1日で真っ黒…日焼けしやすい私が選んだ黒ずみ対策方法♪

リサ&モニ 美容研究マニア
更新日:2020-10-13 14:34
投稿日:2020-08-28 06:00
 30代になって、だんだんシミや黒ずみが目立つようになってきたこの頃……。今までコンシーラーで隠せていたのに、範囲が広がったり、色が濃過ぎたりして手に負えなくなってきた!
 困ったことに、1日ですぐ日焼けしちゃう黒ずみやすい私、リサは、これまで数々の対策方法を試してきました。その経験から、最終的に選んだ黒ずみ対策方法についてお話しします♡

黒ずみの多さや日焼けのしやすさには「個人差」がある

 小学生の頃、夏に友達と校庭で遊んでいると、友達は焼けないのに私だけ1日で真っ黒になっていたんです。もちろん当時は何にも気にしていなかったんですが、今、思うと明らかにおかしい……。

「もしかして私、ほかの人より日焼けしやすいの?」そんな疑問が湧いてきたのは、20代になってから。調べてみると、どうやら日焼けのしやすさには個人差があるらしいんです。

日焼けしやすい人は「サンタン」を起こす人!

 実は、日焼けの種類は2つあります。1つ目の「サンバーン」は、紫外線を浴びた数時間後に肌が赤くなってヒリヒリして、2〜3日で消える日焼け。2つ目の「サンタン」は、紫外線を浴びても痛みはなく皮膚が小麦色になり、消えるまでに数週間〜数カ月かかる日焼け。

 そうです、私はどうやら「サンタン体質」らしいのです! そして、このサンタンを起こす人は、産まれながらに皮膚のメラニン色素の量が多かったり、さらにメラニン色素生成能力も高かったりするんだとか。

 つまり、メラニンを作る才能があるということですね……!( ;∀;)

日焼けしにくい「サンバーン」を起こす人は要注意!

「私はサンバーンだ! ラッキー♪」なんて喜んでいるあなたも、実は注意が必要なんですよ〜! そもそもメラニンって、紫外線による皮膚ガンの発生やDNAの破壊から肌を守ってくれるもの。

 メラニン生成能力が低い人は、一見日焼けしづらいので安心と思ってしまいますが、でも、紫外線で受けたダメージは蓄積されているため、「肌の老化」が進みやすいと言われているんです。

 どちらにせよ、サンタン体質でもサンバーン体質でも、若々しい肌でいたいなら紫外線対策は必須だということですね。

【リサが選んだ3つの対策】黒ずみや日焼け対策は基本に戻るべし!

 ひどい時には、夏の日焼けが翌年の春頃まで残っている私。そのせいで、今まであらゆる対策を試してきました。美白クリーム、美顔器、日焼け止め、サプリ、日傘……。

 そして、日焼けについて調べ続けた結果、最終的に出した結論があります。それは、「日焼け対策は基本に戻ること!」、ここ重要ですよ〜♡

対策1. ターンオーバーを味方につける

 肌は「ターンオーバー(新陳代謝)」によって、常に生まれ変わっています。新しい皮膚細胞が下から湧いてきて、表面まで押し上げられると垢として剥がれ落ちるんですね。通常であれば、この過程で作り過ぎたメラニンも、ちゃんと排出されるんです。

 じゃあなぜ、黒ずみやシミができるのかというと、生活習慣やホルモンバランスの乱れ、加齢などによってターンオーバーが乱れることが大きな原因! 古い角質を排出できずに肌に色素が沈着。これが、「色素沈着=黒ずみ&シミ」になってしまうというわけ。

 ターンオーバーを正常化&促進させるには、質の良い睡眠、バランスのとれた食事が不可欠。私もこの点はしっかり対策して、数年後の肌のためにコツコツとケアしています!

対策2. 一年を通してしっかり紫外線対策をする

 白い透明感のある理想の肌を目指すなら、絶対やっておくべき紫外線対策ですが、案外できていない人が多いんですよ。紫外線は、冬や曇りの日も降り注いでいます。だから、日焼け止めをしっかりつけることを日課にしちゃうのが一番!

 今は、SPFが高いものでも白浮きせず、サラサラな肌触りのジェルタイプなどもあるので、とにかく習慣にする。この毎日の積み重ねが、数年後の黒ずみに影響してくるんです。

対策3. とにかくひたすら保湿をする

 保湿は日焼けに関係なさそうだけど、実はめちゃくちゃ関係あるんです! 肌が乾燥している時は、肌のバリア機能が低下している状態。そこに紫外線を浴びると刺激となって、メラニンが生成されてしまいます。

 さらに、乾燥肌になるとターンオーバーも乱れがち。作られたメラニンが、排出されづらい肌状態になってしまいます。しかも、日焼けって肌がヤケドをしている状態のようなものですので、さらに乾燥が進んでしまうんですよね。まさに悪循環……。

 肌本来のバリア機能を正常に働かせてターンオーバーを整えるためにも、保湿は常日頃から心がけていきたいものです。

加齢による肌の乱れには「美容成分」を補うことも大切!

 基本のケアをしても、どうしても勝てないのが「加齢」……。私もこの点は、ある意味諦めています(-_-) でも、諦めるだけでは老化が進む一方! だから私は、新陳代謝を促進する効果のあるアイテムを取り入れています♡
 こちらの商品は口コミや成分を見て、実際に使ってみておすすめできると思ったアイテムなので、ぜひ日頃のケアにも積極的に取り入れてみてくださいね!

【ホワイトラグジュアリープレミアム】顔・脇・膝・デリケートゾーンにも使える!

ホワイトラグジュアリープレミアム」は、3種類のビタミンCが配合されていて、肌のターンオーバーを整えてくれます。しかも、メラニンの生成を抑えてくれるから、黒ずみ対策も兼ねられるんですよ。
 さらに、デリケートゾーンや肘、膝、バストトップなど全身に使えるので、気になる黒ずみにピンポイントでアプローチ。全身のプラスαのケアとして、重宝しています♡

公式サイトで詳細を見る

肌本来の力を取り戻して日焼けや黒ずみ知らずの肌に♡

 あらゆる日焼け対策や黒ずみ対策を試してきた結果、「ターンオーバーの正常化を促すこと」「紫外線対策」「保湿ケア」、この3つは欠かせない基本なんだ!ということに気づいた30代夏。

 数年後の肌のためにも、私は自分の肌力を信じて基本のケアを続けていこうと思います。そして、このケアは、あらゆる肌トラブル対策の基本にもなると思うんです! あなたもぜひ一緒に、肌力を取り戻して美しい肌を手に入れましょう♡

リサ&モニ
記事一覧
美容研究マニア
美容研究マニアのリサ&モニ(アラサー女子)が、自分たちの体験をもとに気になる事柄について徹底調査♡ 時々、辛口。体を張って、正しい情報をシェア。黒ずみ、バストケア、スキンケア……興味のままに調査しまくります!

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...