見た目が“イタい”オトナ女子が気をつけるべき3つのパーツ

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-04-04 06:00
投稿日:2020-04-04 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。前回に引き続き、イタいオトナ女子について――。そういう女性は、街を歩いているとなぜか目につきますが、自分がそう思われているとは、だれも知りません。「他人のふり見て、我がふり直せ」といいますから、そんなイタい女性の傾向と対策を紹介しましょう。

ちょっと待った! そのまつ毛

欲張りすぎない方が若く見えるかも(写真:iStock)
欲張りすぎない方が若く見えるかも (写真:iStock)

 30代の女優、石原さとみさん、長澤まさみさん。40代の女優、木村佳乃さん、吉田羊さん。50代なら、石田ゆりこさん、黒木瞳さん。皆さん、圧巻の美人揃いです! 名前を挙げだしたらキリがないほど、素敵なアラサー・アラフォー・アラフィフの芸能人は沢山います。まさしく美のお手本です。

 その共通点のひとつとして、まつげエクステ感はありません。施していたとしても、かなり控え目で他人が気付かない程度です。

 まつエクをしている女性への感想ですが、半分以上の女性がハッキリいって似合っていません。派手にバサバサと見せたいのであえばアリですが、キレイに見せたいなら工夫が必要です。その目の形に、そのまつ毛はちゃうやろーという、実に不自然なことになっている人が多いのです。

 それでも、お化粧が楽チンだから等の理由でまつエクをするのであれば、長さと本数を欲張り過ぎないことです。何度も言いますが、似合っていなくても、イマイチな場合でも、他人は指摘しません。

 30代ならまだギリギリセーフでも、アラフォーになりますと、盛り過ぎたまつエクは“色気ババア”化します。オトナの色気は品格がモノを言います。モデルさんたちがアイラインとシャドーとマスカラ。アイメイクに関してどれか一つだけしか使えないとしたら、迷わずマスカラを使うと即答するほど、まつ毛の印象はとても大切です。

髪は顔の額縁です

短い髪で若々しい印象に(写真:iStock)
短い髪で若々しい印象に (写真:iStock)

 グレイヘアを売りにしているフリーアナウンサーの近藤サトさんは、皆さんもご存じかと思います。顔立ちがお綺麗な近藤さんですら、実年齢より上に見えるのはグレイヘア(白髪)だからではないでしょうか。

「白髪染めをやめましたけど、女を捨てたつもりは全くありません」と近藤さんがおっしゃったように、お手入れをしているグレイヘアと、おさぼりの白髪では雲泥の差ですが、一般人の私たちにはグレイヘアは加齢が故の白髪でしかありません。

 髪に限っては洋服と違い、“ミスマッチを狙えない”と断言できます。例えば白髪がちらほらで巻髪でロングだと目があてられません。かなりオバ度は上がります。そして、手入れが行き届いていない枯れ木のように痛んだロングヘアもバッサリと切ってしまうのもいいかもしれません。長さだけに固執しているロングヘアはイタいオトナ女子に多いのです。

 後ろから見たら若いと思い、前に回り込んで見るとオバさんだったという女性のことを一度は見聞きしたことがあると思います。もちろん服装もありますが、共通事項の一つとして髪が長い女性です。

 背の高い女性と男性的な顔立ちのオトナ女子はロングのほうが引立ちますが、それ以外であれば、ヘアスタイルを変えて後ろから見た違和感がなくなるように、ぜひアップグレードしてください。

好きな色や服が似合うと思う勘違い

ガーリーすぎる服はもう卒業(写真:iStock)
ガーリーすぎる服はもう卒業 (写真:iStock)

 私の娘は19歳の時、ある店で紺のギンガムチェックのワンピースを試着しました。膝丈のAラインがとても似合っていました。母としても「いいな」と思いながら見ていて、娘も気に入ったようでした。

 すると、タイミングよく、40代と思われる女性が同じワンピを手にして試着室へ。見てもらった店員さんに「お似合いですよ」と薦められ、「買います」と着替えてレジに向かったのです。

 娘はどうしたかというと、結局、そのワンピースを買いませんでした。その女性の試着姿が、イタかったのです。

 自分の好きな服が、周りから見て必ずしも似合うとは限りません。娘はそこに気づいたのです。その女性は、私から見ても、かなりイタイ大人女子でした。

 では、どうすればイタさが緩和するのでしょうか。30歳くらいを境に好みのアイテムでも切り替える方がいいでしょう。そんなアイテムをまとめてみました。

・膝丈のフレアスカート
・チュールレースのスカート
・ミニのタイトスカート
・大きいロゴやキャラクターが描かれたトップス
・リボンやフリルのガーリー系
・ダメージデザインの破れたパンツやシャツ
・オフショルダーや肩を出したセクシー系
・ギンガムチェックなどの子供柄
・カチューシャ
・フワフワしたファーのピアス
・短いスカートで生足

 これらを少し意識し排除するだけで、イタさがずいぶん解消され、キレイなオトナ女子に近づきます。

「私、パステルピンクとフリルが大好きで、そんな服をつい選んじゃうんです」とおっしゃるアラフォーさんには“化粧ポーチかハンカチにしたらどうでしょうか”と小物にシフトするようにアドバイスします。

 好きなものと似合うものは違います。しかし、年を重ねないと似合わないものも沢山あります。引き出しに眠っているダイヤの指輪などは典型的な大人の小道具です。

 宝石こそ子供には似合わないアイテムです。ぜひ引っ張り出して普段使いにしてください。リアルな等身大の自分を知って、素敵なオトナ女子を目指してくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 ムダ毛の処理方法にはさまざまな方法がありますが、その中でもカミソリを使った処理は手軽な方法のひとつ。カミソリはリーズナ...
FILM
 皮脂や汗で、メイクがドロドロに崩れやすい夏。特にマスクをつけた日には、ムレや擦れも起こるため、朝のメイクを保つのは至難...
FILM
 美しい理想的な髪を目指し、シャンプー選びやトリートメントに気を使っている人も多いでしょう。しかし、美髪にはブラッシング...
FILM
 せっかく髪型を変えるのであれば、男性から「可愛い」と思われたいですよね。どんなに同性から評判が良かったり、自分では気に...
FILM
 美容記事やランキングなどで常連のヘアケアアイテムは、人気なだけあって本当に髪が生き返ります! 髪がキレイだと健康的に見...
FILM
 夏になると、顔や手足に日焼け止めを念入りに塗っている人も多いでしょう。でも、忘れてしまいがちなのが、髪へのUV対策! ...
FILM
 コロナが始まってから、すっかり定着したマスク生活。息苦しさなどの不便はあれど、顔が隠れることで「ノーメイクでも平気」「...
FILM
 女性だったら「男性からモテる理想の体重になりたい」と、一度は思ったことがあるもの。しかし、モテ体重は男性目線と女性目線...
FILM
「シャンプー後にリンスやコンディショナーをつける」というのは、もはや常識ですね。でも、リンスとコンディショナーの違いを知...
FILM
 せっかくニキビが治ったのに、しつこく残ってしまうニキビ跡。本当はナチュラルメイクをしたいのに、ニキビ跡に合わせてついつ...
FILM
 コロナ対策のため、頻繁に手洗いをするようになった最近。どのお店の入り口にもアルコール除菌アイテムが置いてあり、手指消毒...
FILM
 女性にとって、メイク崩れは厄介な悩みのひとつ。せっかく時間をかけてメイクしたのに数時間後に崩れてしまう……あるあるです...
FILM
 人間誰しも、何かしらのストレスに悩まされていることでしょう。そんなストレスから過食になる人も多く、「ストレス太り」で、...
FILM
「キャンメイク」「セザンヌ」「ダイアン」は、ドラッグストアで買える大人気プチプラブランド。毎シーズンの新作には、デパコス...
FILM
 マスク生活が続く今、日々のメイクを見直している女性も多いですよね。リモートワークやちょっとした外出ではメイクをしっかり...
FILM
 パウダーファンデーションをうっかり落として粉々に……コスメあるあるではないでしょうか? でも、がっかりするのはまだ早い...