誰にも言えない…デリケートゾーンの臭いに悩み続けた話

リサ&モニ 美容研究マニア
更新日:2020-08-30 06:00
投稿日:2020-08-30 06:00
 ずっと、誰にも言えなかった悩みがあるんです。それは、「デリケートゾーンの臭い」。最近、ずっと一緒にいたいと思える彼氏ができたので、なおさら気になってしまって……。特に、生理中やおりものが多い日などは強く臭うので、同じトイレを使う時にはドキドキしています。
 そんなわけで私、モニは、彼氏への想いを胸にデリケートゾーンの臭いについて徹底リサーチ。正しいケアを続けてみた結果……? 今回は、そんなお話です。

デリケートゾーンの臭いが気になりだしたあの日

人には話しづらいデリケートゾーンの悩み(写真:iStock)
人には話しづらいデリケートゾーンの悩み (写真:iStock)

 赤裸々な話をしますね。高校生の頃、休み時間にトイレに行った時のことです。ちょうど生理も終わりかけで、ナプキンの交換頻度が下がっていました。入れ替わりで女子グループが入ってきたのですが、私の次にトイレに入った子が「なんか臭うんだけど〜!」と叫んで……。

 今、思うと、その子もきっと友達同士でいたから気が大きくなっての発言だと思うのですが、とにかく傷つきました。そして、その頃から、お風呂でひたすらデリケートゾーンを洗いまくる日々が始まったのです。

デリケートゾーンの臭いは外側のケアで十分

 近年、市販で内部を洗えるウォシュレットがたくさん販売されていますよね。私もあの日から、デリケートゾーンの外側はもちろん、中までウォシュレットで洗いまくってきました。でも、やっぱり臭いが気になる……。そこで調べてみると、デリケートゾーンの内部には自浄作用があって、洗い過ぎでその作用が壊れることがあると知ったのです……!

 ちなみに、デリケートゾーンの臭いのほとんどは外側の汚れからくるものだそう。私の場合、外側は隅々まで洗っていたので、その可能性は薄いと思いました。

 ということは、おそらく、洗い過ぎたことでデリケートゾーン内部の肌に必要な菌がいなくなり、雑菌が繁殖してしまった可能性があります。しかも、洗浄力が高い一般的なボディソープを使っていたのも、原因だったのかもしれません。

デリケートゾーンは弱酸性に保たれている

 デリケートゾーンは正常な状態だと、内部がpH3.5〜4.5の弱酸性に保たれているんだそう。常在菌である乳酸菌が正常に働いていると弱酸性が保たれ、臭いの原因である雑菌からデリケートゾーンを守ってくれます。

 デリケートゾーンを洗う石けんは、ボディソープのような洗浄力の強いものではなく、弱酸性でナチュラルな成分のものが良いそうです。うーん、気にし過ぎたがゆえに、逆のことをしてしまっていたわけですね……。

【モニが試した4つの対策】デリケートゾーンの臭いは全方向からケアするべし!

脱毛はちょっと勇気がいるけど…(写真:iStock)
脱毛はちょっと勇気がいるけど… (写真:iStock)

 そこで私は、デリケートゾーンの内部を洗うことを思い切ってやめてみました。それからいくつかのケアを続けてみたんです。

1. デリケートゾーン専用の石鹸を使ってみた

 まずは、ボディソープで洗うのをやめて、デリケートゾーン専用石鹸を購入。今まではゴシゴシ擦るように強めに洗っていたけれど、泡でふんわり優しく外側だけ丁寧に洗うようにしました。すると、普通のボディソープを使っていたころよりも、臭うまでの時間が長くなった感じがしたんです。

 体感としては、やはり消臭効果のある成分が配合された石けんの方が、臭いケアに効果があったように思います。また、デリケートゾーンは特に皮膚が薄い部位。肌にも優しい処方の専用石鹸は、心強い味方となりました♡

2. IOラインを脱毛してみた

 下着のない時代には必要だったかもしれないアンダーヘアは、もはや過去の産物!? とはいえ、つるつるのハイジニーナは見た目が気になるので、Vラインは残してIOラインを思い切って脱毛。これは、かなり効果を感じました! なにより清潔だし、快適!

 生理の時も血液が絡まないので、臭いは確実に減りました。なぜ、このことに早く気づかなかったのか……。ただ、代わりにデリケートゾーンに黒ずみがあることを知ってしまったのも事実ですが( ;∀;)

3. 乾燥対策に保湿クリームを塗ってみた

 調べたところ、デリケートゾーンは年齢とともに潤いがなくなってくることが判明。実は、デリケートゾーンの乾燥も肌のバリア機能に影響して、雑菌繁殖をさせる原因になるそうです。

 そこで、デリケートゾーン専用の保湿クリームを購入してみました。これは「まぁ、潤っているかな」というくらいの体感でしたね。年齢を増すごとに乾燥するらしいので、あとから効果を実感できるのかもしれません。

4. 発生してしまった臭いケアにはデオスプレーを使ってみた

 ケアしても臭いが気になった時には、デリケートゾーンの臭いケア専用のデオスプレーを使ってみました。直接吹き付けて、ティッシュなどで拭き取るだけ。外出時に持っていると、すごく安心できましたよ♡

 保湿成分や臭いケア成分も入っているので、臭いにはかなり即効性があったように思います。

デリケートゾーンの悩みには正しい知識が必要!

気軽にケアできたら嬉しい♪(写真:iStock)
気軽にケアできたら嬉しい♪ (写真:iStock)

 以上のケアを続けてみた結果、実は今ではかなり臭いが抑えられてきました! 誰でもそうだと思うのですが、コンプレックスがあるとつい過剰にケアしてしまうんですよね。私、モニも、ついつい突き詰めてケアしまくり、その結果大間違いをしちゃいましたから、気持ちはすごくわかります……。

 でも、今回のようにやっぱり正しい知識は必要! これからも気づいた情報をシェアしていけたらと思います♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 みなさんは、残暑に特別な美容や肌ケアをしていますか? 紫外線をたくさん浴びて疲れ切った肌は、毛穴の開きや日焼けによる黒...
FILM
 今、話題の「チャイボーグメイク」ってご存知ですか? 近年人気となっていた韓国のオルチャンの次に話題となっているメイク方...
FILM
 バストアップグッズで本当に胸が大きくなるのか、半信半疑の人は多いでしょう。確かに、胸のサイズを1カ月でAカップからEカ...
FILM
 リモートワークやZOOM呑み会が、まだまだ続きそうな昨今。せっかくだから、「オンライン映え」するコツを工夫してみましょ...
FILM
 メイクアイテムにはそれぞれこだわりがあるため、アイシャドウやチーク、リップなどのカラーが「いつも同じ」という人も多いで...
FILM
 最近話題にのぼることの多い「育乳ブラ」。ルルクシェルも育乳ブラを販売するブランドのひとつで、「くつろぎ育乳ブラ」という...
FILM
 スキンケアアイテムを選ぶ時に、とても重要なのが「肌タイプ」です。“乾燥肌”や“脂性肌”などよく聞くワードですが、実際の...
FILM
「美容大国」と呼ばれるほど、美容意識の高い国である韓国。女優やアイドルだけでなく、ソウルの街では老若男女問わず、ツルツル...
FILM
「そげ胸」という言葉を知っていますか? その名の通り、バストの上の方の肉がそげるようにない胸のことです。3年前のある日、...
FILM
 コロナ禍により、自宅で過ごす時間が多くなったこのごろ。「おうち美容」を見直している人も多いのではないでしょうか? お手...
FILM
 彼とのお泊まりデートで一緒にスキンケアを楽しめたら、おうち美容が充実します。女性向けとして発売されているコスメにも、カ...
FILM
 秋の訪れを感じられるこの頃ですが、まだまだ気温も湿度も油断できない日々。「マスクのせいで顔が蒸れて汗ばみ、目元がパンダ...
FILM
 女性にとって、バストは女性らしさの象徴であり、魅力のひとつ。だからこそ、バストサイズや形に悩みを抱えている人も多いので...
FILM
 女性の毎日に欠かせない存在である「ブラジャー」。何気ない時に「ブラがきつい気がする……」と、感じたことはないでしょうか...
FILM
 かかとがガサガサしていると、ひび割れが痛かったり、靴下がひっかかったり……と、悩みが尽きないですよね。しかも、いったん...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。職業的にテレビやラジオの番組に呼んでいただくことがあります。15年ほどで10...