男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-09-12 06:00
投稿日:2021-09-12 06:00
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや女性目線のメイクでは彼の心を掴めないかもしれません! そこで今回は、男ウケするメイクのポイントと部分メイクテクニックをご紹介します。

男ウケするメイクの鉄則♡ 5つのポイント

 メイク方法は人それぞれ。意外と自己流の人も多いですが、男性の心を掴むためには男ウケメイクを身につけた方が断然有利です。まずは、男ウケするメイクのポイントを見ていきましょう。

1. 薄付きのナチュラルメイク

 男ウケを狙うなら、断然薄付きのナチュラルメイクがおすすめ!「せっかくだから、しっかりとメイクしたい」「肌悩みを隠したい」と、ついつい厚塗りになってしまいがちですが、これは男目線ではNGのよう。自然なツヤ感のある、素肌メイクを目指しましょう。

2. ナチュラルカラーが鉄則

 洋服やお出かけ先に合わせて、メイクのカラーを変えている人も多いでしょう。特に、アイメイクはさまざまなカラーがあるため、その日の気分で色遊びをしたくなりますよね。

 でも、男ウケメイクを目指すのであれば、ナチュラルカラーが鉄則です。ピンク系、オレンジ系、ベージュ系など、肌なじみのよいカラーを選ぶようにしましょう。

3. 眉は作りすぎない

 眉メイクは時代によって流行りがありますが、今は自分の眉を活かしたナチュラル眉が主流です。

 さらに、男ウケを意識するなら、眉も作りすぎないことが鉄則。細すぎor太すぎる眉は、不自然さを感じさせてしまいますので、ふんわりとしたナチュラル眉に仕上げていきましょう。

4. チークでふんわりした印象をつくる

 チークを使うとあどけなさや可愛らしい印象に見せることができますが、濃く付けるのは逆効果。男ウケどころか、おてもやんのようになってしまいます。

 そうならないためには、ふんわりとチークを乗せて、健康的に見えるように意識しましょう。血色感がアップすることで、より魅力的な女性を演出できますよ。

5. リップで色気をプラス

 メイクの際には可愛さだけではなく、リップで色気をプラスさせるのも男ウケのポイントです。女性の唇は、男性にとって魅力的に映るパーツ。

 ツヤのあるぷっくりとしたリップメイクを施せば、男性の視線を釘付けにできるはずです。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


目指すはハセキョー級の美魔女! いつまでも若さを保つ秘訣5カ条
 女性たるもの、「いつまでも若々しく在りたい」と思いますよね。実際にいくつになっても20代・30代のような若々しさを保っ...
パーマをかけたらドライヤーしない!? 自然乾燥だとスタイリングが決まる?
 ふわふわ柔らかい雰囲気になれるパーマは女性に人気ですよね! でも実際にパーマをかけた後、「ドライヤーしないほうがいいの...
運気ダウンの恐れあり! 40代以降は「買わないほうがいいコスメ」3カ条
 40代、50代と年齢を重ね「アラフォー」から「アラフィフ」と呼ばれる過渡期に差しかかってくると、肌状態や顔の印象が若か...
光熱費も気になるからやめたい! お風呂スマホのデメリットと代替案3選
 頑張った一日の最後に入るお風呂は、とても気持ちがいいですよね! 癒しや美容、健康のためにスマホを見ながら長風呂している...
風邪の正式病名って?【専門家監修】引きやすくなった要因とエキナセア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...