ツヤ肌vsマット肌どっちがいい?特徴&ベースメイク方法♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-09 06:04
投稿日:2020-11-09 06:00
 ファンデーションを購入する際、「ツヤ肌」と「マット肌」か、どちらの仕上がりにするか悩みますよね。実際に、それぞれの違いがよくわからず、なんとなく選んでしまっている人も多いでしょう。そこで今回は、ツヤ肌とマット肌のそれぞれの特徴と、ベースメイクの方法をご紹介します。ぜひ、あなたのメイクの参考にしてくださいね。

ツヤ肌の特徴とベースメイクの方法

透明感なら任せて!のツヤ肌さん(写真:iStock)
透明感なら任せて!のツヤ肌さん (写真:iStock)

 まずはじめに、ツヤ肌の特徴とベースメイクの方法を見ていきましょう。ツヤ肌は、ハイライトやパール感のある下地で簡単に作れますが、入れる場所を間違えてしまうとただの「テカリ肌」に見えてしまうことも。正しいメイク方法で、健康的なツヤ肌を手に入れましょう。

ツヤ肌の特徴

 ツヤ肌とは、肌の内側からナチュラルに輝くようなツヤが特徴の肌です。「素肌感」や「透明感」と表現されることもあります。

 パール感のある潤いに満ちた健康的なツヤ肌は、若さの象徴。ツヤ肌に仕上げることで、年齢問わず、若々しく健康的な印象になります。

ツヤ肌は「乾燥肌」の人におすすめ

 肌に水分や油分が少ない乾燥肌の人には、リキッドファンデーションを使用するツヤ肌メイクがおすすめです。

 リキッドファンデーションでベースメイクを作っていくと、乾燥対策にもなりますね。仕上げにパウダーを重ねる時は、ブラシを使用して少量で仕上げましょう。

ツヤ肌メイクの方法

 ツヤ肌メイクを綺麗に仕上げるためには、手順のひとつひとつを丁寧に行うことが大切です。ツヤ肌メイクをマスターして、若々しい透明感のある美肌を目指しましょう。

【やり方】
1. スキンケアでしっかり保湿します。
2. 下地をおでこ・鼻・両頬・あごにのせて、内側から外側に伸ばしていきます。
3. リキッドファンデーションを下地と同じ手順で、丁寧に塗ります。
4. 余計な油分はティッシュオフして、フェイスパウダーをブラシで薄く付けます。
5. 鼻筋・目尻のくぼみ・あご先など、ツヤを足したい部分にハイライトを乗せます。

 注意点は、ハイライトの量。付けすぎてしまうと、せっかくのツヤがテカリに見えてしまうことも。少しずつのせていくのがポイントです。また、メイクする時は、できるだけ明るい部屋でしたほうが失敗を防げますよ。

マット肌の特徴とベースメイクの方法

クールな印象のマット肌さん(写真:iStock)
クールな印象のマット肌さん (写真:iStock)

 続いては、マット肌の特徴とベースメイクの方法を見ていきましょう。シーンを選ばないマット肌は、大人女性であれば押さえておきたいメイク方法。しかし、マット感を意識しすぎてしまうと「厚化粧」に見えてしまうため、しっかりマスターして、クールなマット肌を目指しましょう。

マット肌の特徴

 マット肌とは、ツヤを抑えた肌のことを言い、凹凸が少なく、サラっとした質感が特徴です。キメの整った均一な肌は「陶器肌」とも呼ばれ、大人っぽい上品な印象を与えてくれます。

 健康的で若々しい仕上がりのツヤ肌に対し、マット肌は落ち着いた大人の女性の印象に。また、シミや毛穴などの肌悩みを徹底的にカバーするなら、マット肌がおすすめ。ただし、厚塗りにならないように注意が必要です。

マット肌は「オイリー肌」の人におすすめ

 オイリー肌の人には、テカリがなく、崩れにくいマット肌のベースメイクがおすすめです。ファンデーション選びも大事ですが、オイリー肌の場合は下地選びが重要なポイント。

 オイルコントロールができる下地で気になる毛穴をしっかりカバーし、テカリのない陶器のような美肌を目指しましょう。

マット肌メイクの方法

 マット肌は、肌の表面がサラっとした仕上がりになるので、顔全体がふんわりした印象になります。また、骨格の高低差が目立たなくなるので、エラ張りや頬骨のカバーもできますよ。

【やり方】
1. スキンケアでしっかり保湿します。(テカリ防止のために油分よりも水分で保湿)
2. 凹凸や毛穴をカバーできる下地をおでこ・鼻・両頬・あごにのせて、内側から外側に伸ばしていきます。
3. さらに気になる部分がある場合は、コンシーラーでカバーします。
4. マットタイプのリキッドファンデーションを、下地と同じ手順で丁寧に塗ります。
5. 余分な油分をティッシュオフして、粉質の細かいノンパールのフェイスパウダーで仕上げをします。

 自然なマット肌に仕上げるためには、ファンデーションの塗りすぎは絶対にNG。カバーしたい肌悩みはファンデーションで隠すのではなく、下地の段階でしっかりカバーしましょう。

 また、しっかりカバーしたい部分とそうでない部分で、ファンデーションの量を調節するのも厚塗りを防止できる裏技ですよ。

あなたはツヤ肌orマット肌?自分に似合うベースメイクで最高の仕上がりに♡

ツヤ肌orマット肌?あなたはどっちを選ぶ?(写真:iStock)
ツヤ肌orマット肌?あなたはどっちを選ぶ? (写真:iStock)

 ツヤ肌もマット肌も、綺麗に仕上げるためにはしっかり保湿することが必須。毎日の丁寧なスキンケアが成功のカギを握ります。

 肌質以外でも季節に合わせて選んだり、好きな雰囲気に合わせてチョイスするのもあり。

 春夏は軽い印象のツヤ肌で、秋冬はマット肌。健康的なナチュラルな印象に仕上げたい時はツヤ肌で、大人っぽいクールな印象にしたいときはマット肌など、あなたの好みに合わせてベースメイクを楽しんでくださいね♡

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...