自慢のメイクが“ブス見え”…やってしまいがちな原因&改善策

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-16 06:00
投稿日:2020-10-16 06:00
 自分を可愛く見せるためのメイクですが、やり方を間違えると老けて見えたり、ケバく見えたりと、「ブス見え」になってしまうことがあります。そこで今回は、自慢のメイクがブス見えメイクになってしまう8つの原因や改善法を「ベースメイク編」と「ポイントメイク編」に分けてご紹介します。ぜひ、毎日のメイクの参考にしてみてくださいね。

【ベースメイク編】メイクがブス見えになる原因&改善法

ちょっとやりすぎ?(写真:iStock)
ちょっとやりすぎ? (写真:iStock)

 ベースメイクはメイクの土台。土台がしっかりしていないと、どんなに気合いを入れてポイントメイクをしても、効果が半減してしまいます。まずはじめに、ベースメイクで「ブス見え」になってしまう原因&改善法を見ていきましょう。

1. ファンデーションの色が合っていない

 ファンデーションは「明るさ」と「色味」で選ぶのが基本です。自分に合った色を使うと首と顔の色に差が出てしまうので、顔だけ浮いている印象に……。

 ファンデーションを選ぶコツは、なるべく明るい所でフェイスラインに2〜3色つけてみて、一番肌馴染みの良い色を選ぶこと! どうしても自分に似合う色がわからない場合は、美容部員さんに相談してみましょう。

2. ハイライトやシェーディングの入れすぎ

 上手に活用できれば、顔の凹凸が綺麗に表現できたり、小顔効果も期待できるハイライトやシェーディング。しかし、入れすぎたり、変な部位に使ってしまうと、不自然な「ブス見えメイク」になってしまいます。

 そうならないためには、ハイライトは細めに、シェーディングは薄めに、と、少しずつ重ねていくことがポイント。自然な仕上がりを目指しましょう。

3. ツヤ肌がテカリ肌になっている

「ツヤ肌」は健康的に見せたり、透明感を出す効果があることから、近年多くの女性に注目されているベースメイクのひとつ。しかし、オイル配合の下地を塗りすぎてしまったり、ラメ入りのハイライトを入れすぎてしまうと、「ツヤ肌」どころか、単なる「テカリ肌」になり、ブス見えさせてしまう原因になります。

 ツヤ肌を目指すのであれば、できるだけ自然光の下でメイクをして自然なツヤを出すことを意識しましょう。また、ツヤ肌メイクは崩れやすいので、こまめなメイク直しが必要ですよ。

4. 粉っぽくなって厚化粧に見える

 シミやくすみ、毛穴の開きなど、女性にはベースメイクでカバーしたい部分がたくさん。カバーしたい気持ちはわかりますが、パウダーファンデーションを重ねて塗りすぎてしまうと、小鼻や口の周りが粉っぽくなって厚化粧に。これがブス見えする原因の1つです。

 カバーしたい肌悩みがある人は、コンシーラーを上手く活用するのがおすすめ。厚塗り感が出ないので、ナチュラルな仕上がりになりますよ。

【ポイントメイク編】メイクがブス見えになる原因&改善法

他のパーツとのバランスも考えて(写真:iStock)
他のパーツとのバランスも考えて (写真:iStock)

 メイクの中でも女性から重要視されているのがポイントメイク。しかし、可愛く見せるために頑張っているポイントメイクも、「ブス見えメイク」になりがちなんです。続いては、ポイントメイクのブス見え原因&改善法を見ていきましょう。

5. アイラインが太すぎる

 アイラインは目をぱっちり見せるのに効果的なアイテム。しかし、目を大きく見せるために太くアイラインを入れてしまうと、逆に目を小さく見せてしまいますし、下を向いた時に「目元が真っ黒」で怖い印象になってしまうことも。

 ブス見えを避けるためには、アイラインは上瞼の隙間を綺麗に埋めるように塗ることが肝心。さらに目を大きく見せたいのであれば、インラインを入れたりアイシャドーで陰影をつけると、ぱっちりした目元になりますよ。

6. チークが濃すぎる&入れる場所が合っていない

 肌の血色感や立体感を出すために重要な役割を果たすチーク。しかし、濃く塗りすぎると「のぼせ顔」に、入れる場所を間違えてしまうと、顔が大きく面長に見えてしまうため注意が必要です。

 基本的に、チークは笑った時に頬が一番高くなる所からこめかみに向かって斜めに入れていきます。こうすることで顔の凹凸が上手に出るため、立体的な印象になりますよ。濃くなりすぎないように、ぼかしながら少しずつつけていきましょう。

7. 眉毛が顔の形に合っていない

 ブス見えメイクの筆頭とも言える「眉毛」。眉毛はトレンドによって形が変わるため、「流行りの眉毛にしたい」とメイクに取り入れている人も多いと思いますが、トレンドばかりを意識しすぎていると自分の顔の形に合わない「不自然眉毛」になる危険があります。

「太眉」や「細眉」など、大まかなトレンドは意識してOK。でも、自分の顔の形に合った眉作りを心がけることは、もっと大切です。眉毛を描く時は顔全体が映る鏡を使うと、左右のバランスや形が綺麗に仕上がりますよ。

8. リップの色が似合っていない

 リップの色は顔の印象を左右する大事なポイントです。好きな色が似合う色とは限らないため、色のチョイスを間違ってしまうと、大好きな色でもブス見えメイクになってしまう可能性があります。

 以前、「あなたに似合う色はどれ?パーソナルカラーの効果&診断方法」でもご紹介しましたが、自分に似合う色を知る「パーソナルカラー診断」は、メイクやファッションの参考になるのでおすすめです。上手に活用してくださいね。

自分の顔をよく知ることが「ブス見えメイク」を避けるコツ!

自分に似合うメイクを知ろう(写真:iStock)
自分に似合うメイクを知ろう (写真:iStock)

 せっかくのメイクが「ブス見え」しないためには、自分の顔をよく知った上でメイクをすることが大切! 自分の顔の長所や短所をチェックしたり、自分に合うメイクの質感を把握することによって、ブス見えメイクを避けることができますよ。

 メイクはいつでも女性の味方♡ ぜひ、自分を最大限に可愛く見せるメイクをマスターしてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


もちもち肌を実現♡今さら聞けない化粧水の正しい使い方5つ
 洗顔→化粧水→美容液→乳液……と、基本を守ってスキンケアをしているのに、肌の乾燥が気になるという人は意外と多いよう。実...
細眉と太眉どっちがいい? 令和は自分に似合う形を選ぼう♡
 トレンドが移り変わるに連れて、眉毛の形も変化してきましたよね。1980年代のバブル太眉、1990年代のアムラー極細眉、...
夜まで巻き髪が取れない巻き方のコツ5つ&おすすめアイテム
 デートの日、時間をかけて可愛く髪の毛を巻いたのに、お昼過ぎになると取れてしまってショックを受けたことはありませんか?「...
春のゆらぎ肌には雑誌付録で♪ お得に美肌アイテムを試した
 最近は、雑誌の付録だけでスキンケアとメイクができている状態です(笑)。月に2冊ほど美容雑誌を買えば、最新のアイテムを気...
憧れの“太りにくい体質”になるには?体質改善の6つのコツ
 ダイエットで悩んでいる時、ふとスタイルのいい友人を見て「なんで、あの子は食べても太らないんだろう?」と気になったことは...
メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...
ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...