「アタクルトワット」ターメリックを使ったジャガイモ炒め

コクハク編集部
更新日:2020-05-10 06:00
投稿日:2020-05-10 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂のアフリカ料理店「SAFARI」のワンダサンさんに、エチオピアで定番のおかず「アタクルトワット」のレシピを教えていただきました。

ジャガイモの歯ごたえが肝

合う酒=ビール、白ワイン、日本酒(C)コクハク
合う酒=ビール、白ワイン、日本酒 (C)コクハク

 エチオピアで「ワット」とは、シチューやカレーなどの煮込み料理を指します。「アタクルト」は野菜だから、「アタクルトワット」を直訳すれば、野菜カレーとなりますが、ほぼジャガイモ炒めですね。

「エチオピアでは、定番のおかずだよ。おかあさんの味ね。パパッと炒めるだけでおいしいよ」

 ジャガイモは、カレーに添えられるホックリとした食感ではなく、ほどよい歯ごたえのしっとり感。この食感こそ、おツマミとしてのジャガイモという感じ。タマネギの甘味、ニンジンとピーマンのシャキシャキ感、それぞれが口の中で「ウマい」をアピールします。

「ターメリックを使うのがポイントね」

 そう、それです。ミックススパイスのカレー粉ではなく、味つけは単一スパイスと塩のみ。その分、口の中はあっさり。ビールはもちろん、白ワインのほか、日本酒もイケます。

 それにしても、ジャガイモはボイルしないんですか?

「しない、しない。ボイルしないから、あの食感なの」

 ジャガイモとニンジンは厚過ぎると、火が通りにくく、炒めているうちに焦げてしまいます。厚さは3ミリ程度がいいですね。味の複雑さを求めて、スパイスをあれこれ足したくなりますが、そうするとカレー炒めになってしまいます。やっぱり、ターメリック単独がシンプルで一番だということに落ち着きました。

【材料】

・ジャガイモ 小2個
・ニンジン 半分
・タマネギ 4分の1個
・ピーマン 1個
・ニンニク 1片
・ターメリック 少々
・塩  少々
・サラダ油 大さじ1

【レシピ】

1. ジャガイモは半月切り、ニンジンは拍子切り、ピーマンは細切り、タマネギは粗い角切りに。
2. 熱したフライパンにサラダ油を引いて、みじん切りにしたニンニクの香りが立ってきたら、ニンジンとタマネギを炒める。
3. タマネギが透き通ってきたらジャガイモを加えて、さらに炒める。ジャガイモの仕上がりは、菜箸が通るくらいが目安。
4. ターメリックをひとつまみと塩を少々振って、ピーマンを加え、軽く炒めたら出来上がり。

本日のダンツマ達人…ワンダサンさん

▽ワンダサン
 エチオピア出身。東京・新宿のアフリカ料理店「ローズ・ド・サハラ」で腕を磨き、2008年2月に独立。「お母さんに時々送ってもらう」というエチオピアのミックススパイス「バルバル」を巧みに使用する料理で、スパイス好きをうならせる。

▽SAFARI
 ワニやダチョウ、カンガルーなどアフリカならではの食材もメニューに並ぶが、野菜たっぷり、油控えめのヘルシー調理。特に「ドロワット」は、タマネギとチキンのみのシンプルなカレーながら、複雑な味が印象的でランチの看板メニュー。東京都港区赤坂3―13―1 ベルズ赤坂2階。

(日刊ゲンダイ2018年6月23日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「栃尾油揚げの納豆・キムチ挟み焼」空腹も満たせるおつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
夢の競演!「子持ちししゃもとフルーツトマトのアヒージョ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...