ガサガサかかとを削るのはNG! 本当に効く角質ケア方法♪

コクハク編集部
更新日:2020-01-16 06:00
投稿日:2020-01-16 06:00
 かかとケアの一環として、角質を削っている人は多いかも。でも、実は、安易にかかとを削ってしまうと、ガサガサかかとをさらに悪化させる原因になってしまうんです!そこで今回は、本当効く角質ケア方法についてお伝えして良いましょう。

どうしてガサガサかかとになるの? おもな3つの原因

固くなったかかと、どうすればいいの?(写真:iStock)
固くなったかかと、どうすればいいの? (写真:iStock)

 かかとは、ケアを怠ると、すぐにガサガサになりがちな部位。中にはひび割れてしまって、痛い思いをしている方も多いでしょう。まずは、なぜかかとがガサガサになってしまうのか、原因からチェックしていきましょう。

摩擦などによる外的刺激

 かかとがガサガサになる一番大きな原因は、摩擦などによる外的刺激でしょう。サイズが合わない靴やヒールのある靴を履いていると、靴の中でかかとが圧迫されたり擦れたりすることで、角質がだんだんと厚くなってしまいます。

ターンオーバーの乱れ

 肌は「ターンオーバー」と言われる新陳代謝によって、一定の周期で古い角質が剥がれ落ち、新しい角質に生まれ変わっています。

 しかし、加齢や生活習慣などのさまざまな要因によって、周期が乱れることによって角質の細胞が剥がれ落ちずに残り、硬くなってしまうこともあります。

水虫の可能性も

 ガサガサかかとの原因が、単なる角質ではなく「かかと水虫」である場合もあります。かかとのような硬い皮膚に水虫菌が発生してしまうと、薬が届きにくく、症状がなかなか治りにくいことがあります。ケアを行っても改善されない場合には、一度皮膚科に相談してみましょう。

ガサガサかかとの角質を削るのはNG!その理由

サイズが合わない靴やヒールで足の裏は酷使されている(写真:iStock)
サイズが合わない靴やヒールで足の裏は酷使されている (写真:iStock)

「かかとの角質をお風呂に入るたびに削っている」という方もいますが、実はこれはNG! ガサガサかかとを悪化させる原因にもなるんです。その理由を見てみましょう。

かかとには皮脂腺がない

 実は、かかとを含めた足の裏には、皮脂腺がありません。皮脂腺とはその名の通り、皮脂を分泌するもの。つまり、かかとは常に油分が不足しがちな状態にあるということなんです。そのため、角質を無理に削ってしまうとデリケートな新しい角質がすぐに乾燥し、角質をさらに分厚くさせてしまいます。

かかとのターンオーバーは遅いため、角化することも

 かかとは、歩く時に体の重さを支える部位。その摩擦や衝撃に対応できるように、他の部位よりも角質が厚く、ターンオーバーが遅いという特徴があります。

 一般的に肌のターンオーバーは約28日周期だと言われていますが、かかとのターンオーバーはおよそ120日ほど。ケアをしないと古い角質が溜まりやすいのです。症状が進めば、角質が異常に分厚くなる「角化」が起こって、ひび割れなどが起こってしまうこともあります。

かかとの正しい角質ケア方法!毎日・週1・月1でできること

毎日のこまめなケアが大切(写真:iStock)
毎日のこまめなケアが大切 (写真:iStock)

 かかとを削るケアがNGだとすると、どのようにケアを行えば良いのでしょうか?そこで、毎日・週1・月1でできるケアをご紹介します!

毎日:保湿成分入りのクリームを塗る

 ガサガサかかとをケアするには、毎日こまめにケアすることが重要!入浴中や入浴後など角質が柔らかくなっている時に、リムーバーややすりのようなもので軽く優しく角質を除去して、その後、かかとに潤いを与えてくれるクリームを塗りましょう。

 おすすめは、尿素など角質を柔らかくする&保湿力の高い成分が入ったアイテム。塗った後には靴下を履くと、保湿効果を持続させることができます。クリームによるベタつきが気にならないため、一石二鳥です。

週に1回:保湿パックをする

 毎日のケアに加えて、週1程度のスペシャルケアとして、保湿パックをするのも有効です。薬局やドラッグストアでも販売されている“かかとパック”のようなものを利用しても良いですし、クリームを塗った後にラップなどで密着させるケアも手軽で良いでしょう。

 ちなみに、100円ショップでも靴下型の保湿パックは販売されています。
時間がある時は足裏のマッサージを取り入れると、血行不良を改善させることができます。

月に1回:ピーリングケアをする

 こまめなケアを行っても、どうしてもかかとは角質が溜まりがちな部位。ゴワツキが気になったり、ストッキングがかかとにひっかかったりし始めたら、定期的に古い角質を剥がれやすくするピーリングケアを取り入れてみましょう。専用のピーリングアイテムを使って、角質をオフ。その後、必ず念入りに保湿を行いましょう。

 目安は月に1回程度ですが、かかとの状態が悪くなければ、2カ月に1回程度でも良いです。毎日塗るクリームの成分の浸透を高めることにも繋がるため、ぜひ、定期的に行いましょう。

正しいケアでつるつるかかとに! 冬こそ念入りケアを♪

毎日のケアで綺麗なかかとをキープしよう♪(写真:iStock)
毎日のケアで綺麗なかかとをキープしよう♪ (写真:iStock)

 かかとケアというと「削る」イメージがあった方は多いはず。でも、削らない正しいケアを行うことで、つるつるかかとにすることは可能なんです。

 かかとが露出しない冬は、かかとケアを怠ってしまいがちですが、逆にこの時期だからこそ念入りにケアを行うことで、今年の春夏に苦労しませんよ♪ぜひ、毎日のケアで綺麗なかかとを保ってくださいね。

ビューティー 新着一覧


「オバ見え」警報発令中! いまさら聞けない服選びの注意点
 鏡の中の自分の姿を見て「前より老けて見えるかも……」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、オバ見えフ...
【洗面台問題】歯磨きグッズの見直しでシンプルに格上げ♪
 シンプルでスッキリとした洗面台に憧れているのですが、どうすればオシャレに見えるのでしょうか?  備え付けの洗面台を交...
シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...
“垂れ乳”は断固拒否! 簡単バストケアで40代でもふっくら美胸をキープ
 40代頃からだんだん、バストのハリが弱くなってきたと感じる人が増えてくるとか……。このまま50代になり、しょぼしょぼに...
加齢たるたるのあるある<2>お尻の下のそれはマイナーな悩み
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...