自慢のメイクが“ブス見え”…やってしまいがちな原因&改善策

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-16 06:00
投稿日:2020-10-16 06:00
 自分を可愛く見せるためのメイクですが、やり方を間違えると老けて見えたり、ケバく見えたりと、「ブス見え」になってしまうことがあります。そこで今回は、自慢のメイクがブス見えメイクになってしまう8つの原因や改善法を「ベースメイク編」と「ポイントメイク編」に分けてご紹介します。ぜひ、毎日のメイクの参考にしてみてくださいね。

【ベースメイク編】メイクがブス見えになる原因&改善法

ちょっとやりすぎ?(写真:iStock)
ちょっとやりすぎ? (写真:iStock)

 ベースメイクはメイクの土台。土台がしっかりしていないと、どんなに気合いを入れてポイントメイクをしても、効果が半減してしまいます。まずはじめに、ベースメイクで「ブス見え」になってしまう原因&改善法を見ていきましょう。

1. ファンデーションの色が合っていない

 ファンデーションは「明るさ」と「色味」で選ぶのが基本です。自分に合った色を使うと首と顔の色に差が出てしまうので、顔だけ浮いている印象に……。

 ファンデーションを選ぶコツは、なるべく明るい所でフェイスラインに2〜3色つけてみて、一番肌馴染みの良い色を選ぶこと! どうしても自分に似合う色がわからない場合は、美容部員さんに相談してみましょう。

2. ハイライトやシェーディングの入れすぎ

 上手に活用できれば、顔の凹凸が綺麗に表現できたり、小顔効果も期待できるハイライトやシェーディング。しかし、入れすぎたり、変な部位に使ってしまうと、不自然な「ブス見えメイク」になってしまいます。

 そうならないためには、ハイライトは細めに、シェーディングは薄めに、と、少しずつ重ねていくことがポイント。自然な仕上がりを目指しましょう。

3. ツヤ肌がテカリ肌になっている

「ツヤ肌」は健康的に見せたり、透明感を出す効果があることから、近年多くの女性に注目されているベースメイクのひとつ。しかし、オイル配合の下地を塗りすぎてしまったり、ラメ入りのハイライトを入れすぎてしまうと、「ツヤ肌」どころか、単なる「テカリ肌」になり、ブス見えさせてしまう原因になります。

 ツヤ肌を目指すのであれば、できるだけ自然光の下でメイクをして自然なツヤを出すことを意識しましょう。また、ツヤ肌メイクは崩れやすいので、こまめなメイク直しが必要ですよ。

4. 粉っぽくなって厚化粧に見える

 シミやくすみ、毛穴の開きなど、女性にはベースメイクでカバーしたい部分がたくさん。カバーしたい気持ちはわかりますが、パウダーファンデーションを重ねて塗りすぎてしまうと、小鼻や口の周りが粉っぽくなって厚化粧に。これがブス見えする原因の1つです。

 カバーしたい肌悩みがある人は、コンシーラーを上手く活用するのがおすすめ。厚塗り感が出ないので、ナチュラルな仕上がりになりますよ。

【ポイントメイク編】メイクがブス見えになる原因&改善法

他のパーツとのバランスも考えて(写真:iStock)
他のパーツとのバランスも考えて (写真:iStock)

 メイクの中でも女性から重要視されているのがポイントメイク。しかし、可愛く見せるために頑張っているポイントメイクも、「ブス見えメイク」になりがちなんです。続いては、ポイントメイクのブス見え原因&改善法を見ていきましょう。

5. アイラインが太すぎる

 アイラインは目をぱっちり見せるのに効果的なアイテム。しかし、目を大きく見せるために太くアイラインを入れてしまうと、逆に目を小さく見せてしまいますし、下を向いた時に「目元が真っ黒」で怖い印象になってしまうことも。

 ブス見えを避けるためには、アイラインは上瞼の隙間を綺麗に埋めるように塗ることが肝心。さらに目を大きく見せたいのであれば、インラインを入れたりアイシャドーで陰影をつけると、ぱっちりした目元になりますよ。

6. チークが濃すぎる&入れる場所が合っていない

 肌の血色感や立体感を出すために重要な役割を果たすチーク。しかし、濃く塗りすぎると「のぼせ顔」に、入れる場所を間違えてしまうと、顔が大きく面長に見えてしまうため注意が必要です。

 基本的に、チークは笑った時に頬が一番高くなる所からこめかみに向かって斜めに入れていきます。こうすることで顔の凹凸が上手に出るため、立体的な印象になりますよ。濃くなりすぎないように、ぼかしながら少しずつつけていきましょう。

7. 眉毛が顔の形に合っていない

 ブス見えメイクの筆頭とも言える「眉毛」。眉毛はトレンドによって形が変わるため、「流行りの眉毛にしたい」とメイクに取り入れている人も多いと思いますが、トレンドばかりを意識しすぎていると自分の顔の形に合わない「不自然眉毛」になる危険があります。

「太眉」や「細眉」など、大まかなトレンドは意識してOK。でも、自分の顔の形に合った眉作りを心がけることは、もっと大切です。眉毛を描く時は顔全体が映る鏡を使うと、左右のバランスや形が綺麗に仕上がりますよ。

8. リップの色が似合っていない

 リップの色は顔の印象を左右する大事なポイントです。好きな色が似合う色とは限らないため、色のチョイスを間違ってしまうと、大好きな色でもブス見えメイクになってしまう可能性があります。

 以前、「あなたに似合う色はどれ?パーソナルカラーの効果&診断方法」でもご紹介しましたが、自分に似合う色を知る「パーソナルカラー診断」は、メイクやファッションの参考になるのでおすすめです。上手に活用してくださいね。

自分の顔をよく知ることが「ブス見えメイク」を避けるコツ!

自分に似合うメイクを知ろう(写真:iStock)
自分に似合うメイクを知ろう (写真:iStock)

 せっかくのメイクが「ブス見え」しないためには、自分の顔をよく知った上でメイクをすることが大切! 自分の顔の長所や短所をチェックしたり、自分に合うメイクの質感を把握することによって、ブス見えメイクを避けることができますよ。

 メイクはいつでも女性の味方♡ ぜひ、自分を最大限に可愛く見せるメイクをマスターしてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


脱コロナ太り!「通勤途中のエクササイズ」で美BODYをゲット
 コロナ禍で家にいる時間が増えた今、以前よりも太ってしまった人や、運動不足を実感している人は多いようです。とはいえ、本格...
目指せ北川景子!? 真似っこしたい「美人ママ」特徴&長所8つ
 子供が産まれてママになると、子供が最優先になってしまい、つい自分のことは二の次になってしまいがち……。しかし、中には何...
韓国発タッセルカットが似合う人!タンバルモリとの違いは?
 今、韓国でじわじわと「タッセルカット」の人気が高まっています。でも、タッセルカットは個性的な髪型のため、自分の顔の形が...
胸が小さい=垂れる心配も少ない!“貧乳”こそのメリットあり
 体にまつわるコンプレックスは人それぞれ違います。中でも、胸の小ささをコンプレックスに感じている人は多いでしょう。でも、...
美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...