生ハムの“食べるドレッシング”!?女子会向けごちそうサラダ

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2020-03-15 15:31
投稿日:2020-03-01 06:00
 おうちで女子会をするとき、「生ハム」をとりあえず買うことってありませんか? そのまま食べることも多いかと思いますが、今回は「“生ハムを食べる”サラダ」に大変身させます! 野菜もたっぷりと摂れて、女子ウケ間違いなしの一品ですよ♪

おうち女子会の定番おつまみといえば?

彩りもバツグン(写真:ぐっち夫婦)
彩りもバツグン (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。

 突然ですが、おうちで女子会をするとき、何を買いますか??

 とりあえず、チーズや生ハムなどを買おう! となることも多いのではないでしょうか。そこで今回は「生ハム」を使ったレシピをご紹介します。

  ◇  ◇  ◇

夫:今回のレシピはどうしよっか? おうちで女子会をするときに活躍するレシピいいかな~?って思ってるんだけど、どうかな。

妻:いいと思うよ~! でもなんでそんなテーマにしようと思ったの?

夫:この間飲みに行ったときに、女性の友人が料理を頼んでくれて。チーズと生ハムをオーダーしてくれたんだけど、これまでも何度かそんなことがあったから、やっぱりこの2品は人気、テッパンなんだろうなーって思ってね。ちなみに俺は、ソーセージのグリルも頼んでもらったよ。

妻:ソーセージ……らしいね(笑)。でも確かに、生ハムとチーズはみんなだいたい好きだったりするよね。だから、頼むってのもあるかもね!

夫:なるほどね~! じゃあ、おうちで女子会するときも生ハムのアレンジレシピがあるといいね。多めに生ハムを買ってそのまま食べる分とアレンジする分と分けてもいいね。


 ということで、今回は生ハムを使ったアレンジレシピをご紹介します! 生ハムを贅沢に使って“食べるドレッシング”に。新玉ねぎのザクザクした食感と甘みがプラスされてシンプルなサラダも満足な仕上がりになりますよ。

関連キーワード

フード 新着一覧


「水なすのみょうが味噌かけ」味噌と砂糖のバランスがカギ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...