堕ちやすい罠…夫の浮気でメンタルを壊す妻がやっていること

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-07 07:17
投稿日:2019-02-26 06:00
「夫の浮気」が発覚したとき、うまく対処して被害を最小限に食い止められる妻と、立ち回り方を誤り、さらなる悲劇へと進む妻がいます。
 悲劇的なケースのひとつには、夫の浮気が止まらず、最終的に妻のメンタルがやられてしまうパターンも挙げられるでしょう。
 そこで今回の記事では、夫の浮気によりメンタルを壊しやすい妻ほどやりがちな行動について分析します。

夫に気づかれないよう行動を監視する妻ほど危険

 配偶者の浮気に気づいたら、まずは騒がずに泳がせ、証拠集めをするよう提案している人やサイトも少なくありません。

 確かに、将来的に夫の浮気を理由に離婚を視野に入れているならば、ひとつでも多くの客観的証拠を集めたほうが有利なのは間違いのない話。調停や裁判となれば、なおのことです。

 しかし「泳がせて、証拠を集める」は、やり方によっては、妻が自らのメンタルを壊す最大の要因になると、筆者は多くの事例を見てきて思うのです。

アレを頻繁にチェックする妻ほど危ない?

 愛する男が、自分以外の女性との逢瀬を楽しんでいる様子を好んで知りたい人なんて、本当はいないに等しい話ですよね。

 ところが、金銭的に探偵に依頼する余裕がなかったり、大げさなことをしたくなかったりといった事情から、自分で動く女性も多い実態があります。

 尾行やLINEチェック、スマホのカメラロールチェックなど、直接的に夫に証拠として突きつけやすいものから、はたまた夫が脱いだ服の匂いや下着チェックに至るまで、その範囲は多岐にわたりますが、一番メンタルに悪影響を与えそうなのは……?

一度覗いたら「もっと見たい」の心理

 筆者が、数多くの浮気・離婚相談を受けて痛感しているのが、LINEやメールのやり取りを頻繁にチェックしている妻ほど、知らないうちにメンタルをやられている顕著な傾向です。

 LINEやメールには日々、新たなやり取りが蓄積されるため、一度覗いてしまうと「もっと見たい」の心理が働きがち。かつ、直接的に肉体関係があったことを匂わせるやり取りも多く残りがち。つまり、妻の立場からすると、かなりショックな内容が多く潜んでいます。

 だからこそ、多くの妻が「ここに証拠があるはず」と狙い撃ちする部分でもあるのですが……。

 ここに踏み込んでしまった揚げ句、次第にエスカレートし、こっそり同期してリアルタイム監視を始めたり、1日に何度も頻繁にチェックしたりと、夫と浮気相手のやり取りを見ることに生活が支配されてしまった女性を、筆者は何人も知っています。

 いつの間にか頭の中が夫と浮気相手の動向に支配され、外出先でもチェックを怠らなくなるほどに、どんどんと尋常ではない行動へと走っていくわけです。

 考えてみれば当然ですが、愛する男が自分以外の女性と恋を育み、愛を語っている様子を見続ければ、メンタルに悪影響を及ぼすのは必然。

 こういった女性を第三者として拝見する限りでは、一度やり始めてしまうと、怖いもの見たさから“やめ時”がわからなくなっているようにも見受けられます。

頭の中や生活すべてが浮気に支配されてしまう罠

 夫の浮気を知ったら、証拠をつかむのは大事なこと。

 しかし、そのために自らのメンタルを壊すとなれば、それが自分の健康を犠牲にしてまでやるべきことか、今一度立ち止まってみてほしいのです。

 夫婦関係を修復するにせよ、いずれ離婚をするにせよ、健やかなメンタルを保てれば、冷静な判断力を失わずに済む術になります。

 そのためにも、浮気チェック目的のLINEやメールの追っかけは、ほどほどでやめるべきことの典型と言えるのではないかと、筆者は切に感じている次第です。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【漫画】「Hなビデオで見るやつ!」奥手な女が初めてのハプバーに驚愕
 インタビューにも登場した、まおいつかさんの漫画『ヤリマンになりたい。』を特別掲載!   32歳までセカンドバージ...
2024-04-26 06:00 ラブ
【漫画】32歳の地味女、ヤリマンの友達と行った場所がヤバすぎた!
 インタビューにも登場した、まおいつかさんの漫画『ヤリマンになりたい。』を特別掲載!   32歳までセカンドバージ...
2024-04-26 06:00 ラブ
【独占】「ハプバーは遊園地」ヤリマンに憧れる女が見た刺激的すぎる光景
 漫画『ヤリマンになりたい。』(小学館)。その直球すぎるタイトルから、ドン引きするようなヤリマンエピソードが満載なのかと...
河合桃子 2024-04-27 11:59 ラブ
【独占】いきなり“ヤリマン願望”宣言した漫画家のモヤモヤと裸への価値観
 青年コミック誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で連載中の『ヤリマンになりたい。』。そのド直球すぎるタイトルを描...
河合桃子 2024-04-26 06:00 ラブ
40女が再認識した“超絶モテ”作法 合コンの絶対的エースに学ぶ3本柱とは
 先日、大学時代の友人・Rちゃんと久しぶりに食事に行きました。このRちゃん、学生時代は「合コンの絶対的エース」でした。 ...
一生添い遂げる相手を見つけるのは不可能!?日本の結婚制度限界じゃない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  婚活がうまく...
豆木メイ 2024-04-23 06:00 ラブ
【推し活の落とし穴】推しへのガチ恋で婚期を逃し、心も懐も寂しくなった
 あなたには“推し”がいるでしょうか? アイドルやイケメン俳優、アニメキャラなどを熱烈に応援する“推し活”は、オトナの女...
恋バナ調査隊 2024-04-22 06:00 ラブ
48まで男を知らなかった私、無修正のAVがこじれたSEX感を植え付けた
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っている...
mirae.(みれ) 2024-04-22 06:00 ラブ
情事妻のテク。不倫相手の名前を“五反田のまさかず叔父”で登録したら…
 不倫相手との連絡によく使われるLINE。でも、そのままの登録名では怪しまれてバレるのがオチ…。だからこそ、みんなありと...
恋バナ調査隊 2024-04-21 06:00 ラブ
「娘に“男”を見せたくなかった…」マチアプを悔やむ45歳シンパパの本音
「冷酷と激情のあいだvol.191〜女性編〜」では、自身の妊娠と出産を年齢的な理由で諦め、シングルファザー限定で恋人探し...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
出産は諦めたけど子は欲しい…シンパパ射止める“5秒前”、47歳独女の計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
着信26件、もはやホラー! アラサー・アラフォー女性が蛙化した瞬間
「好きだったけど幻滅した!」と、好意が一気に消えてしまう“蛙化現象”。(元々は、好きになった人から好意を感じると逆に嫌悪...
恋バナ調査隊 2024-04-20 06:00 ラブ
人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ