可愛い?ウザい?わがままの違い! 男性に上手に伝えるコツ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-03-08 06:00
投稿日:2020-03-08 06:00
 男性に「こうしてくれたら」「あれしてほしいなぁ」と、本心を隠してしまう女性に対して、「これがしたい」「あれを買って」と、わがままを言える女性がいます。どちらが良いと言うわけでもないですが、でも、時にわがままは男性に可愛く思われるツールでもあるよう。もし、今、あなたがわがままを我慢しているのであれば、この機会に上手に伝える方法を学んでみませんか?

可愛いわがままとウザいわがままの違いって?

ちいさなわがままでも感謝の気持ちを忘れずに(写真:iStock)
ちいさなわがままでも感謝の気持ちを忘れずに (写真:iStock)

 男性に「面倒だと思われたくない」と思い、わがままを言えない女性は多いでしょう。でも、実はわがままには、“可愛いわがまま”と“ウザいわがまま”があります。まずは、その違いをチェックしていきましょう。

聞いてもらえた時に感謝するor当然だと思う

 わがままを聞いてもらえた時に感謝するor当然だと思うか、ここに可愛いわがままとウザいわがままの境界線があります。

 大きくお金が絡むわがままだったら、喜んでお礼を言う方は多いでしょう。でも、些細なわがままだったらどうでしょうか?同じように喜べますか?

 つまり、わがままの定義は人によって違うということ。自分にとっては小さなことに感じても、男性にとっては手間のかかる面倒なわがままだったりもします。

 それを「やってもらって当然!」と思ってしまうと、“ウザいわがまま”になってしまうのでしょう。感謝を忘れないことは、やはりお付き合いをする上では大切です。

ポジティブに頼むorネガティブに頼む

「◯◯をしてほしい」とポジティブに言われるのと、「◯◯をしないでほしい」とネガティブに言われるのには、大きな違いがあります。

 たとえば、「私の誕生日を一緒に過ごしてほしい」と頼むのと、「私の誕生日には予定を入れないでほしい」と頼むのでは、言われた男性の気持ちはきっと変わるでしょう。

 同じことを頼んでいても、ネガティブな言い回しで言われると威圧感や束縛感を感じてしまうため、面倒だと思われてしまうのです。

聞いてもらえなかった時に怒るor気にしない

 わがままを聞いてもらえなかった時、「こんなことくらい叶えてよ!」と怒るのか、「そっか、仕方ない」と気にしないのか、対応によっても印象は大きく異なるでしょう。

 スネるくらいなら「可愛い」で済むかもしれませんが、いつまでも引きずって文句を言えば「ウザい」になってしまうのです。

可愛いわがままが言いたい!気を付けたい4つのポイント

「お願い」という謙虚な気持ちで(写真:iStock)
「お願い」という謙虚な気持ちで (写真:iStock)

 ウザくならないわがままのポイントを押さえたところで、可愛くわがままを言うために気を付けたいポイントをご紹介します。

1. わがままは具体的に伝える

 わがままが言えない女性にありがちなのが、「察して欲しい」と、心のどこかで思ってしまうこと。表面的にはわがままを言っていなくても、「本当はこうしてほしい」と思っているため、意にそぐわないことが起こると不満を抱えてしまったりもします。これが喧嘩が勃発する原因になることも。

 でも、上手にわがままを言う女性は、いつだって具体的。「あの焼肉屋さんに連れて行ってほしい」「このテーマパークのイベントに行きたい」と伝えるため、男性にとっては分かりやすく、単純にそれができるかできないかを考えれば良いだけになるため、楽なのです。

2. 男性に余裕がある時に言う

 どんなに可愛いわがままだったとしても、タイミングによっては聞き入れてもらえない可能性は大いにあるでしょう。たとえば、男性の給料日前や忙しい時にわがままを言っても、通らないばかりか嫌な気分にさせてしまうでしょうから。

 おすすめのタイミングとしては、男性に余裕がある時。むしろ、男性に余裕がない時には、逆に男性のわがままを受け入れてあげられるような関係でいることも大切かもしれません。

3. 男性の得意分野でお願いする

 わがままを男性に言う時、男性の得意分野でお願いすることもポイントでしょう。一般的に男性は機械に強いと思われていますが、機械音痴な男性もたくさんいます。そんな男性に、「パソコンのセッティングをして」とお願いしても、負担にしかなりません。

 できれば女性にとっては難しいけれど、男性にとっては簡単に叶えられるわがままがあればベスト。素直に感謝や尊敬ができますし、コミュニケーションの一環にもなります。男性も喜んでくれる彼女を見て、「またしてあげたい」と思ってくれるでしょう。

4. 決して強制しない

「わがままを言われたい?言われたくない?」と聞かれたら、誰だって「言われたくない」と思うはず。そもそも「わがまま」とは、“相手の意に反して無理なことでも、自分のしたいようにすること”。そのため、“聞いてもらえなくて当然なこと”でもあるのです。

 そのため、わがままを言う時には強制しないこと。「〜は嫌!」「〜したい!」ではなく、「〜がいいな」「〜したいけどダメかな?」など、お願いをする気持ちで伝えることも大事ですね。

コミュニケーションの一環としてのわがままは気楽!

「一緒に観覧車に乗ろう」でもOK(写真:iStock)
「一緒に観覧車に乗ろう」でもOK (写真:iStock)

 わがままを上手に言うって、人によってはなかなか難しいことです。でも、言えないまま悶々と過ごすくらいであれば、思い切って伝えてみるのも良いのかも。

 わがまま初心者の女性であれば「これを買って」のような男性に負担がかかるわがままではなく、「あなたと一緒に〜をしたい」など、コミュニケーションの一環としてのわがままを伝えてみるのは気楽で良いですよ。

 わがままは、相手によっては「大したことではない」ことであったり、逆に「すごく面倒なこと」であったりします。それは女性にとっても同じでしょう。大切なのは、「わがままを言う男性の状況や、受け入れられるキャパがあるのかを見極めることなのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ