帰省中にも♡ 義母とのコミュニケーションに役立つコスメ3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-31 06:00
投稿日:2020-12-31 06:00
 年末年始は、義母と顔を合わせる機会が増える女性も少なくありませんよね。夫の実家との距離感にかかわらず、義母と過ごす時間に「かなり気をつかう」という人も多いのではないでしょうか。
 そんなシーンでは、義母との潤滑油にコスメのパワーを活用してみるのも一案です。時短美容家でメンタル心理カウンセラーである並木まきが、義母との会話に使える旬のコスメを3選ご紹介します。

1. ダイアンボヌール オーガニックヘアワックス(バーム)

ダイアンボヌール オーガニックヘアワックス(バーム)
ダイアンボヌール オーガニックヘアワックス(バーム)

 義母世代だと、髪の毛のボリュームダウンを密かに悩んでいる女性も多いもの。そんな髪にベタっとした質感のワックスを使ってしまうと、さらなるボリュームダウンにつながりかねないうえ、ベタつきのもとにもなりやすく、見た目もイマイチに……。

ダイアンボヌール オーガニックヘアワックス(バーム)」は、100%天然由来成分のオーガニックヘアバームで、軽いつけ心地と絶妙なツヤ感が特長。義母世代の女性たちの髪にも使いやすく、さらには、ヘアだけでなく全身に使えるマルチな保湿バームなんです。

 ボディや指先、顔など、髪以外にも使えることから、お手入れ後には、手についたバームを乾燥しがちな指先に揉み込むこともできるスグレモノ。帰省時、家事の合間に義母と髪の話題になったなら、ぜひ一緒に使ってみては。

2. トップバリュ グリーンアイフリーフロム シャンプー・コンディショナー

トップバリュ グリーンアイフリーフロム シャンプー・コンディショナー
トップバリュ グリーンアイフリーフロム シャンプー・コンディショナー

 2020年10月下旬にリニューアルした、イオン「トップバリュ」シリーズの「グリーンアイフリーフロム シャンプー・コンディショナー」。

 合成香料やシリコーン、パラベンなど、これまでの「7つの成分無添加」に加えて、かつて表示が義務付けられていた102種類の「旧表示指定成分」(※肌トラブルを起こす可能性のある成分)も使用しない仕様に。また、植物由来のアミノ酸系洗浄成分ですので、肌や髪にやさしいのも魅力です。

 さらに、「グリーンアイフリーフロム シャンプー・コンディショナー」は、燃焼時にCO2を排出しないボトルを使っているため、身体だけでなく地球に配慮した製品として注目が集まっているんですよ。

 こういったサスティナブルな製品には高額なものも多いのは確かですが、お値段は各450mlで980円(税抜価格)と、プチプライス! しかも、洗い心地が上質で、するんとした髪へと導いてくれるため、個人的にはお値段以上の実力だと思います。

 義母世代は、息子の妻がどんなシャンプー類を使っているのか、意外と細かくチェックしているのも常。高額なものを使えば「浪費家」なんて不名誉なイメージもつきかねませんが、この価格帯でポリシーのある製品となれば、義母にも自信をもってお披露目できるはず……!

3. ルミナマジック SII

ルミナマジック SII
ルミナマジック SII

 まめに染めても増え続ける白髪に、ため息をついている女性は多いですよね。今年は新型コロナウイルス感染拡大の関係で、美容院での白髪染めを控えている高齢女性も多いのが現実。だけど、いくつになっても女性であることには変わりなく、「手軽に白髪ケアができるなら、やっておきたい」と思っている義母世代は少なくありません。

 そんなニーズに応えてくれるコスメが、“光で染める白髪染め”として人気の「ルミナマジック SII」。厳密に言うと「染める」のではなく、銀塩の光還元を利用して白髪を目立ちにくくする発色性ヘアクリームです。ジアミン系染毛剤とは違ってアルカリや酸化剤は配合していないから、頭皮や髪にやさしい使い心地を実感している人も多く、さらに、洗い流し不要なので白髪ケアが時短で済むのも特長。

 義母と白髪ケアの話題が出たタイミングで髪に塗ってあげれば、義親子コミュニケーションが円滑になるきっかけにも使えそう。

まとめ

穏やかな一時を(写真:iStock)
穏やかな一時を (写真:iStock)

 義母のことが苦手ではなくても、顔を合わせる時間が長いほど話題に困ってしまう女性も少なくないですよね。女性同士であるメリットを生かし、コスメの話題を上手に使えれば、気まずい時間を減らすテクニックにも活かせるのではないでしょうか。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...