生ハムの“食べるドレッシング”!?女子会向けごちそうサラダ

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2020-03-15 15:31
投稿日:2020-03-01 06:00
 おうちで女子会をするとき、「生ハム」をとりあえず買うことってありませんか? そのまま食べることも多いかと思いますが、今回は「“生ハムを食べる”サラダ」に大変身させます! 野菜もたっぷりと摂れて、女子ウケ間違いなしの一品ですよ♪

おうち女子会の定番おつまみといえば?

彩りもバツグン(写真:ぐっち夫婦)
彩りもバツグン (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。

 突然ですが、おうちで女子会をするとき、何を買いますか??

 とりあえず、チーズや生ハムなどを買おう! となることも多いのではないでしょうか。そこで今回は「生ハム」を使ったレシピをご紹介します。

  ◇  ◇  ◇

夫:今回のレシピはどうしよっか? おうちで女子会をするときに活躍するレシピいいかな~?って思ってるんだけど、どうかな。

妻:いいと思うよ~! でもなんでそんなテーマにしようと思ったの?

夫:この間飲みに行ったときに、女性の友人が料理を頼んでくれて。チーズと生ハムをオーダーしてくれたんだけど、これまでも何度かそんなことがあったから、やっぱりこの2品は人気、テッパンなんだろうなーって思ってね。ちなみに俺は、ソーセージのグリルも頼んでもらったよ。

妻:ソーセージ……らしいね(笑)。でも確かに、生ハムとチーズはみんなだいたい好きだったりするよね。だから、頼むってのもあるかもね!

夫:なるほどね~! じゃあ、おうちで女子会するときも生ハムのアレンジレシピがあるといいね。多めに生ハムを買ってそのまま食べる分とアレンジする分と分けてもいいね。


 ということで、今回は生ハムを使ったアレンジレシピをご紹介します! 生ハムを贅沢に使って“食べるドレッシング”に。新玉ねぎのザクザクした食感と甘みがプラスされてシンプルなサラダも満足な仕上がりになりますよ。

関連キーワード

フード 新着一覧


まだ買える⁉無印のカカオトリュフに夢中 2021.12.7(火)
 冬季限定で絶賛販売中の無印良品「カカオトリュフ」(全5種)、これ、本当にすごい。11月に入ってすぐ、お店でなんとなく目...
「マッシュルーム、トマト、チーズのホイル包み」肉厚が最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...