「サバのフリッタータ」本場のオムレツをサバ味噌煮缶で作る

コクハク編集部
更新日:2020-11-11 06:25
投稿日:2020-11-11 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行さんに、イタリア版のオムレツ「サバのフリッタータ」のレシピを教えていただきました。

蒸し焼きなら裏返さなくて大丈夫

合う酒=すっきりした白ワイン(C)コクハク
合う酒=すっきりした白ワイン (C)コクハク

「フリッタータ」はイタリア版のオムレツ。じゃがいもなどの具をぎっしり入れ、フライパンいっぱいに丸く広げて分厚く焼き上げるのが定番ですが、「コンビニにあるものでパパッと作れたほうがいいでしょ?」とシェフが使ったのはサバの味噌煮缶。

 家にある缶詰ならイワシのかば焼きでもサバの水煮でも、オイルサーディンでも、青魚系なら何でもいいそうですが、「味がついていたほうが、味つけに気を使わなくてもいいのでラクだと思います」とシェフはやさしい気遣い。そのうえ、このオムレツは裏返さなくていいので失敗がありません。

「小さめのテフロンのフライパンを使って、途中でオリーブオイルを少し足して蒸し焼きにすれば裏返さなくても中まで火が通り、最後にツルンときれいにはがれます」

 蒸し焼きにする時間はあくまで目安で、半熟好きなら短めに、硬めが好きなら長めにとお好みで。サバの味噌煮がまるでひき肉のようでもありボリュームたっぷり。長ネギの甘味と大葉の香りがアクセントで、イタリアンというよりは居酒屋風の一品です。

 合わせるお酒は「すっきりとした白ワインで。樽がきいた白なんて、うるさくてしょうがないでしょ」と、マダム幸子さんの辛口コメントがピリリときいています。

【材料】

・サバの味噌煮(缶詰) 100グラム
・大葉(またはバジル の葉) 5枚
・卵 3個
・にんにく(みじん切 り) 2分の1片
・長ネギ(小口切り) 2分の1本
・オリーブオイル 大さじ1
・塩 3つまみ
・黒こしょう 少々

【レシピ】

(1)サバの味噌煮はフォークで身をつぶしてほぐし、大葉はざく切りにする。
(2)ボウルに卵を割って入れて溶きほぐし、①を加えて混ぜ合わせ、塩、黒こしょうをする。
(3)フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて弱火にかけ、にんにくの香りが出てきたら長ネギを加えて、しんなりするまで炒める。
(4)3に2を流し入れて強火にして混ぜ、8割がた火を通す。
(5)4の鍋肌にオリーブオイル少々(分量外)を加え、蓋をして弱火で4~5分蒸し焼きにする。

本日のダンツマ達人…中村直行さん

▽なかむら・なおゆき
 1962年、東京都出身。高校卒業後、服部栄養専門学校を卒業して東京・青山の「リトル・イタリー」を経て渡伊。ミラノを中心に各地で学ぶ。帰国後、渋谷「バスタ・パスタ・ウエスト」などを経て、2003年に独立。六本木に「オステリア ナカムラ」を開く。

▽オステリア ナカムラ
 ワインのセレクトとサービスを担当するマダムの幸子さんと夫婦二人三脚で17年。常連客に愛される六本木の路地裏の隠れた名店。「シンプルだけどうまい」「シンプルだからおいしい」が中村シェフの信条で、定番に加えて季節のメニューを提供。東京都港区六本木7―6―5 六本木栄ビル2階。

(日刊ゲンダイ2019年11月19日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「豚肉とキャベツ、春雨炒め」モチモチ食感の春雨が主役!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「ナス、トマト、ピーマンの黒酢炒め」底のスープも有効活用
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
新たな無限おつまみ「エノキと千切りキュウリのラー油あえ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
今年の枝豆は“昆布塩水漬け”も仲間入り♡ 2021.6.23(水)
 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京...
「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...