシピ】

1. にんにく醤油を作る。にんにくは半分に切って芽を取り除き、きれいな瓶などに入れて醤油を注いで、できれば3~4日ほどおく。すぐに使いたい場合は、にんにくをみじん切りにして漬ける。
2. たらこは1本を4等分に、あさつきは小口切りにする。
3. 器にたらこを盛り、1のにんにく醤油を数滴垂らし、あさつきをのせて、さらににんにく醤油を数滴垂らす。

本日のダンツマ達人…桜井莞子さん

▽さくらい・えみこ
 デザイン会社に勤務の後、1988年にケータリング会社を立ち上げる。94年に東京・西麻布に「ごはんやパロル」を開くが、2004年に閉店して伊豆に転居。料理教室を主宰していたが、14年、71歳で再び青山に店を開く。

▽ごはんやパロル
 東京メトロ外苑前駅から徒歩2分。何げないけれど、まっとうで上等な家庭料理を、伊豆で作陶する陶芸家・黒田泰蔵さんの白磁で味わえる。おいしい料理とお酒とともに器も楽しめる店。
東京都港区南青山2―22―14 フォンテ青山101。18~22時(LO)/土・日・月・祝定休

(日刊ゲンダイ2019年4月9日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「豚肩ロースで作るふわトロ角煮」煮込み1時間の時短レシピ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
色鮮やか!「季節野菜のピクルス」は下準備とスパイスが肝
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...