1日で真っ黒…日焼けしやすい私が選んだ黒ずみ対策方法♪

リサ&モニ 美容研究マニア
更新日:2020-10-13 14:34
投稿日:2020-08-28 06:00
 30代になって、だんだんシミや黒ずみが目立つようになってきたこの頃……。今までコンシーラーで隠せていたのに、範囲が広がったり、色が濃過ぎたりして手に負えなくなってきた!
 困ったことに、1日ですぐ日焼けしちゃう黒ずみやすい私、リサは、これまで数々の対策方法を試してきました。その経験から、最終的に選んだ黒ずみ対策方法についてお話しします♡

黒ずみの多さや日焼けのしやすさには「個人差」がある

もしかして日焼けしやすい体質?(写真:iStock)
もしかして日焼けしやすい体質? (写真:iStock)

 小学生の頃、夏に友達と校庭で遊んでいると、友達は焼けないのに私だけ1日で真っ黒になっていたんです。もちろん当時は何にも気にしていなかったんですが、今、思うと明らかにおかしい……。

「もしかして私、ほかの人より日焼けしやすいの?」そんな疑問が湧いてきたのは、20代になってから。調べてみると、どうやら日焼けのしやすさには個人差があるらしいんです。

日焼けしやすい人は「サンタン」を起こす人!

 実は、日焼けの種類は2つあります。1つ目の「サンバーン」は、紫外線を浴びた数時間後に肌が赤くなってヒリヒリして、2〜3日で消える日焼け。2つ目の「サンタン」は、紫外線を浴びても痛みはなく皮膚が小麦色になり、消えるまでに数週間〜数カ月かかる日焼け。

 そうです、私はどうやら「サンタン体質」らしいのです! そして、このサンタンを起こす人は、産まれながらに皮膚のメラニン色素の量が多かったり、さらにメラニン色素生成能力も高かったりするんだとか。

 つまり、メラニンを作る才能があるということですね……!( ;∀;)

日焼けしにくい「サンバーン」を起こす人は要注意!

「私はサンバーンだ! ラッキー♪」なんて喜んでいるあなたも、実は注意が必要なんですよ〜! そもそもメラニンって、紫外線による皮膚ガンの発生やDNAの破壊から肌を守ってくれるもの。

 メラニン生成能力が低い人は、一見日焼けしづらいので安心と思ってしまいますが、でも、紫外線で受けたダメージは蓄積されているため、「肌の老化」が進みやすいと言われているんです。

 どちらにせよ、サンタン体質でもサンバーン体質でも、若々しい肌でいたいなら紫外線対策は必須だということですね。

【リサが選んだ3つの対策】黒ずみや日焼け対策は基本に戻るべし!

毎日の日焼け対策を怠らない(写真:iStock)
毎日の日焼け対策を怠らない (写真:iStock)

 ひどい時には、夏の日焼けが翌年の春頃まで残っている私。そのせいで、今まであらゆる対策を試してきました。美白クリーム、美顔器、日焼け止め、サプリ、日傘……。

 そして、日焼けについて調べ続けた結果、最終的に出した結論があります。それは、「日焼け対策は基本に戻ること!」、ここ重要ですよ〜♡

対策1. ターンオーバーを味方につける

 肌は「ターンオーバー(新陳代謝)」によって、常に生まれ変わっています。新しい皮膚細胞が下から湧いてきて、表面まで押し上げられると垢として剥がれ落ちるんですね。通常であれば、この過程で作り過ぎたメラニンも、ちゃんと排出されるんです。

 じゃあなぜ、黒ずみやシミができるのかというと、生活習慣やホルモンバランスの乱れ、加齢などによってターンオーバーが乱れることが大きな原因! 古い角質を排出できずに肌に色素が沈着。これが、「色素沈着=黒ずみ&シミ」になってしまうというわけ。

 ターンオーバーを正常化&促進させるには、質の良い睡眠、バランスのとれた食事が不可欠。私もこの点はしっかり対策して、数年後の肌のためにコツコツとケアしています!

対策2. 一年を通してしっかり紫外線対策をする

 白い透明感のある理想の肌を目指すなら、絶対やっておくべき紫外線対策ですが、案外できていない人が多いんですよ。紫外線は、冬や曇りの日も降り注いでいます。だから、日焼け止めをしっかりつけることを日課にしちゃうのが一番!

 今は、SPFが高いものでも白浮きせず、サラサラな肌触りのジェルタイプなどもあるので、とにかく習慣にする。この毎日の積み重ねが、数年後の黒ずみに影響してくるんです。

対策3. とにかくひたすら保湿をする

 保湿は日焼けに関係なさそうだけど、実はめちゃくちゃ関係あるんです! 肌が乾燥している時は、肌のバリア機能が低下している状態。そこに紫外線を浴びると刺激となって、メラニンが生成されてしまいます。

 さらに、乾燥肌になるとターンオーバーも乱れがち。作られたメラニンが、排出されづらい肌状態になってしまいます。しかも、日焼けって肌がヤケドをしている状態のようなものですので、さらに乾燥が進んでしまうんですよね。まさに悪循環……。

 肌本来のバリア機能を正常に働かせてターンオーバーを整えるためにも、保湿は常日頃から心がけていきたいものです。

加齢による肌の乱れには「美容成分」を補うことも大切!

 基本のケアをしても、どうしても勝てないのが「加齢」……。私もこの点は、ある意味諦めています(-_-) でも、諦めるだけでは老化が進む一方! だから私は、新陳代謝を促進する効果のあるアイテムを取り入れています♡
 こちらの商品は口コミや成分を見て、実際に使ってみておすすめできると思ったアイテムなので、ぜひ日頃のケアにも積極的に取り入れてみてくださいね!

【ホワイトラグジュアリープレミアム】顔・脇・膝・デリケートゾーンにも使える!

ホワイトラグジュアリープレミアム
ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム」は、3種類のビタミンCが配合されていて、肌のターンオーバーを整えてくれます。しかも、メラニンの生成を抑えてくれるから、黒ずみ対策も兼ねられるんですよ。
 さらに、デリケートゾーンや肘、膝、バストトップなど全身に使えるので、気になる黒ずみにピンポイントでアプローチ。全身のプラスαのケアとして、重宝しています♡

公式サイトで詳細を見る

肌本来の力を取り戻して日焼けや黒ずみ知らずの肌に♡

基本のケアを丁寧に行うことが大切(写真:iStock)
基本のケアを丁寧に行うことが大切 (写真:iStock)

 あらゆる日焼け対策や黒ずみ対策を試してきた結果、「ターンオーバーの正常化を促すこと」「紫外線対策」「保湿ケア」、この3つは欠かせない基本なんだ!ということに気づいた30代夏。

 数年後の肌のためにも、私は自分の肌力を信じて基本のケアを続けていこうと思います。そして、このケアは、あらゆる肌トラブル対策の基本にもなると思うんです! あなたもぜひ一緒に、肌力を取り戻して美しい肌を手に入れましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...