誰にも言えない…デリケートゾーンの臭いに悩み続けた話

リサ&モニ 美容研究マニア
更新日:2020-10-13 14:36
投稿日:2020-08-30 06:00
 ずっと、誰にも言えなかった悩みがあるんです。それは、「デリケートゾーンの臭い」。最近、ずっと一緒にいたいと思える彼氏ができたので、なおさら気になってしまって……。特に、生理中やおりものが多い日などは強く臭うので、同じトイレを使う時にはドキドキしています。
 そんなわけで私、モニは、彼氏への想いを胸にデリケートゾーンの臭いについて徹底リサーチ。正しいケアを続けてみた結果……? 今回は、そんなお話です。

デリケートゾーンの臭いが気になりだしたあの日

人には話しづらいデリケートゾーンの悩み(写真:iStock)
人には話しづらいデリケートゾーンの悩み (写真:iStock)

 赤裸々な話をしますね。高校生の頃、休み時間にトイレに行った時のことです。ちょうど生理も終わりかけで、ナプキンの交換頻度が下がっていました。入れ替わりで女子グループが入ってきたのですが、私の次にトイレに入った子が「なんか臭うんだけど〜!」と叫んで……。

 今、思うと、その子もきっと友達同士でいたから気が大きくなっての発言だと思うのですが、とにかく傷つきました。そして、その頃から、お風呂でひたすらデリケートゾーンを洗いまくる日々が始まったのです。

デリケートゾーンの臭いは外側のケアで十分

 近年、市販で内部を洗えるウォシュレットがたくさん販売されていますよね。私もあの日から、デリケートゾーンの外側はもちろん、中までウォシュレットで洗いまくってきました。でも、やっぱり臭いが気になる……。そこで調べてみると、デリケートゾーンの内部には自浄作用があって、洗い過ぎでその作用が壊れることがあると知ったのです……!

 ちなみに、デリケートゾーンの臭いのほとんどは外側の汚れからくるものだそう。私の場合、外側は隅々まで洗っていたので、その可能性は薄いと思いました。

 ということは、おそらく、洗い過ぎたことでデリケートゾーン内部の肌に必要な菌がいなくなり、雑菌が繁殖してしまった可能性があります。しかも、洗浄力が高い一般的なボディソープを使っていたのも、原因だったのかもしれません。

デリケートゾーンは弱酸性に保たれている

 デリケートゾーンは正常な状態だと、内部がpH3.5〜4.5の弱酸性に保たれているんだそう。常在菌である乳酸菌が正常に働いていると弱酸性が保たれ、臭いの原因である雑菌からデリケートゾーンを守ってくれます。

 デリケートゾーンを洗う石けんは、ボディソープのような洗浄力の強いものではなく、弱酸性でナチュラルな成分のものが良いそうです。うーん、気にし過ぎたがゆえに、逆のことをしてしまっていたわけですね……。

【モニが試した4つの対策】デリケートゾーンの臭いは全方向からケアするべし!

脱毛はちょっと勇気がいるけど…(写真:iStock)
脱毛はちょっと勇気がいるけど… (写真:iStock)

 そこで私は、デリケートゾーンの内部を洗うことを思い切ってやめてみました。それからいくつかのケアを続けてみたんです。

1. デリケートゾーン専用の石鹸を使ってみた

 まずは、ボディソープで洗うのをやめて、デリケートゾーン専用石鹸を購入。今まではゴシゴシ擦るように強めに洗っていたけれど、泡でふんわり優しく外側だけ丁寧に洗うようにしました。すると、普通のボディソープを使っていたころよりも、臭うまでの時間が長くなった感じがしたんです。

 体感としては、やはり消臭効果のある成分が配合された石けんの方が、臭いケアに効果があったように思います。また、デリケートゾーンは特に皮膚が薄い部位。肌にも優しい処方の専用石鹸は、心強い味方となりました♡

2. IOラインを脱毛してみた

 下着のない時代には必要だったかもしれないアンダーヘアは、もはや過去の産物!? とはいえ、つるつるのハイジニーナは見た目が気になるので、Vラインは残してIOラインを思い切って脱毛。これは、かなり効果を感じました! なにより清潔だし、快適!

 生理の時も血液が絡まないので、臭いは確実に減りました。なぜ、このことに早く気づかなかったのか……。ただ、代わりにデリケートゾーンに黒ずみがあることを知ってしまったのも事実ですが( ;∀;)

3. 乾燥対策に保湿クリームを塗ってみた

 調べたところ、デリケートゾーンは年齢とともに潤いがなくなってくることが判明。実は、デリケートゾーンの乾燥も肌のバリア機能に影響して、雑菌繁殖をさせる原因になるそうです。

 そこで、デリケートゾーン専用の保湿クリームを購入してみました。これは「まぁ、潤っているかな」というくらいの体感でしたね。年齢を増すごとに乾燥するらしいので、あとから効果を実感できるのかもしれません。

4. 発生してしまった臭いケアにはデオスプレーを使ってみた

 ケアしても臭いが気になった時には、デリケートゾーンの臭いケア専用のデオスプレーを使ってみました。直接吹き付けて、ティッシュなどで拭き取るだけ。外出時に持っていると、すごく安心できましたよ♡

 保湿成分や臭いケア成分も入っているので、臭いにはかなり即効性があったように思います。

臭いから黒ずみ・保湿までまとめてケアできる便利な石鹸

 参考までに、私モニが使っているデリケートゾーン専用の石鹸をご紹介しますね。

ジャムウピュアバージンソープ

ジャムウピュアバージンソープ
ジャムウピュアバージンソープ

 これがお気に入りの「ジャムウピュアバージンソープ」。臭い対策と黒ずみ対策、保湿対策が同時にできる石鹸なんです。ドクダミやお茶のエキスが効くのかあまり臭わなくなったし、ハトムギが配合されているので保湿ケアもできます。
 プラセンタエキスが入っているらしく、黒ずみケアにも良いと聞いてこれに決めました! 効果は、かなり実感しています。個人的には、香りがとても好きです♡

公式サイトで詳細を見る

デリケートゾーンの悩みには正しい知識が必要!

気軽にケアできたら嬉しい♪(写真:iStock)
気軽にケアできたら嬉しい♪ (写真:iStock)

 以上のケアを続けてみた結果、実は今ではかなり臭いが抑えられてきました! 誰でもそうだと思うのですが、コンプレックスがあるとつい過剰にケアしてしまうんですよね。私、モニも、ついつい突き詰めてケアしまくり、その結果大間違いをしちゃいましたから、気持ちはすごくわかります……。

 でも、今回のようにやっぱり正しい知識は必要! これからも気づいた情報をシェアしていけたらと思います♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで...
話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...