「サバのフリッタータ」本場のオムレツをサバ味噌煮缶で作る

コクハク編集部
更新日:2020-11-11 06:25
投稿日:2020-11-11 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行さんに、イタリア版のオムレツ「サバのフリッタータ」のレシピを教えていただきました。

蒸し焼きなら裏返さなくて大丈夫

合う酒=すっきりした白ワイン(C)コクハク
合う酒=すっきりした白ワイン (C)コクハク

「フリッタータ」はイタリア版のオムレツ。じゃがいもなどの具をぎっしり入れ、フライパンいっぱいに丸く広げて分厚く焼き上げるのが定番ですが、「コンビニにあるものでパパッと作れたほうがいいでしょ?」とシェフが使ったのはサバの味噌煮缶。

 家にある缶詰ならイワシのかば焼きでもサバの水煮でも、オイルサーディンでも、青魚系なら何でもいいそうですが、「味がついていたほうが、味つけに気を使わなくてもいいのでラクだと思います」とシェフはやさしい気遣い。そのうえ、このオムレツは裏返さなくていいので失敗がありません。

「小さめのテフロンのフライパンを使って、途中でオリーブオイルを少し足して蒸し焼きにすれば裏返さなくても中まで火が通り、最後にツルンときれいにはがれます」

 蒸し焼きにする時間はあくまで目安で、半熟好きなら短めに、硬めが好きなら長めにとお好みで。サバの味噌煮がまるでひき肉のようでもありボリュームたっぷり。長ネギの甘味と大葉の香りがアクセントで、イタリアンというよりは居酒屋風の一品です。

 合わせるお酒は「すっきりとした白ワインで。樽がきいた白なんて、うるさくてしょうがないでしょ」と、マダム幸子さんの辛口コメントがピリリときいています。

【材料】

・サバの味噌煮(缶詰) 100グラム
・大葉(またはバジル の葉) 5枚
・卵 3個
・にんにく(みじん切 り) 2分の1片
・長ネギ(小口切り) 2分の1本
・オリーブオイル 大さじ1
・塩 3つまみ
・黒こしょう 少々

【レシピ】

(1)サバの味噌煮はフォークで身をつぶしてほぐし、大葉はざく切りにする。
(2)ボウルに卵を割って入れて溶きほぐし、①を加えて混ぜ合わせ、塩、黒こしょうをする。
(3)フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて弱火にかけ、にんにくの香りが出てきたら長ネギを加えて、しんなりするまで炒める。
(4)3に2を流し入れて強火にして混ぜ、8割がた火を通す。
(5)4の鍋肌にオリーブオイル少々(分量外)を加え、蓋をして弱火で4~5分蒸し焼きにする。

本日のダンツマ達人…中村直行さん

▽なかむら・なおゆき
 1962年、東京都出身。高校卒業後、服部栄養専門学校を卒業して東京・青山の「リトル・イタリー」を経て渡伊。ミラノを中心に各地で学ぶ。帰国後、渋谷「バスタ・パスタ・ウエスト」などを経て、2003年に独立。六本木に「オステリア ナカムラ」を開く。

▽オステリア ナカムラ
 ワインのセレクトとサービスを担当するマダムの幸子さんと夫婦二人三脚で17年。常連客に愛される六本木の路地裏の隠れた名店。「シンプルだけどうまい」「シンプルだからおいしい」が中村シェフの信条で、定番に加えて季節のメニューを提供。東京都港区六本木7―6―5 六本木栄ビル2階。

(日刊ゲンダイ2019年11月19日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「あさりのネギ生姜炒め」紹興酒をちびちびやれば本場の気分
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
【ビアボール】炭酸飲料で割る自由なビール 2022.8.11(木)
 夏といえば、ビアガーデンですよね。ビールやクラフトビールはもちろん、まだ発売していない新商品を楽しめるビアガーデンもあ...
新発見!「岩下の新生姜」が飲み物だった件 2022.8.9(火)
 アラフォーですが、いちごオレが好きです。あの優しい甘さにほっこり癒されます。ピンクと白のパッケージもかわいいですよね。...
「上海だれの茹で鶏」肉質しっとり&うま味じゅわ~の幸せ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
「ソーミンちゃんぷるー」おかずにもシメにもなる懐かしい味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【Picard】並べて焼くだけ!冷凍パン食べ比べ 2022.8.2(火)
 パンは焼きたてが一番おいしいですよね。ただ、パン屋さんから持ち帰って、しなしなになってしまったという経験はありませんか...
「ラフティー(豚の角煮)」皮つきの塊肉を仕入れて作りたい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「もずくの天ぷら」スナック感覚でオリオンビールとご一緒に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
カルビーvs湖池屋 新作ポテチを食べてみた 2022.7.28(木)
 日本のポテチ界を牽引する、カルビーと湖池屋が7月25日に新商品を発売しました。コンビニでも…はい、この通り。仲良く並ん...
「スーチカー」塩と豚肉と脂を味わう沖縄のほったらかし料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「ゴーヤーサラダ」美容に良さそう!生のゴーヤをマヨ和えで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【バーミヤン】火鍋しゃぶしゃぶで爆食い 2022.7.23(土)
 バーミヤンの「火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題」(制限時間100分、実施有無は店舗ごとに異なる)をご存知でしょうか?  S...
「バン・チャン・ヌン(ライスペーパーピザ)」ワインで乾杯
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
【KALDI】パッキーマオ 激辛バジル焼きそば 2022.7.21(木)
 7月ももうじき終わり。暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか? こう暑いと恋しくなるのが辛いもの! 「ペヤング獄激辛...
「手羽先の唐揚げ ヌックマムだれ漬け」ビールのお供に最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
刺身のツマで「大根もち」マストな具材は?2022.7.19(火)
 ネット上には刺身のツマの再利用として「大根もち」のレシピが数々あがっています。試してみたところ、「絶対に外せないトッピ...