今すぐ簡単にできるバストアップ方法はどれ?成功ポイント♡

コクハク編集部
更新日:2020-09-24 16:16
投稿日:2020-08-15 06:00
 女性の永遠の悩みとも言える、バスト問題。「ふっくらバストになりたい!」「もっとハリがほしい!」と、日々バストケアに取り組んでいる方も多いでしょう。マッサージ、エクササイズ、ツボ押し……など、さまざまな方法がありますが、自力で簡単にバストアップを促すのはどの方法でしょうか? 成功するポイントとともに、ご紹介していきます!

今すぐ簡単に成功させる♡厳選バストアップケア方法5選!

クリームとマッサージで美乳を目指せ(写真:iStock)
クリームとマッサージで美乳を目指せ (写真:iStock)

 さっそく、簡単で効果的なバストアップ方法をご紹介します。成功のポイントも一緒にご紹介するので、ぜひ自分に合った方法を探してくださいね。

 また今回リサーチする中で、コクハク編集部で簡単度&期待度を5段階で評価してみました。ぜひ、試す時の参考になればと思います!

1. ナイトブラを着用する(簡単度★★★★★、期待度★★★☆☆)

「寝る時はノーブラ」という女性も多いですが、就寝時のバストはとても無防備。寝返りを打つたびにバストが上下左右に動いてしまい、背中や脇にバストが流れて形が悪くなったり、ボリュームダウンの原因になります。

 これを防いでくれるのが、「ナイトブラ」。脂肪の横流れをホールドして、バストを正しい位置に補正してくれるのです。ワイヤーがないので就寝の邪魔になりませんし、バストの大敵である冷えも防げます。なんといても「着けるだけ」ですので、続けやすいのが最大の魅力でしょう。

【成功させるポイント】

 ナイトブラは、必ず体に合うものを選びましょう。購入前にトップとアンダーをしっかり計測して、苦しくないけれどしっかりホールド感のあるものを選ぶことが大切。今では、24時間バストケアができる「育乳ナイトブラ」もあるため、ぜひチェックしてみましょう。

人気ナイトブラランキング

2. バストアップクリームでマッサージ(簡単度★★★★☆、期待度★★★★☆)

 バストアップクリームとは、バストの脂肪を増やしたり、女性ホルモンを活性化させるような成分が配合されているバストケア専用のクリームのことを言います。「塗るだけで効果がある」と謳われている製品もありますが、効率よく効果を出すためにはマッサージを併用するのが◎。

 マッサージを行うことで血行促進が促され、バストアップに必要な栄養や酸素が届きやすくなったり、乳腺を刺激することでハリのあるバストを作ることにもつながります。

【成功させるポイント】

 バストアップクリームでマッサージを行う時間帯は、血行が良くなっているお風呂上がりが最適。また、バストアップクリームによっては副作用や肌トラブルを起こしてしまう可能性があるため、成分にも注目して選ぶようにしましょう。

筋トレは自分のペースで少しずつ(写真:iStock)
筋トレは自分のペースで少しずつ (写真:iStock)

3. サプリなどで栄養素を摂る(簡単度★★★★★、期待度★★☆☆☆)

 バストアップのためには、バランスの良い食事を摂ることが大切。そのうえで、バストアップに効くと言われる「大豆イソフラボン」「タンパク質」「ボロン」などの栄養素を、積極的に摂り入れてみましょう。

 もしも普段の食事で満足な栄養を摂ることが難しい方は、バストアップサプリを使用するのも手。バストアップサプリには女性らしさを促す成分が配合されているため、ボンキュッボンのグラマーボディを目指したい方は要チェックです。

【成功させるポイント】

「飲めばバストサイズが上がる」と安易に手を出してしまいがちですが、バストアップサプリに配合されている成分によっては、健康被害が報告されている危険なものもあるため、注意が必要。

 サプリはあくまでも栄養補助食品ですので、即効性にはあまり期待できないものだと思っておきましょう。飲み続けてじっくり体質改善を促すことで、サイズアップに期待できるものです。

4. バストエクササイズ&筋トレ(簡単度★★☆☆☆、期待度★★★★★)

 バストエクササイズや筋トレは、ほかのバストアップアイテムと併用して行いたい大切なケア。脂肪であるバストと筋肉は一見関係ないように思われがちですが、実はバスト周りの筋肉はバストを支える土台となる大切な部位。ナイトブラやバストアップクリームでせっかくバストが大きくなっても支える筋肉がないと、離れたり、垂れたりする原因となってしまいます。

 筋肉を鍛えて血行を良くすることで、バスト周りの新陳代謝が高まり、バストアップしやすい状態になります。いつでも気軽にできるのもメリットでしょう。

【成功させるポイント】

 バストエクササイズや筋トレは、加齢によってバストの悩みが増えた方に特におすすめの方法。大胸筋や肩甲骨、肋間筋などのバスト周りの筋肉を鍛えるようにしましょう。

 無理にきついトレーニングを行うと負担に感じてしまうため、隙間時間を使うなど、気楽に始めてみましょう。少しずつでも毎日継続させることが、バストアップの鍵を握ります。

5. 生活習慣を整える(簡単度★★★☆☆、期待度★★★★☆)

 バストアップには、女性ホルモンをきちんと分泌させることも大切。女性の体はデリケートですので、ちょっとしたことでホルモンバランスが乱れやすいのです。

 女性ホルモンを整えるためには、規則正しい生活習慣を行うことが必須。睡眠・食事・運動不足の3点は外せないため、見直してみましょう。また、ストレスも女性ホルモンの分泌に影響すると言われているため、時々は発散して溜めこまないようにしましょう。

【成功させるポイント】

 バストアップに限らず、ダイエット、美肌ケアにも欠かせないと言われる「規則正しい生活習慣」。当たり前のことすぎて重要視する方は少ないかもしれませんが、将来の美容と健康にもつながることですので、この機会に見直してみましょう。

 成功させるポイントとしては、すべてを一気に改善しようと思わないこと。今までの習慣を変えることはストレスの原因にもなるため、「今日は30分だけ早く寝よう」「朝は野菜をたくさん摂ろう」など、無理なくチャレンジすることが大切です。

あなたに合うバストアップ方法はどれ?美乳を目指そう♡

水着だって怖くない!(写真:iStock)
水着だって怖くない! (写真:iStock)

 いかがでしょうか? バストアップケアにはさまざまな方法がありますし、ナイトブラやクリーム、サプリなど、たくさんのアイテムがあるので悩んでしまう方もいるでしょう。

 できれば、すべてのバストアップ方法を試してみるのが良いと思いますが、「それだと続かなさそう」という方は、「簡単な方法 × 面倒な方法」を組み合わせてみましょう。

 おすすめは、「着けるだけ」のナイトブラや「飲むだけ」のサプリ × 努力が必要なエクササイズやマッサージを組み合わせること。内側と外側のケアを同時に行うことで、より効率良くバストアップが促せるはずです。ぜひ、あなたに合った方法で美乳を目指してくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...