「サバのフリッタータ」本場のオムレツをサバ味噌煮缶で作る

コクハク編集部
更新日:2020-11-11 06:25
投稿日:2020-11-11 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行さんに、イタリア版のオムレツ「サバのフリッタータ」のレシピを教えていただきました。

蒸し焼きなら裏返さなくて大丈夫

合う酒=すっきりした白ワイン(C)コクハク
合う酒=すっきりした白ワイン (C)コクハク

「フリッタータ」はイタリア版のオムレツ。じゃがいもなどの具をぎっしり入れ、フライパンいっぱいに丸く広げて分厚く焼き上げるのが定番ですが、「コンビニにあるものでパパッと作れたほうがいいでしょ?」とシェフが使ったのはサバの味噌煮缶。

 家にある缶詰ならイワシのかば焼きでもサバの水煮でも、オイルサーディンでも、青魚系なら何でもいいそうですが、「味がついていたほうが、味つけに気を使わなくてもいいのでラクだと思います」とシェフはやさしい気遣い。そのうえ、このオムレツは裏返さなくていいので失敗がありません。

「小さめのテフロンのフライパンを使って、途中でオリーブオイルを少し足して蒸し焼きにすれば裏返さなくても中まで火が通り、最後にツルンときれいにはがれます」

 蒸し焼きにする時間はあくまで目安で、半熟好きなら短めに、硬めが好きなら長めにとお好みで。サバの味噌煮がまるでひき肉のようでもありボリュームたっぷり。長ネギの甘味と大葉の香りがアクセントで、イタリアンというよりは居酒屋風の一品です。

 合わせるお酒は「すっきりとした白ワインで。樽がきいた白なんて、うるさくてしょうがないでしょ」と、マダム幸子さんの辛口コメントがピリリときいています。

【材料】

・サバの味噌煮(缶詰) 100グラム
・大葉(またはバジル の葉) 5枚
・卵 3個
・にんにく(みじん切 り) 2分の1片
・長ネギ(小口切り) 2分の1本
・オリーブオイル 大さじ1
・塩 3つまみ
・黒こしょう 少々

【レシピ】

(1)サバの味噌煮はフォークで身をつぶしてほぐし、大葉はざく切りにする。
(2)ボウルに卵を割って入れて溶きほぐし、①を加えて混ぜ合わせ、塩、黒こしょうをする。
(3)フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて弱火にかけ、にんにくの香りが出てきたら長ネギを加えて、しんなりするまで炒める。
(4)3に2を流し入れて強火にして混ぜ、8割がた火を通す。
(5)4の鍋肌にオリーブオイル少々(分量外)を加え、蓋をして弱火で4~5分蒸し焼きにする。

本日のダンツマ達人…中村直行さん

▽なかむら・なおゆき
 1962年、東京都出身。高校卒業後、服部栄養専門学校を卒業して東京・青山の「リトル・イタリー」を経て渡伊。ミラノを中心に各地で学ぶ。帰国後、渋谷「バスタ・パスタ・ウエスト」などを経て、2003年に独立。六本木に「オステリア ナカムラ」を開く。

▽オステリア ナカムラ
 ワインのセレクトとサービスを担当するマダムの幸子さんと夫婦二人三脚で17年。常連客に愛される六本木の路地裏の隠れた名店。「シンプルだけどうまい」「シンプルだからおいしい」が中村シェフの信条で、定番に加えて季節のメニューを提供。東京都港区六本木7―6―5 六本木栄ビル2階。

(日刊ゲンダイ2019年11月19日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...