9年前にお見合いした別の優良物件男からクズ過ぎる連絡が。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-08 10:44
投稿日:2020-12-01 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。
「思いやりのない男…」
「思いやりのない男…」

case4-2.橋本杏奈さん(仮名/45歳)

「女性の結婚適齢期=クリスマスケーキ論(24歳が売れどきで、25歳は売れ残り)」という風潮で育ったお母様に心配された橋本杏奈さん(仮名/45歳)は、28歳のときに2人の男性とのお見合いを勧められます。1人目は巷で言われる“優良物件”だったものの、杏奈さんが生理的に受け入れられずお断りという結果に。2人目はどんな男性だったのでしょうか。

「私が住む地域では、名前を聞けば知らない人はいない地方銀行にお勤めしている人で、1人目の方と同じく“優良物件”でした。お仕事が激務なのか、『休日は寝てばかりいます』という言葉に、休日は外出したい私は少し気になりましたが、『もう一度お会いしたい』と思えるお相手だったんです。残念ながら二度と連絡がこなかったので、私に興味はないのだろうと判断し、ご縁はつながりませんでしたが。

 ところが、9年ほど経った私が30代半ばの頃、電話がきたんです。『まだ独身だったら、もう一度会えませんか?』と。しかも何回か。当時、私には彼氏がいたので、丁寧にお断りしました」

「はぁ? なんですか、その男性は! 失礼な話ですね!」

 筆者が呆気にとられながら本音を漏らすと、杏奈さんも「そうですよね……」と、苦笑いしました。

突然“独身確認”をしてくるトンデモな男

 想像してみてください。元恋人ならいざ知らず、たった一度しかお見合いをしていない相手、しかも自分から縁を断った相手に、約9年も経って突然電話できるでしょうか。そのうえ、その出会いは結婚を前提としていました。「まだ独身だったら、もう一度会えませんか?」ということは、「もう一度、結婚を考えて会ってみませんか」と同義。おのれの条件に胡座をかくにもほどがある。相手の気持ちや現状をまったくといっていいぐらい想像せず、自身の都合のみを優先したからこその行動だと容易に推測できます。

 筆者は恋愛相談を受けると、「相手の気持ちや状況を想像して行動できない人は避けたほうがいい」と伝えています。想像力は思いやりとイコール。想像力がない人は、他者に対する思いやりに欠けている可能性が高いからです。筆者の知人女性は、「家事と育児をフルタイムで働く私任せなのに、夫が自分のぶんだけスイーツを買ってきた。あの人の脳内には、“ねぎらい”という言葉がないのか! あり得ない!!」と怒っておりました。確かに、最も身近にいる伴侶を喜ばせたいという思いやりに欠けているとしか……。

若い娘を求める男 結婚から遠ざかる真実

 杏奈さんに9年も経ってから連絡してきた件の彼も典型例ですが、彼の状況を想像してみました。杏奈さんが28歳のときに彼は10歳年上なので、38歳。9年後は47歳。筆者は夫と出会う再婚前、既婚の女友達に相談しました。「50代以上の年上の人がいいんだけど、どう思う?」と。「あまり年上だと、相手の介護を視野に入れなくちゃならないわよ!」と、一刀両断されました。

 杏奈さんに連絡してきた頃の彼も、50歳に手が届く年齢です。男性が芸能人の年の差婚を、自身にあてはめるのは間違いなのです。「相手との年齢差は気にならなかった」と結婚に至ったカップルもいますが、自分より年代が下の女性は、一般的に自分より平均寿命が短い異性として相手を見ている。一緒にすごす間に、どんなトラブルが起きるかも想像します。

 本インタビューは女性読者向けですが、男性が自分より若い女性を求める傾向が結婚から遠ざかる真実も、ぜひに知っていただきたい。自身の評価は自身で決定するのではなく、他者のみがするという現実とも合わせて。

 件の彼も、自分より年下が好みだったのかもしれません。9年の間に何人の女性とお見合いしたかは不明ですが、杏奈さんの連絡先はほかにお見合いした女性と一緒に、フォルダわけしていた可能性があります。

 そして、経年とともに同世代とのマッチングを勧められる現実に納得できず、自分より年下の杏奈さんに連絡をしたのでしょう。おそらく、杏奈さん以外の何人にも、片っ端から。婚活市場では“イタイ人”かもしれませんが、本連載は人を貶めることが主旨ではないので、彼も幸せになっているといいのですが。

結婚願望の実現化には「自ら行動ありき」

待っているだけじゃダメ(写真:iStock)
待っているだけじゃダメ (写真:iStock)

 さて、杏奈さんに話を戻しますと。元恋人とは37歳のときにお別れしたそうです。

 彼は6歳年下の会社経営者で、これから事業を拡大させたいという目標にまっしぐらの時期。杏奈さんは「そろそろ家庭を持ちたい」と考えていて、タイミングが合わなかったそうです。「フェードアウトしたので、後味が悪かったです」と言いますが、その後、杏奈さんは婚活に励んだとのこと。

「友人や知人に頼んで合コンに呼んでもらうほかに、お1人の方と1分ずつお話しするような、スタンダードな婚活パーティーへも頻繁に行きました。その場に『いいな』と思える人がいない場合も、『今度、飲み会をしましょう』と連絡先の交換をして、実際に合コンをしたこともあります。その婚活パーティーで出会った方が、社会人サークルの幹事をしていまして。夫とは、彼の主催する社会人サークルで出会いました」

 結婚したいという思いを実現するために、「婚活しまくりました(笑)」と語る杏奈さん。彼女世代にありがちな、「女性は男性からの誘いを待つべき」という考え方を捨てて、自分から「飲み会をしましょう」と誘うのは、見習うべきスタンスかもしれません。

 目標を現実化するためには行動ありきで、実際に旦那様と出会えたのですから。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ