どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-13 06:10
投稿日:2021-04-13 06:00
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうことが多いんです! 男性からモテたいと思っている人にとっては、小悪魔女性のテクニックは必見かもしれませんよ。そこで今回は、小悪魔女性の特徴や、モテテクニックをご紹介します。

男性にモテる♡ 小悪魔女性の4つの特徴

 女性が「素敵だな」と思う女性と、男性から見る「素敵だな」と思う女性には、若干ズレがあります。まずは、モテる小悪魔女性にはどんな特徴があるのか、チェックしていきましょう。

1. 外見的特徴

 小悪魔女性の外見は、何といっても女性らしさが特徴的。洋服はピンクや白のワンピースといった、女性らしい洋服を選びます。しかし、品がありながらもボディラインが出るものを選ぶのが、彼女たちのポイント。胸やウエストなどが強調される洋服は、それだけで男性の目を引くでしょう。

 また、ヘアスタイルはロングで巻き髪。カラーは暗めのトーンで、落ち着いた雰囲気を作り出しています。メイクはナチュラルメイクでありながらも、ぷっくりとした唇を強調し、男性心をくすぐります。

2. 性格の特徴

 小悪魔女性は、気持ちを正直に表すのも特徴のひとつ。喜怒哀楽が分かりやすく、男性からすると、その変化に魅力を感じる人が多いでしょう。

 また、男性を褒めるのも上手!「カッコいいね」「それ、すごく似合っているね」と躊躇なく男性を褒めるため、それだけで好意を抱いてしまう男性もいるでしょう。さらに、困った時にはすぐに「どうしよう……」と、男性に甘えることができるのも、強みです。気づけば、男性にとって放っておけない存在になっています。

3. 話し方の特徴

 実は、小悪魔女性は男性の自尊心を高めるのがとても得意。これは、彼女たちの話し方の特徴にヒントがあります。

 たとえば、男性から何かを教わったら、知っているのに「知らなかった」「なんでも知っているんだね!」と男性を立てたり、「今までで1番!」「こんなのはじめて」と、男性心が掻き立てられるような言葉を使います。こう言われた男性は素直に「嬉しい」と感じ、彼女の虜になってしまうでしょう。

4. 行動の特徴

 小悪魔女性は、好意を抱いている男性にだけ小悪魔的要素を見せているわけではありません。実は、誰に対してでも優しく親切に接するのも、小悪魔女性の特徴なのです。これにより、「自分のことが好きなのかな?」と、勘違いしてしまう男性も多いでしょう。

 また、手に入りそうで入らない絶妙な距離感を保つのも上手です。自分のことをベラベラ話さなかったりとミステリアスな部分があるからこそ、どんどん惹かれてしまう男性も多いのではないでしょうか。

真似したい! 小悪魔女性5つのモテテクニック

 恋愛がうまくいかない、アプローチがうまくいかない女性の中には、「どうしたら、男性の心を掴めるの?」と悩んでいる人もいるでしょう。そんな人は、小悪魔女性のテクニックを真似してみましょう。

1. 会話中は彼の目を見つめる

 好きな男性の前に出ると、緊張して目を合わせられない人もいます。確かに、好意を抱いている男性が相手となれば、意識してしまうのは当然ですよね。

 しかし、小悪魔女性は、会話中に彼の目を1秒から2秒程度、ジッと見つめることでサインを送っているそうですよ。好意を抱いている男性と話す時は、目を見て話すことを意識しましょう。

2. 大きめのリアクションをとる

 男性と会話する際、緊張して「相槌を打つのがやっと」という人もいるでしょう。しかしこれだと「俺の話、ちゃんと聞いているのかな?」「つまらないのかな」と、男性に思わせてしまうかもしれません。

 そんな時、小悪魔女性は大きめのリアクションでアピールします。「すごいですね!」と、わざとらしいくらい大きめのリアクションをすることで、男性は「話を聞いてくれている」と好感を持ってくれるでしょう。

3. 誘いやすい隙を作る

 美人なのにも関わらず、男性に誘われない女性の多くは「隙がない」場合が多いです。がっちりとガードしている女性に対して男性は、「どうせ誘っても無理だろう」と諦めてしまうのです。

 その点、小悪魔女性は誘いやすい隙をつくっているからこそ、男性からのアプローチが絶えません。誘いやすい雰囲気作りも、モテテクニックには必須ですよ。

4. できないふりでサポートしてもらう

 女性の中には、困っている時でも人に頼れない人がいます。しかし、すべてを自分でこなしてしまうと、男性から見れば可愛げのない女に見られてしまうかもしれません。

 その点、小悪魔女性は、たとえ一人でできることであっても「ごめん、手伝ってもらっていい?」と、男性に甘えることができます。こうして甘えることが、距離を縮めるきっかけになっていくのでしょう。

5. 可愛さだけじゃない、セクシーさもアピール

 小悪魔女性というと可愛らしい女性をイメージする人も多いと思いますが、これだけでは男性から“女性”として意識してもらえない可能性があります。

 そこで外せないのが、セクシーさ。小悪魔女性は可愛らしさだけではなく、セクシーさも上手にアピールしています。ボディラインが分かる洋服を選んだり、さりげなくボディタッチをすることで男性をドキッとさせ、女として意識させているんです。

小悪魔女性のモテテクニックで、意中の彼を落とそう!

 恋愛の駆け引きが苦手な人にとって、男性の心を射止めるというのは難しいことかもしれません。しかし、小悪魔女性のモテテクニックを真似すれば、無理なくアプローチができ、距離を縮めることができますよね♡

 意中の彼がいる人は、ぜひ小悪魔女性のモテテクニックを身につけてアプローチしてみてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ
性欲満たしたいだけでしょ?マチアプスピード婚を“汚点”と言い切る40男
「冷酷と激情のあいだvol.193〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合ってスピード結婚へと至った夫とのレスに悩む妻...
並木まき 2024-05-07 10:33 ラブ
子づくり提案→アバズレ認定に絶望しかない…37歳バリキャリ女性の後悔
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-04 06:00 ラブ
圏外男性からの告白LINE、顔を合わせるの気まずっ!上手に断る3本立て
 異性に告白されるのは嬉しいものですが、中には好きになれない相手、恋人として見れない相手からの告白もありますよね。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-04 06:00 ラブ