旦那の愚痴が出てこない…ずっと円満な夫婦は何が違うの?

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2021-04-06 07:09
投稿日:2021-04-06 06:00
 SNSを見ていると、結婚後もパートナーとの間に不満を抱えている人も多いように感じます。一緒に生活していれば多少の不満があるのは仕方ないものの、できれば円満に夫婦生活を送っていきたいですよね。
 そこで今回は、結婚後5年以上経っても円満に過ごしている夫婦たちの話を聞いてみました。するとどうやら、妻や夫の性格や人柄に特徴があることが分かってきました。

ケース1:お互いがポジティブ

ポジティブに過ごそう!(写真:iStock)
ポジティブに過ごそう! (写真:iStock)

 円満夫婦たちは、小さな幸せを見つけるのが得意なよう。日常で起こる小さないさかいを帳消しにできるくらい、小さな喜びを発見して自分の感情をコントロールできるのです。

「私はよく友人にぼーっとしている、優しいなどと言われることが多いのですが、旦那も私に負けず劣らずゆるい性格です。2人ともあまり物事を気にしないので、大きなケンカもなかなか起きないかな。寝たら忘れるとか、甘いものを食べれば機嫌が良くなったりすることも多いです。2人ともとにかく単純なので、機嫌が悪いときはお互いちゃんと気を使って、相手の機嫌を整えています」(34歳・医療関係)

 根本的なことではありますが、ポジティブな人の方が家族との暮らしを前向きに考えられるのでしょう。ポジティブ、ネガティブの価値観が近い人の方が、機嫌のコントロールも理解しやすく簡単になるでしょう。

ケース2:笑顔で夫を「癒せる」妻

妻の笑顔が夫を癒す(写真:iStock)
妻の笑顔が夫を癒す (写真:iStock)

 また、円満夫婦たちの中には妻の「癒し力」が高いというタイプも。男性を癒やす女性には、どんな特徴があるのでしょうか。

「なんでかわからないけど、旦那にはよく『癒やされる』と言われることが多いです。特に家事をたくさんやっているとかではないんですけど……。強いていうなら、笑いのツボが浅いのでよく笑っているかもしれません。嫌なことがあっても笑ってるわけじゃないんですけど、楽しい時に私が笑っていると、旦那の機嫌がいい気がします」(30歳・教育関係)

 おうちで笑顔でいられる女性は、男性を癒やすことができるようです。生活の中では「笑っている場合じゃない」ことも多くあると思いますが、普段から笑顔でポジティブに振る舞っている方が、否定的な話もきちんと聞いてもらいやすいようです。

ケース3:テイカーよりギバーの男性を選ぶ

優しさのループ(写真:iStock)
優しさのループ (写真:iStock)

 円満夫婦の中には、自分の育った家庭を振り返って選ぶ伴侶を考えた、という人もいました。

「うちの父親は亭主関白タイプだったので、幼い頃からいつも母のことを不憫に思っていました。そんな両親を見ていたから、自分は絶対に優しい男性と結婚しようと心に決めて、今の優しい旦那との結婚を決めたんです。優しい人と一緒にいると、自分もやっぱり優しくなれるんですよね。旦那が先に私のことをいろいろ気遣ってくれるので、私も何か返さなきゃって思えます。お互いやってもらったことに何か返そうとし合うので、いいループになっています」(37歳・小売関係)

 自分から相手に何かしてあげるのが苦手な女性でも、相手が優しいタイプなら、いいループを作れるかもしれません。優しさを返してくれないダメ男と付き合った経験にトラウマを感じている女性は、やっぱり優しい男性と結婚するべきかも?

円満夫婦の秘訣は「損得勘定しないこと」

損得勘定なしの思いやりを(写真:iStock)
損得勘定なしの思いやりを (写真:iStock)

 円満夫婦の妻たちはポジティブで明るい人が多く、小さなことを後々まで引っ張らないタイプが多いようでした。しかし、結婚生活には相性もあるので、女性だけが常に笑顔で、ポジティブであってもうまくいかないこともあるでしょう。結婚生活に必要なのは、お互いが思いやりを持つことです。家事負担や金銭負担など、さまざまな部分で「自分が損をしているかどうか」を考えないでいい関係が、夫婦円満の秘訣であるようです。

 まだ結婚していない人は、自分が思いやりを持って接することができる人、そして優しさを返してくれる人を選びましょう。もう結婚している人は、小さな不満や愚痴を自分が抱え込んでしまう理由を考え、短期間で消化できる方法を2人で話し合ってみましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の...
恋バナ調査隊 2021-02-22 06:00 ラブ
勘違い男の痛いLINE…ドン引きするめんどくさい内容7選
 LINEって顔が見えない分、気が大きくなってしまうんですよね……。それが原因なのか、勘違い男たちはめんどくさい痛いLI...
恋バナ調査隊 2021-02-23 03:55 ラブ
“たぬき顔・きつね顔診断”でどんな男性にモテるかチェック♡
 女性の顔のタイプを動物にたとえた時、“たぬき顔”や“きつね顔”で区別することがあります。実は、自分がどちらのタイプなの...
恋バナ調査隊 2021-02-21 06:44 ラブ
あなたも目指せる♡ 愛され女子の共通点&心掛けるポイント
 男性から愛される女性を見ると「羨ましいな」と思いながらも、「でも、どうせ私は美人じゃないし……」なんて諦めてしまう人も...
恋バナ調査隊 2021-02-20 06:00 ラブ
元CA作家が伝授!恋やビジネスに使える“魔法のフレーズ”3選
 コロナ禍においてこれまでの生活が一変し、恋人や夫婦、ビジネスでの人間関係もぎくしゃくしているという声が少なくありません...
蒼井凜花 2021-02-19 06:00 ラブ
不倫には落とし穴がいっぱい! 5つのリスク&卒業する方法
 恋愛をしている人の中には「実は、彼は既婚者」なんていう人もいるでしょう。一昔前までは不倫は秘め事であり、決してバレては...
恋バナ調査隊 2021-02-19 06:00 ラブ
可愛くヤキモチをやく5つの方法&“嫉妬”に変わるNG行動!
 彼氏ができると、「ほかの女性に奪われたくない」という気持ちが強くなり、ヤキモチを焼いてしまう女性も多いでしょう。彼がモ...
恋バナ調査隊 2021-02-18 06:00 ラブ
ヤリモク男の見分け方! 体目的の男性の相手をする暇はない
 人間の時間は有限です。そして、私たち女性の賞味期限は、一生の中でものすごく短いのです。努力次第で見た目の維持も可能です...
若林杏樹 2021-02-17 06:00 ラブ
コロナ禍の今が動き時!? オンライン出会いのメリット6選
 コロナウィルスにより、さまざまな不安を抱えている人は多いでしょう。特に、おうち時間が増えた今、恋人がいない人は寂しさが...
恋バナ調査隊 2021-02-17 06:00 ラブ
"デート初回斬り"は損!53歳初婚男と夫婦になり分かったこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-02-16 06:14 ラブ
恋愛が長続きしない女性の5つの特徴&長続きさせるポイント
 彼氏はすぐにできるのに、なぜか一つの恋愛が短命に終わってしまう人がいます。そんな人は、「本当は、長続きする恋愛がしたい...
恋バナ調査隊 2021-02-16 06:08 ラブ
最愛のパートナーを学内で見つけた 東大出身男性の結婚秘話
 人口の0.2%ほどしか存在しないとも言われる東大生(出身者含む)。東京大学とは言わずもがな日本で最高峰の国立大学ですが...
田中絵音 2021-02-16 06:12 ラブ
欲求…我慢してない?自分に素直に生きないことのデメリット
 みなさん、欲求に素直に生きていますか? こんな風に言うと、え、欲望のままに生きることって悪いことなんじゃないの? とい...
七味さや 2021-02-15 06:00 ラブ
恋愛に振り回されてる…? 恋愛体質女性の特徴&抜け出し方
 好きな人や彼氏ができれば、何気ないことにでもウキウキとしたり、彼と会っていない時間ですら幸せを感じる人は多いはず。しか...
恋バナ調査隊 2021-02-15 06:03 ラブ
“わざと間違いLINE”はバレる!送ってはいけない内容5選
 気になる彼にわざと間違いLINEを送って、好きな気持ちに気づかせたり、デートの約束につなげようと考えたことはありますか...
恋バナ調査隊 2021-02-14 06:00 ラブ
今では私が彼を追いかけている…好きが“逆転”してしまう理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。好きだ愛していると追いかけられて一緒になったはずなのに、ふと気がつけば愛が逆...
山崎世美子 2021-02-13 06:00 ラブ