見た目が“イタい”オトナ女子が気をつけるべき3つのパーツ

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-04-04 06:00
投稿日:2020-04-04 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。前回に引き続き、イタいオトナ女子について――。そういう女性は、街を歩いているとなぜか目につきますが、自分がそう思われているとは、だれも知りません。「他人のふり見て、我がふり直せ」といいますから、そんなイタい女性の傾向と対策を紹介しましょう。

ちょっと待った! そのまつ毛

欲張りすぎない方が若く見えるかも(写真:iStock)
欲張りすぎない方が若く見えるかも (写真:iStock)

 30代の女優、石原さとみさん、長澤まさみさん。40代の女優、木村佳乃さん、吉田羊さん。50代なら、石田ゆりこさん、黒木瞳さん。皆さん、圧巻の美人揃いです! 名前を挙げだしたらキリがないほど、素敵なアラサー・アラフォー・アラフィフの芸能人は沢山います。まさしく美のお手本です。

 その共通点のひとつとして、まつげエクステ感はありません。施していたとしても、かなり控え目で他人が気付かない程度です。

 まつエクをしている女性への感想ですが、半分以上の女性がハッキリいって似合っていません。派手にバサバサと見せたいのであえばアリですが、キレイに見せたいなら工夫が必要です。その目の形に、そのまつ毛はちゃうやろーという、実に不自然なことになっている人が多いのです。

 それでも、お化粧が楽チンだから等の理由でまつエクをするのであれば、長さと本数を欲張り過ぎないことです。何度も言いますが、似合っていなくても、イマイチな場合でも、他人は指摘しません。

 30代ならまだギリギリセーフでも、アラフォーになりますと、盛り過ぎたまつエクは“色気ババア”化します。オトナの色気は品格がモノを言います。モデルさんたちがアイラインとシャドーとマスカラ。アイメイクに関してどれか一つだけしか使えないとしたら、迷わずマスカラを使うと即答するほど、まつ毛の印象はとても大切です。

髪は顔の額縁です

短い髪で若々しい印象に(写真:iStock)
短い髪で若々しい印象に (写真:iStock)

 グレイヘアを売りにしているフリーアナウンサーの近藤サトさんは、皆さんもご存じかと思います。顔立ちがお綺麗な近藤さんですら、実年齢より上に見えるのはグレイヘア(白髪)だからではないでしょうか。

「白髪染めをやめましたけど、女を捨てたつもりは全くありません」と近藤さんがおっしゃったように、お手入れをしているグレイヘアと、おさぼりの白髪では雲泥の差ですが、一般人の私たちにはグレイヘアは加齢が故の白髪でしかありません。

 髪に限っては洋服と違い、“ミスマッチを狙えない”と断言できます。例えば白髪がちらほらで巻髪でロングだと目があてられません。かなりオバ度は上がります。そして、手入れが行き届いていない枯れ木のように痛んだロングヘアもバッサリと切ってしまうのもいいかもしれません。長さだけに固執しているロングヘアはイタいオトナ女子に多いのです。

 後ろから見たら若いと思い、前に回り込んで見るとオバさんだったという女性のことを一度は見聞きしたことがあると思います。もちろん服装もありますが、共通事項の一つとして髪が長い女性です。

 背の高い女性と男性的な顔立ちのオトナ女子はロングのほうが引立ちますが、それ以外であれば、ヘアスタイルを変えて後ろから見た違和感がなくなるように、ぜひアップグレードしてください。

好きな色や服が似合うと思う勘違い

ガーリーすぎる服はもう卒業(写真:iStock)
ガーリーすぎる服はもう卒業 (写真:iStock)

 私の娘は19歳の時、ある店で紺のギンガムチェックのワンピースを試着しました。膝丈のAラインがとても似合っていました。母としても「いいな」と思いながら見ていて、娘も気に入ったようでした。

 すると、タイミングよく、40代と思われる女性が同じワンピを手にして試着室へ。見てもらった店員さんに「お似合いですよ」と薦められ、「買います」と着替えてレジに向かったのです。

 娘はどうしたかというと、結局、そのワンピースを買いませんでした。その女性の試着姿が、イタかったのです。

 自分の好きな服が、周りから見て必ずしも似合うとは限りません。娘はそこに気づいたのです。その女性は、私から見ても、かなりイタイ大人女子でした。

 では、どうすればイタさが緩和するのでしょうか。30歳くらいを境に好みのアイテムでも切り替える方がいいでしょう。そんなアイテムをまとめてみました。

・膝丈のフレアスカート
・チュールレースのスカート
・ミニのタイトスカート
・大きいロゴやキャラクターが描かれたトップス
・リボンやフリルのガーリー系
・ダメージデザインの破れたパンツやシャツ
・オフショルダーや肩を出したセクシー系
・ギンガムチェックなどの子供柄
・カチューシャ
・フワフワしたファーのピアス
・短いスカートで生足

 これらを少し意識し排除するだけで、イタさがずいぶん解消され、キレイなオトナ女子に近づきます。

「私、パステルピンクとフリルが大好きで、そんな服をつい選んじゃうんです」とおっしゃるアラフォーさんには“化粧ポーチかハンカチにしたらどうでしょうか”と小物にシフトするようにアドバイスします。

 好きなものと似合うものは違います。しかし、年を重ねないと似合わないものも沢山あります。引き出しに眠っているダイヤの指輪などは典型的な大人の小道具です。

 宝石こそ子供には似合わないアイテムです。ぜひ引っ張り出して普段使いにしてください。リアルな等身大の自分を知って、素敵なオトナ女子を目指してくださいね!

ビューティー 新着一覧


シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...
“垂れ乳”は断固拒否! 簡単バストケアで40代でもふっくら美胸をキープ
 40代頃からだんだん、バストのハリが弱くなってきたと感じる人が増えてくるとか……。このまま50代になり、しょぼしょぼに...
加齢たるたるのあるある<2>お尻の下のそれはマイナーな悩み
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...
輪郭すっきりで5歳若見え! 超簡単セルフ小顔マッサージ4選
 40代になると、だんだん顔がふっくらしてきたり、たるみが目立ってきたりと、フェイスラインの変化を実感しはじめますよね。...
美容オイルで保湿!アラフォーで凄さを実感、ガチ使い3品♡
 30代半ばまで肌のハリを気にしたことがなかったのですが、最近気になりだしました……。そこで乳液をオイルに変えたところ、...