涙袋はメイクで簡単に作れる♡ 必要な道具&やり方を解説!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-26 06:00
投稿日:2020-10-26 06:00
 愛され顔に欠かせない「涙袋」。あるかないかで、目の大きさや印象が大きく左右されるパーツですよね。実際に、女優さんやタレントさんでも涙袋を作っている人がたくさんいるそうです。そこで今回は、メイクで簡単に涙袋を作る方法をご紹介! メイクをする人の悩み別にコツを伝授します♡

涙袋メイクで手に入る4つの効果 

涙袋って若見えも(写真:iStock)
涙袋って若見えも (写真:iStock)

 涙袋をメイクで作ると、4つの嬉しい効果を得ることができます。まず1つ目は、「可愛らしく優しい印象になる」こと。涙袋は微笑んだ時に出るものなので、いつもほんのり優しく笑っているような印象になるんです。

 2つ目は、「でか目効果が抜群」なこと。単純に目の面積が縦長に広がるため、涙袋を作るととても大きな目に見えます。3つ目は、「目が潤んで見える」こと。涙袋メイクでは、キラキラのラメシャドウやハイライトを使用するので、うるうるした可愛らしい目を演出できます。

 そして4つ目が、「童顔に見える」こと。クールな顔立ちの人や、少し若く見せたい時にも涙袋は大活躍してくれますよ。

涙袋メイクに必要な道具&詳しいやり方

ラメ入りのアイシャドウで印象的な目元を(写真:iStock)
ラメ入りのアイシャドウで印象的な目元を (写真:iStock)

 それではさっそく、涙袋メイクに挑戦してみましょう。

涙袋を作る基本の3つの道具

 まずは、以下の道具を用意してくださいね。
・ 薄いブラウンのアイブロウペンシル
・ベージュ系の明るめアイシャドウorハイライト
・ラメ入りのアイシャドウ

 アイブロウペンシルは、アイライナーでもOKです。パウダータイプで良いですが、滲みやすいので初心者はペンシルタイプの方が安心でしょう。涙袋をぷっくり見せるための明るめシャドウはベージュ系が基本ですが、印象を変えたい時にはピンクやラメ入りもおすすめです。

涙袋メイクの詳しいやり方

 続いては、基本の涙袋メイクのやり方をご紹介します。

1. 微笑んで目の下に出るラインを、薄いブラウンのアイブロウペンシルで薄くなぞります。
2. 綿棒やチップを使って、ラインをぼかします。
3. 明るいベージュやハイライトを、ラインと下まぶたの間にのせます。
4. ラメ入りのアイシャドウを、目頭部分にのせたら完成です。下まつげに沿ってのせる時は、涙袋全体の2/3程度の幅になるようにキワに入れていきましょう。

日によってアレンジするのもあり

 涙袋メイクは、日によってアイシャドウやハイライトの色を変えてアレンジするのもおすすめです。女子会や飲み会など気合いの入った時は、粒子の細かいゴールドのシャドウが◎。印象的な目元に仕上がります。

 デートの日は、薄いピンクやチークをのせて作るのもおすすめ。ふんわり優しくかわいい印象になりますよ。また、しっかり涙袋を作りたい人は、涙袋用テープやアイテープを使って実際に涙袋を作るのも良いでしょう。リアルな涙袋が作れて、シャドウが滲んでしまうこともありません。

うまく描けない…悩み別! 涙袋メイクのコツ

 基本の涙袋メイクでは、うまく涙袋が描けない人もいるでしょう。そこで、悩み別に涙袋メイクのコツをまとめてみました。

初心者で涙袋が上手く描けない

 初心者におすすめなのは、太めのペンシルタイプのハイライト。均一な幅で涙袋を塗れて、つけすぎやムラも防ぐことができます。

 また、失敗のおもな原因として、涙袋のラインを目尻まで長く描きすぎたり、涙袋の幅が広すぎたり、アイシャドウが白すぎたりといったことが挙げられます。ラインは微笑んで出たラインに忠実に描き、アイシャドウは白すぎずナチュラルなベージュ系にすると失敗を防ぐことができます。

色黒で涙袋が浮く

 色黒の人は、ハイライトの白さを抑えて、肌色よりも少し明るめのラメなしアイシャドウを選びましょう。自然なカラーが見つけられない場合は、涙袋テープやアイテープを使うのもありです。

くまが目立つ

 もともとくまがある人は涙袋のラインがくまを強調してしまい、目立ってしまうことがあります。そんな時は、コンシーラーで一旦肌の色味を均一にリセットしてからラインを引くのがコツ。また、パウダーやアイシャドウを使ってブラウンのラインを引くと滲みやすいため、アイライナーやアイブロウペンシルで描くようにしてみてくださいね。

涙袋を育てよう! 簡単な筋トレ方法

ウインクで目の筋肉を鍛えよう(写真:iStock)
ウインクで目の筋肉を鍛えよう (写真:iStock)

 メイクだけでなく、筋トレで涙袋を育てる方法もおすすめです。「眼輪筋」という筋肉を鍛えることで、下まぶたの筋肉をしっかりさせることができますよ。ただし、摩擦で黒ずんだり、たるんだりする可能性があるので、まぶたを触る時は優しい力で行いましょう。

【涙袋を育てるマッサージ方法】
・ 目頭と目尻を指で押さえたら、20回ほどまばたきをする
・ 上まぶたを上に引っ張りながら、20回ほどまばたきをする
・ 気が付いた時にウインクをして、眼輪筋を鍛える

 この3つの方法で目の筋肉を鍛えて、本物の涙袋を育ててみてくださいね!

涙袋メイクは愛され顔に欠かせない♡

涙袋で愛され顔に♡(写真:iStock)
涙袋で愛され顔に♡ (写真:iStock)

 涙袋メイクは、とても簡単です。一度試してみると、目元の印象の違いに驚くはず♡ 慣れてくれば、ピンクやゴールドのアイシャドウを使って、さらに思い通りの目元を作ることもできますよ。ぜひ涙袋メイクに挑戦して、愛され顔を手に入れてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...
正しい方法で”脱ヒゲ女”♡ ケアするメリット&3つの注意点
 実は、女性でも鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあります。“ヒゲ女”なんて言われるこの現象ですが、こっそり定期的に...