「ホタルイカの生姜醤油煮と天ぷら」春の味覚を2つの料理に

コクハク編集部
更新日:2020-05-06 06:00
投稿日:2020-05-06 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学の居酒屋「件」の川辺輝明さんに、純米酒と合わせたい「ホタルイカの生姜醤油煮と天ぷら」のレシピを教えていただきました。

「ぜひ富山県産で作って」

合う酒=純米酒(C)コクハク
合う酒=純米酒 (C)コクハク

 夜明け前の富山湾にキラキラと揺れ動く青白い光の数々。そんな幻想的なホタルイカ漁は、春の風物詩です。とはいえ、水揚げ量では兵庫県の方が上回っていて、スーパーで手頃な価格で出回っているのも圧倒的に兵庫県産。

「でも、胴の太り具合といい、味噌の充実度といい、富山県産のほうが格段に上。味噌こそがホタルイカの醍醐味なので、多少値は張りますが、ぜひ富山県産で作ってください」

 ボイルしたホタルイカのつまみといえば、酢味噌和えがいちばん手軽ですが、川辺さんは甘辛味の煮ものと天ぷらに。

「ホタルイカは一度さっと煮たほうが生臭さがなくなって、よりおいしくなると思います。生姜をたっぷり入れるのがポイントですね。天ぷらにするときは、胴体が破裂して油がはねることもあるので注意してください」

 生姜醤油煮は味噌のうま味が凝縮し、濃厚な味わい。芳醇なタイプの純米酒を口に含めば、うま味がぐいぐい広がっていきます。天ぷらはサクッとした衣とプリッとした食感のコントラストが絶妙。油を切ってくれる酸のある純米酒を合わせれば、天ぷら→お酒→天ぷら→お酒の無限ループ状態に。

生姜醤油煮【材料】

・ホタルイカ(ボイルしたもの) 適量
・A(だし160ミリリットル、濃い口醤油、みりん各20ミリリットル、生姜2片分)

生姜醤油煮【レシピ】

1. ホタルイカは目とくちばし、軟骨を取る。生姜は千切りにする。
2. 鍋にAの材料を合わせて火にかけ、沸騰したら1を入れて煮る。ひと煮立ちしたらアクを取り、3~4分煮て火を止め、そのまま冷ます。

天ぷら【材料】

・ホタルイカ(ボイルしたもの) 適量
・天ぷら粉 大さじ3
・青のり 小さじ1
・水 大さじ4
・揚げ油 適量

天ぷら【レシピ】

1. ホタルイカは目とくちばしと軟骨を取り、キッチンペーパーで水けを取る。
2. ボウルに天ぷら粉、青のり、冷たい水を入れてよく混ぜ合わせる。
3. 天ぷら粉(分量外)を1に軽くはたいて2にくぐらせ、180度に熱した揚げ油で揚げる。浮いてきたらすぐに引き上げる。

本日のダンツマ達人…川辺輝明さん

▽かわべ・てるあき
 1974年、東京都生まれ。高校卒業後、専門学校を経て、ワーキングホリデーなどで3年ほど海外へ。帰国後、数軒の飲食店で修業をし、三軒茶屋の日本酒居酒屋「赤鬼」から2004年に独立。学芸大学に「件」をオープン。

▽くだん
 東急東横線沿線では横浜に次いで飲食店が多いといわれる激戦区・学芸大学駅前で愛され続けて14年。こだわりの日本酒は定番が40種類で、酒蔵とのコラボによるプライベートブランドもあり。名物は天然素材のみでとったダシで炊いたおでん。東京都目黒区鷹番3―7―4。

(日刊ゲンダイ2018年4月27日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「水なすのみょうが味噌かけ」味噌と砂糖のバランスがカギ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...