“やや緊急性を要する”手術に向けステロイド投与が始まるも…

めりぃ(つけものがかり) 編集者
更新日:2020-04-21 06:00
投稿日:2020-04-21 06:00
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進する病気で、動悸や発汗、めまいや悪心、体重減少に筋力低下など、その症状は全身に及びます。治療法は投薬・アイソトープ・外科的手術の3種類とされ、多くの患者は投薬治療で寛解を目指します。 
 これは、投薬治療の末に、手術で甲状腺を全摘し完治に至った筆者が、2年間の闘病生活を振り返るドキュメンタリーです。

自宅で絶対安静の日々

自宅でひたすら安静にすごす(写真:iStock)
自宅でひたすら安静にすごす (写真:iStock)

 主治医に言われたとおりに、自宅でひたすら安静に過ごしていた私。「やや緊急性を要する」という理由から、手術日は比較的早い段階で決まりました。

 バセドウ病で甲状腺を取る場合には、手術を希望しても2〜3か月先の日程になるのが一般的。

 でも、私の場合にはたった数週間で手術をしてもらえることになったわけです。この時点でそれほど、症状が悪化していたのでしょう。

 手術までの間はステロイドやほかの薬を使用して、甲状腺のホルモン値をできるだけ下げる治療方針が決まりました。

薬を増やしても数値が下がらない…

数値が下がらない(写真:iStock)
数値が下がらない (写真:iStock)

 自宅で絶対安静を心がけていましたが、もはや家にいても歩くことすらできないほど衰弱。このころの私は、病院に行くときに車椅子を使って移動をするほどに弱っていました。

 そして、手術前検査で病院を訪れたときのこと。検査結果を見た主治医の顔色が変わりました。

「ここまで薬を増やしても数値が下がらないどころか、むしろ上がっています。かなり身体にもダメージが出ていると思うので、こうなった以上は手術前に入院しましょう。強めのステロイドで治療をして、無理やり数値を下げるしかありませんね……」

 手術前の一時的な措置として、かなり強い薬を飲んでいたのですが、それでも甲状腺ホルモンの数値は悪化するばかりです。意識もはっきりせず、常に頭がぼーっとしている私でも、事態の深刻さは理解できました。

 この時点で、手術まで1週間ほど。さっそく入院して、できる限り数値を下げる準備に入ることになりました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 義母とお嫁さんの関係になると、いつの時代も、トラブルはつきものなのかもしれません。しかし問題が起き、完全に義母側に非が...
FILM
 きょうは、瀬戸のにゃんたま三兄弟ωωω。  小さな猫の島で、こんなにも華やかで雅な光景が見れるとは!  長...
FILM
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。日常的に知らず知らずにやってしまう人間観察。そんな中で育ちがよさそう!と思わ...
FILM
 毎日溜まっていく汚れたお皿や洋服、ほこり……。特に、フルタイムで働いている女性にとって家事をする時間はできるだけ短縮し...
FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...