気にはなるけど…実は美容整形しないほうがいいタイプって?

七海 ライター
更新日:2020-03-26 06:00
投稿日:2020-03-26 06:00
 いくつになっても何となく気になり続ける究極の美容、それが「整形」。ユーチューバーやキャバ嬢の中にも、整形を公表して人気が出ている人も多いですよね。身近に感じられて「いいな、私もしたいな」と、整形外科のHPを夜更けにこそこそ覗いてしまった……そんな女性は少なくないはず。
 でも、実は整形が向いている性格の人と向いていない性格の人がいるんです。では、整形が向いていない人のタイプとは一体どんな人なのでしょう?

外見だけではなく、内面にも自信がないタイプ

整形していることを公にする女性が増えてきたけれど……(写真:iStock)
整形していることを公にする女性が増えてきたけれど…… (写真:iStock)

「学歴が人より低いことに、ずっとコンプレックスを感じている」

「うじうじしてるし、行動できない自分をどうしても好きになれない」

 外見だけではなく、精神的に卑屈で自信がないタイプは整形にあまり向いていません。向いていないというよりも、まずは内面に自信を持てるような行動を起こす方が先でしょう。

 もし、整形をして可愛くなったとしても「でも、中身が伴ってないのに」など、ズルをして美を手に入れたような気になってしまい、自信を持てるどころか落ち込んでしまう可能性があります。

小さなことにも一喜一憂して落ち込みやすいタイプ

整形は万能な最終手段ではない(写真:iStock)
整形は万能な最終手段ではない (写真:iStock)

 整形にはダウンタイムがつきもの。そして、成功するかはやってみないと分からないため、いわば「博打」のようなものでもあります。

 ダウンタイムで腫れが引かずに見た目が落ち着かなかったり、整形箇所が不自然な気がして人の目が気になったりなど、整形後はする前以上にいろんなことに敏感になりがち。精神的に図太くないと、乗り越えられない可能性があります。

「ダウンタイムの間は有休消費!家でゲーム三昧しようっと」

「整形した?って聞かれたら……花粉症ってごまかすか!」

 こんな風にどーんと構えていられる自信がないなら、やめた方が吉。プチ整形と言われている「埋没法」ですら、ダウンタイムが引かずに半月ほど腫れた瞼でい続けなければいけないケースもあるんです。

可愛くなりたい! と漠然と思っている人

その整形願望は現実逃避かもしれない(写真:iStock)
その整形願望は現実逃避かもしれない (写真:iStock)

 整形は、万能な最終手段ではありません。たとえば、薄い顔の人が鼻だけ高くしてもちぐはぐですし、奥二重を大きな目にしたことでバランスが崩れてしまうなど、全体を見た時に「何もしない方がベター」ということもあります。
 
 整形をする場合には、骨格や皮膚の質感、脂肪の量など、個人の適性を見なければいけません。まずは、自分の顔の分析をしましょう。

 転職活動をしたことがある人ならなんとなく分かる感覚だと思うのですが、「今の環境から逃げたい、職場が嫌い」など、マイナスな動機で転職をしても、あまり上手くはいかないものです。

 逆に、「もっと自分の能力を向上させたい」「こういう仕事ができる場に環境を変えたい」といったようなプラス方向のモチベーションで動くと、不思議なほど上手くいきます。

 整形と転職、全く方向性の違うイベントではありますが、「もっと良くしたい」という動機は共通です。それがマイナススタートなのか、プラススタートなのか、よくよく吟味してくださいね。

 もしかしたら現実逃避として整形をしたいと思っているだけで、それ以外にもできる努力があるのに目をそらしているだけなのかもしれませんから。

終わりに

 何かと話題に事欠かない「美容整形」。誰もが無関心を装いながらも、少しは気になったことがあるはず。

 整形に向いていないタイプをご紹介してきましたが、逆に整形に向いているタイプはこういう人です。

・「片方だけ一重だから、二重に揃えたい」など、顔のバランスを取ることが目的の人
・容姿は気に入らないところもあるけれど、精神的にはコンプレックスを持っていない人
・アイドルやモデル、芸能活動など、外見を生かした仕事をしている人

 もしもあなたが性格的に向いていないのであれば、整形に踏み切る前に別の方法で自分の見た目や中身を良くしていくのもいいかもしれません。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...