学歴なんて関係ない! 東大卒男性が1年追い求めた奥様の魅力

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-06-04 06:00
投稿日:2021-06-04 06:00
 言わずもがな日本一の秀才が集結している東京大学出身の男性は、どんな女性と結婚したいと考え、どんな女性を伴侶として迎えるのか? その真相に迫る当連載「東大生の結婚観」第三弾。
 今回インタビューにお答えいただいたのは、一浪して東大に入学し、在学中はラグビー一筋でスポーツに勤しんだという村松大輔さん(仮名・36歳)。お話をうかがいました。

運命の出会いは“結婚式の二次会”で

 村松さんは28歳の時、参列した東大の先輩の結婚式の二次会で、現在の奥さまであるA子さんと出会いました。

 その二次会では、グループごとにゲーム対決をするという余興があって、たまたまA子さんと同じグループに。村松さんは、その時からA子さんのことを何となく「いいな」とは思っていたものの、連絡先交換はせずに二次会は終了してしまいます。

 しかしその後、帰りのバスを待っている時に、A子さんが近くに並んでいたところ、そこにいた新郎とはまた別の東大時代のラグビーの先輩が「村松って彼女いないよな? 良かったら二人で連絡先交換したら?」と促してくれて、村松さんとA子さんは連絡先交換をしたそうです。さすがはラグビーをやっていただけあって、先輩のナイスパスですね!

 それから二人は、何回か食事デートへ。

 そのうちに村松さんからA子さんに愛の告白をしますが、なかなかOKしてくれず、1年がかりでやっと付き合えることになったそうです。一浪して東大に入った村松さん、ここでも粘り強さを発揮したのでしょうか。

 そして交際がスタートしてからは順調に愛を育み、付き合って半年後にプロポーズ、その1年後に入籍をしてめでたくゴールインしたとのことでした。

結婚願望が芽生えたきっかけ

 漠然と「自分の人生において、いつかは結婚して家庭を持ちたい」とは思っていたけれど、「◯歳までに結婚したい!」というような焦りはなかったと、松村さんは言います。

 ところが、結婚への意欲が高まったきっかけが3つあったといいます。気になるその内容を見ていきましょう。

結婚願望が芽生えた3つのきっかけ

東大時代の友人は、30歳までに結婚する人が多い

「20代後半くらいからは、東大の友人の結婚式に呼ばれることが多かったのですが、30歳を過ぎると結婚式の波が落ち着いてくるんですよね。だから自分も“いい人がいたら結婚した方がいいかな?”という気持ちになりました」と。東大生は身を固めるのも早い傾向があるようです。周りの女性が放っておかないということも(!?)あるのかもしれませんが。

 周りの友人が結婚していく様を見て、結婚願望が芽生えていったということも潜在的にあるようです。

就職後の赴任先で人恋しくなった

 村松さんは東大卒業後、就職した会社での赴任先が東北になり、今まで住んだことのない縁もゆかりもない場所での一人暮らしが始まりました。

 当然、最初は友人もおらず、仕事が休みの日にはドライブなどに出かけるのですが、一人だとやはり寂しい気持ちになって「誰か隣にいてくれたらいいな」という思いが芽生えたそうです。

 その間にA子さんとの交際が始まり、遠距離恋愛になりました。

 そして、東北での赴任期間が終わり、東京に戻ってくるタイミングで一緒に住めるようにと、結婚することにしたそうです。東北への赴任があったからこそ、結婚のタイミングが掴めたということも一理あるようです。

「逆に、地方に赴任することなくずっと都心で働いている同僚は、なかなか結婚しないですね」と村松さんがおっしゃる通り、都会暮らしだと刺激的で楽しいことが沢山あるので、なかなか結婚して落ち着こうとは考えないものかもしれませんね! 逆に結婚すると、できなくなる遊びもありそうですし……。

今の奥さんと出会ったこと

 村松さんは言います。「年齢的なことや自分が東北に赴任したことも、もちろん結婚願望を高めた要因ではありましたが、やはり“今の奥さんに出会ったこと”が結婚したい気持ちを一番強めた」

 それほどに、奥さんとの出会いは素敵なもので、交際中もパートナーとしてしっくり来ていたということですね! 

「生まれ変わっても奥さんと結婚したいですか?」と聞いたところ、「もちろん!」という最高の回答をいただきました! なんていい話なんでしょう(笑)。

 このように、ごく自然な流れでお二人は結婚への歩みを進めていきました。

 結婚した当時、村松さんは30歳、奥さんは28歳。現在は2人の娘さんにも恵まれて、家族4人で幸せに暮らしているそうです。

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログXInstagram

ラブ 新着一覧


夫に浮気バレ後の離婚回避術は? 初期の言動3つにすべてがかかっている
 夫に浮気がバレた時、離婚を避けたいなら「あなたのその後の言動」にすべての運命がかかっています。もし間違えた態度で接すれ...
地方都市の“女風”でイケメン率爆騰中 夢破れたヤル気ないオトコの巣窟に?
「イケメンって、年をとってイケメンじゃなくなったらどうするの?」という疑問を持つ女性はとても多いです。  そのルックス...
内藤みか 2024-07-04 06:00 ラブ
オタク男子は優良物件という新潮流!婚活女性に知って欲しい7つの理由
「オタク男子」と聞くと、あまりよくないイメージを持つかもしれません。しかし、婚活女子には超おすすめ! 最近では“優良物件...
恋バナ調査隊 2024-07-03 06:00 ラブ
【調香師監修】暑い夏。あなたの気分とフェロモンを上げるアロマオイルは
 夏は思いっきり汗をかいてフェロモンを放出する最高のシーズン! 暑さに負けず夏を満喫するために、天然植物の恵みのアロマで...
太田奈月 2024-07-02 06:00 ラブ
レス妻が共感! 公認不倫を採用する「1122」はセックスレス夫婦を救う?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  Amaz...
豆木メイ 2024-07-02 06:00 ラブ
既婚男性が不倫相手に冷めた残酷な瞬間6選 道ならぬ恋はやっぱりもろい?
「いつか彼と一緒になれるはず」と夢見て、既婚男性と不倫している女性もいるでしょう。でも相手があなたに冷めてしまったら、そ...
恋バナ調査隊 2024-07-03 15:22 ラブ
「うちに泊まる?」オタ友以上恋人未満の彼にそう言わせた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った男性に恋し...
mirae.(みれ) 2024-07-01 06:00 ラブ
付き合う付き合わないの二択だけ?マチアプの即決文化に馴染めない50男
「冷酷と激情のあいだvol.202〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った男性と進展しない関係に悩む46歳の絵里さ...
並木まき 2024-07-03 14:06 ラブ
50まで恋愛したい46歳女。「私は暇つぶし要員?」マチアプ男に恋煩い中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-03 13:58 ラブ
脳筋知ってる?筋肉LOVE彼氏をおバカで可愛いと思えるか判定LINE3選
「脳筋」とは、「脳みそまで筋肉」の略語。ポジティブな言葉として使われる時もあるけれど、とにかく頭を使うより体を使うのが得...
恋バナ調査隊 2024-06-29 06:00 ラブ
“リアル峰不二子”と運命の出会い。俺どうする?局部のコンプレックス #1
 恋愛をするにあたり、避けて通れないのが「ベッドでの秘め事」だ。愛する人と肌を合わせ、温もりを感じ、ひとつになる幸せは何...
蒼井凜花 2024-07-05 12:34 ラブ
夫や彼氏からの「ドン引き誕プレ」5選 女ゴコロが1ミリも分かってないな
 夫や彼氏からの誕プレには期待しちゃいますよね。自分のことをよくわかっている相手ですし、誰よりも「喜ばせたい」と思ってく...
恋バナ調査隊 2024-06-28 06:00 ラブ
「私、CAの試験に受かっていたの」お見合い現場で遭遇する"怪しい経歴”
 アラフォー世代の婚活で見栄を張って“怪しい経歴”を語る方がいます。これまで何件か聞いたのが、航空会社のCA(客室乗務員...
植草美幸 2024-06-28 06:00 ラブ
やる気マンマン? 起業したい系男子が増殖中…本気か、金目当てか?
 年上の女性を狙う「起業したいんです」系男子が増殖しています。そのなかには起業を口実に女性からお金を引っ張ろうとするウソ...
内藤みか 2024-06-27 06:00 ラブ
田舎に住んでるとマッチングアプリは役立たず!? 婚活女性が涙した悲劇4選
 マッチングアプリが普及してからは出会いの幅が一気に広がりましたよね。ですが、田舎ではあまり役に立たないようです。いった...
恋バナ調査隊 2024-06-27 06:00 ラブ
1年365日少年すぎる夫の操縦法 うちの旦那はピュアなの? おバカなの?
 結婚すると、女性はより現実的な思考になる人が多いのに比べて、男性はいつまでも夢を追いかけがち。時には、少年すぎる考えの...
恋バナ調査隊 2024-06-24 06:00 ラブ