ガサガサかかとを削るのはNG! 本当に効く角質ケア方法♪

コクハク編集部
更新日:2020-01-16 06:00
投稿日:2020-01-16 06:00
 かかとケアの一環として、角質を削っている人は多いかも。でも、実は、安易にかかとを削ってしまうと、ガサガサかかとをさらに悪化させる原因になってしまうんです!そこで今回は、本当効く角質ケア方法についてお伝えして良いましょう。

どうしてガサガサかかとになるの? おもな3つの原因

固くなったかかと、どうすればいいの?(写真:iStock)
固くなったかかと、どうすればいいの? (写真:iStock)

 かかとは、ケアを怠ると、すぐにガサガサになりがちな部位。中にはひび割れてしまって、痛い思いをしている方も多いでしょう。まずは、なぜかかとがガサガサになってしまうのか、原因からチェックしていきましょう。

摩擦などによる外的刺激

 かかとがガサガサになる一番大きな原因は、摩擦などによる外的刺激でしょう。サイズが合わない靴やヒールのある靴を履いていると、靴の中でかかとが圧迫されたり擦れたりすることで、角質がだんだんと厚くなってしまいます。

ターンオーバーの乱れ

 肌は「ターンオーバー」と言われる新陳代謝によって、一定の周期で古い角質が剥がれ落ち、新しい角質に生まれ変わっています。

 しかし、加齢や生活習慣などのさまざまな要因によって、周期が乱れることによって角質の細胞が剥がれ落ちずに残り、硬くなってしまうこともあります。

水虫の可能性も

 ガサガサかかとの原因が、単なる角質ではなく「かかと水虫」である場合もあります。かかとのような硬い皮膚に水虫菌が発生してしまうと、薬が届きにくく、症状がなかなか治りにくいことがあります。ケアを行っても改善されない場合には、一度皮膚科に相談してみましょう。

ガサガサかかとの角質を削るのはNG!その理由

サイズが合わない靴やヒールで足の裏は酷使されている(写真:iStock)
サイズが合わない靴やヒールで足の裏は酷使されている (写真:iStock)

「かかとの角質をお風呂に入るたびに削っている」という方もいますが、実はこれはNG! ガサガサかかとを悪化させる原因にもなるんです。その理由を見てみましょう。

かかとには皮脂腺がない

 実は、かかとを含めた足の裏には、皮脂腺がありません。皮脂腺とはその名の通り、皮脂を分泌するもの。つまり、かかとは常に油分が不足しがちな状態にあるということなんです。そのため、角質を無理に削ってしまうとデリケートな新しい角質がすぐに乾燥し、角質をさらに分厚くさせてしまいます。

かかとのターンオーバーは遅いため、角化することも

 かかとは、歩く時に体の重さを支える部位。その摩擦や衝撃に対応できるように、他の部位よりも角質が厚く、ターンオーバーが遅いという特徴があります。

 一般的に肌のターンオーバーは約28日周期だと言われていますが、かかとのターンオーバーはおよそ120日ほど。ケアをしないと古い角質が溜まりやすいのです。症状が進めば、角質が異常に分厚くなる「角化」が起こって、ひび割れなどが起こってしまうこともあります。

かかとの正しい角質ケア方法!毎日・週1・月1でできること

毎日のこまめなケアが大切(写真:iStock)
毎日のこまめなケアが大切 (写真:iStock)

 かかとを削るケアがNGだとすると、どのようにケアを行えば良いのでしょうか?そこで、毎日・週1・月1でできるケアをご紹介します!

毎日:保湿成分入りのクリームを塗る

 ガサガサかかとをケアするには、毎日こまめにケアすることが重要!入浴中や入浴後など角質が柔らかくなっている時に、リムーバーややすりのようなもので軽く優しく角質を除去して、その後、かかとに潤いを与えてくれるクリームを塗りましょう。

 おすすめは、尿素など角質を柔らかくする&保湿力の高い成分が入ったアイテム。塗った後には靴下を履くと、保湿効果を持続させることができます。クリームによるベタつきが気にならないため、一石二鳥です。

週に1回:保湿パックをする

 毎日のケアに加えて、週1程度のスペシャルケアとして、保湿パックをするのも有効です。薬局やドラッグストアでも販売されている“かかとパック”のようなものを利用しても良いですし、クリームを塗った後にラップなどで密着させるケアも手軽で良いでしょう。

 ちなみに、100円ショップでも靴下型の保湿パックは販売されています。
時間がある時は足裏のマッサージを取り入れると、血行不良を改善させることができます。

月に1回:ピーリングケアをする

 こまめなケアを行っても、どうしてもかかとは角質が溜まりがちな部位。ゴワツキが気になったり、ストッキングがかかとにひっかかったりし始めたら、定期的に古い角質を剥がれやすくするピーリングケアを取り入れてみましょう。専用のピーリングアイテムを使って、角質をオフ。その後、必ず念入りに保湿を行いましょう。

 目安は月に1回程度ですが、かかとの状態が悪くなければ、2カ月に1回程度でも良いです。毎日塗るクリームの成分の浸透を高めることにも繋がるため、ぜひ、定期的に行いましょう。

正しいケアでつるつるかかとに! 冬こそ念入りケアを♪

毎日のケアで綺麗なかかとをキープしよう♪(写真:iStock)
毎日のケアで綺麗なかかとをキープしよう♪ (写真:iStock)

 かかとケアというと「削る」イメージがあった方は多いはず。でも、削らない正しいケアを行うことで、つるつるかかとにすることは可能なんです。

 かかとが露出しない冬は、かかとケアを怠ってしまいがちですが、逆にこの時期だからこそ念入りにケアを行うことで、今年の春夏に苦労しませんよ♪ぜひ、毎日のケアで綺麗なかかとを保ってくださいね。

ビューティー 新着一覧


話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...
正しい方法で”脱ヒゲ女”♡ ケアするメリット&3つの注意点
 実は、女性でも鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあります。“ヒゲ女”なんて言われるこの現象ですが、こっそり定期的に...