“黄金比とメイク”で理想の美人顔に♡パーツ別メイクポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-08-12 21:00
投稿日:2020-05-31 06:00
「メイクを研究しているのに、イマイチメイクが決まらない……」その理由は、顔の黄金比を無視しているからもしれません。実は、顔の黄金比率をマスターすれば、誰でも理想の美人顔を作ることができるんですよ。そこで今回は、顔の黄金比と各パーツ別のメイクのコツを詳しくご紹介します。

「美人顔の黄金比」とは? 定義をチェックしよう

 美人顔の黄金比とは、誰が見ても「美しい」と感じる、顔のバランスが最も整った状態のことを言います。まずはじめに、美人顔の黄金比の定義をチェックしていきましょう。顔全体が見える鏡やスマートフォンなどで顔全体を撮影して、自分の顔を確認しながら読んでくださいね。

顔全体の黄金比

 美人顔を決めるひとつ目の定義は、顔全体のバランスです。顔全体の黄金比は、顔の縦幅と横幅で確認します。縦幅は、「髪の毛の生え際から眉頭の下」「眉頭の下から鼻の下」「鼻の下からあごの下」の長さが1:1:1と同じ比率になっているかどうか。

 横幅は、「左のこめかみから左の目尻」「左目の目尻から目頭」「左目と右目の目頭の間」「右目の目頭から目尻」「右目の目尻から右のこめかみ」の5つの長さが同じ比率であることが条件となります。

目の黄金比

 美人顔の定義の目の位置は、「髪の毛の生え際から目の中心」「目の中心から唇の中心」の長さが同じであることです。

 さらに、「目の横幅」と「目と目の間」が同じであること、「目頭から黒目のはじまりまでの幅」「黒目のはじまりから黒目の終わりまでの幅」「黒目の終わりから目尻までの幅」が1:2:1になっているかもチェックしてみましょう。

眉毛の黄金比

 眉毛の黄金比の条件は、小鼻の外側と目頭を結んだ延長線上に眉頭があること、小鼻の外側と目尻を結んだ延長線上に眉尻があることだと言われています。

 ただし、眉毛に関しては流行があるため、黄金比をベースにトレンドを上手に取り入れながらメイクすると良いでしょう。

【各パーツ別】理想の美人顔を手に入れる黄金比とメイクのコツ

 自分の顔が、たとえ黄金比とかけ離れていてもがっかりする必要はありません! 黄金比を踏まえたメイクのコツを掴めば、誰でも簡単に理想の美人顔を手に入れることができるんです。続いては、各パーツ別に黄金比とメイクのコツを詳しく見ていきましょう。

眉毛

 眉毛は、美人顔を作る黄金比のメイクで一番重要なパーツ。他のパーツがいくら完璧でも眉毛のバランスが悪いと、美人顔から離れてしまうこともあります。上記でご紹介した眉毛の黄金比をベースに丁寧に、眉毛を描いていきましょう。

 眉頭は「目頭の延長線上」に、眉山は「眉尻より1/3位の場所 or 黒目の外側から目尻までの間」、眉尻は「小鼻と目尻の延長線上」が理想です。それぞれの位置を確認しながら少しずつ描いていくと、失敗を防げますよ。

アイライン

 次はアイラインです。目の黄金比をもとに、自分の黒目と白目の位置を確認してみましょう。「目頭から黒目の始まり」「目尻から黒目の終わり」の部分の幅が狭い場合、少しオーバー気味にアイラインを引きましょう。下まぶたの目頭部分にもアイラインを引くと、さらに美しく見えます。

 黒目が小さい方の場合には、メイクで黒目部分を大きく見せるのは難しいため、黒い縁のカラコンを利用してみるのもアリでしょう。

チーク

 顔色を良く見せてくれる効果や、顔に立体感を出してくれるチーク。しかし、付ける位置を間違えてしまうと、のっぺりとした印象や子どもっぽい感じが前に出てしまい、逆効果になってしまう可能性もあります。

 スタート地点は、黒目の外側と小鼻の延長線上のぶつかる場合です。スタート地点から、ゆっくりと円を描くようにぼかしていきましょう。

リップ

 日本人の唇は、上唇と下唇のバランスが1:1〜1:1.5だと言われています。加えて、上唇の中心部の溝の部分は、鼻の中心とあごの中心と垂直になっているのが理想的です。

 上唇の山の部分は、中心の溝から口角までの幅の1/3位がベストだと言われているため、リップライナーを上手に使い、黄金比に近づけましょう。

スキンケア

 美人顔の黄金比を手に入れるためには、スキンケアも大事なポイントです。せっかく黄金比のメイクをマスターしても、肌がボロボロでは完璧とは言えませんね。

 スキンケアは、日々の努力次第で必ず結果が出るもの。保湿ケアをしっかりして、透明感のある美肌を目指しましょう。

美人顔はバランスが命! 黄金比を意識したメイクを実践してみて♪

 どうせメイクをするなら、誰よりも可愛く変身したいと思うのは当然のこと。今回ご紹介した美人顔の黄金比とメイクのコツをマスターすれば、理想の美人顔に近づくことができます。

 慣れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、大事なのは「キレイになりたい!」という気持ちです。今すぐ実践して、理想の自分を手に入れてくださいね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...