どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-13 06:10
投稿日:2021-04-13 06:00
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうことが多いんです! 男性からモテたいと思っている人にとっては、小悪魔女性のテクニックは必見かもしれませんよ。そこで今回は、小悪魔女性の特徴や、モテテクニックをご紹介します。

男性にモテる♡ 小悪魔女性の4つの特徴

 女性が「素敵だな」と思う女性と、男性から見る「素敵だな」と思う女性には、若干ズレがあります。まずは、モテる小悪魔女性にはどんな特徴があるのか、チェックしていきましょう。

1. 外見的特徴

 小悪魔女性の外見は、何といっても女性らしさが特徴的。洋服はピンクや白のワンピースといった、女性らしい洋服を選びます。しかし、品がありながらもボディラインが出るものを選ぶのが、彼女たちのポイント。胸やウエストなどが強調される洋服は、それだけで男性の目を引くでしょう。

 また、ヘアスタイルはロングで巻き髪。カラーは暗めのトーンで、落ち着いた雰囲気を作り出しています。メイクはナチュラルメイクでありながらも、ぷっくりとした唇を強調し、男性心をくすぐります。

2. 性格の特徴

 小悪魔女性は、気持ちを正直に表すのも特徴のひとつ。喜怒哀楽が分かりやすく、男性からすると、その変化に魅力を感じる人が多いでしょう。

 また、男性を褒めるのも上手!「カッコいいね」「それ、すごく似合っているね」と躊躇なく男性を褒めるため、それだけで好意を抱いてしまう男性もいるでしょう。さらに、困った時にはすぐに「どうしよう……」と、男性に甘えることができるのも、強みです。気づけば、男性にとって放っておけない存在になっています。

3. 話し方の特徴

 実は、小悪魔女性は男性の自尊心を高めるのがとても得意。これは、彼女たちの話し方の特徴にヒントがあります。

 たとえば、男性から何かを教わったら、知っているのに「知らなかった」「なんでも知っているんだね!」と男性を立てたり、「今までで1番!」「こんなのはじめて」と、男性心が掻き立てられるような言葉を使います。こう言われた男性は素直に「嬉しい」と感じ、彼女の虜になってしまうでしょう。

4. 行動の特徴

 小悪魔女性は、好意を抱いている男性にだけ小悪魔的要素を見せているわけではありません。実は、誰に対してでも優しく親切に接するのも、小悪魔女性の特徴なのです。これにより、「自分のことが好きなのかな?」と、勘違いしてしまう男性も多いでしょう。

 また、手に入りそうで入らない絶妙な距離感を保つのも上手です。自分のことをベラベラ話さなかったりとミステリアスな部分があるからこそ、どんどん惹かれてしまう男性も多いのではないでしょうか。

真似したい! 小悪魔女性5つのモテテクニック

 恋愛がうまくいかない、アプローチがうまくいかない女性の中には、「どうしたら、男性の心を掴めるの?」と悩んでいる人もいるでしょう。そんな人は、小悪魔女性のテクニックを真似してみましょう。

1. 会話中は彼の目を見つめる

 好きな男性の前に出ると、緊張して目を合わせられない人もいます。確かに、好意を抱いている男性が相手となれば、意識してしまうのは当然ですよね。

 しかし、小悪魔女性は、会話中に彼の目を1秒から2秒程度、ジッと見つめることでサインを送っているそうですよ。好意を抱いている男性と話す時は、目を見て話すことを意識しましょう。

2. 大きめのリアクションをとる

 男性と会話する際、緊張して「相槌を打つのがやっと」という人もいるでしょう。しかしこれだと「俺の話、ちゃんと聞いているのかな?」「つまらないのかな」と、男性に思わせてしまうかもしれません。

 そんな時、小悪魔女性は大きめのリアクションでアピールします。「すごいですね!」と、わざとらしいくらい大きめのリアクションをすることで、男性は「話を聞いてくれている」と好感を持ってくれるでしょう。

3. 誘いやすい隙を作る

 美人なのにも関わらず、男性に誘われない女性の多くは「隙がない」場合が多いです。がっちりとガードしている女性に対して男性は、「どうせ誘っても無理だろう」と諦めてしまうのです。

 その点、小悪魔女性は誘いやすい隙をつくっているからこそ、男性からのアプローチが絶えません。誘いやすい雰囲気作りも、モテテクニックには必須ですよ。

4. できないふりでサポートしてもらう

 女性の中には、困っている時でも人に頼れない人がいます。しかし、すべてを自分でこなしてしまうと、男性から見れば可愛げのない女に見られてしまうかもしれません。

 その点、小悪魔女性は、たとえ一人でできることであっても「ごめん、手伝ってもらっていい?」と、男性に甘えることができます。こうして甘えることが、距離を縮めるきっかけになっていくのでしょう。

5. 可愛さだけじゃない、セクシーさもアピール

 小悪魔女性というと可愛らしい女性をイメージする人も多いと思いますが、これだけでは男性から“女性”として意識してもらえない可能性があります。

 そこで外せないのが、セクシーさ。小悪魔女性は可愛らしさだけではなく、セクシーさも上手にアピールしています。ボディラインが分かる洋服を選んだり、さりげなくボディタッチをすることで男性をドキッとさせ、女として意識させているんです。

小悪魔女性のモテテクニックで、意中の彼を落とそう!

 恋愛の駆け引きが苦手な人にとって、男性の心を射止めるというのは難しいことかもしれません。しかし、小悪魔女性のモテテクニックを真似すれば、無理なくアプローチができ、距離を縮めることができますよね♡

 意中の彼がいる人は、ぜひ小悪魔女性のモテテクニックを身につけてアプローチしてみてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
豆木メイ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ