「悪口を言う」女性心理&上手な付き合い方、絶対NGなことも

コクハク編集部
更新日:2022-02-25 06:00
投稿日:2022-02-25 06:00
 学校や職場など、あなたの周りに人の悪口ばかり言う女性はいませんか? もしそんな女性が身近にいたら、できるだけ深く関わらないようにしたいもの。でも、彼女たちはなぜそんなに悪口を言いたがるのでしょうか? そこで今回は、悪口を言う女性の心理&上手な付き合い方をご紹介します。

身近にいたら要注意! 悪口を言う4つの女性心理

 悪口を言う女性はライバル意識が強く負けず嫌いが多いと言われていますが、いったいどんな心理から悪口を言ってしまうのでしょう。まずはじめに、女性心理を見ていきましょう!

1. 実は「仲良くしたい」と思っている

 悪口を言う女性の中には、実は「仲良くしたい」と思っているタイプの女性もいます。ただ、プライドが高く自分の気持ちを正直に伝えることができないため、つい悪口を言って人に近づこうとしてしまうのです。

 女性は男性よりも仲間意識が強いため、共通の人の悪口を言うと意外と簡単に仲良くなれたりするそうです。

2. 悪口を言って「強さ」をアピールしたい

 悪口を言うことで、自分の「強さ」をアピールしたいタイプの女性もいるようです。このようにマウントを取りたがるタイプの女性は、嫉妬心やライバル心が、ついむき出しになってしまいがち。

 自分よりも優れた人の悪口を言ってその人の評価を下げて、自分の評価を上げようと考えてしまうのかもしれません。

3. ストレス発散がしたい

 ただ単にストレス発散がしたいという理由で、悪口を言う女性もいます。特に、自分のストレス発散方法がわからない人は、悪口を言ってストレス発散をしてしまう傾向があるようです。

 このタイプの女性は、自分がイライラするたびに人の悪いところを探す傾向があるため、ターゲットにされないように注意しましょう。

4. 自分を守りたい

 自分を守りたいという自己防衛も、悪口を言ってしまう心理のひとつだと言われています。悪口を言う女性は攻撃的で強い印象を持たれるケースが多いですが、実は精神的に弱く、自分に自信が持てないタイプの女性も多いそう。

 傷つきたくないという気持ちが強くなればなるほど、悪口を言って自分を守ろうとしてしまうのかもしれませんね。

悪口を言う女性と上手に付き合う3つの方法

 悪口を言う女性と安易に距離を縮めすぎてしまうと、最悪の場合、自分の信頼を失いかねません。続いては、悪口を言う女性と上手に付き合う3つの方法をご紹介します。

1. 仲良くなりすぎない

 悪口を言う女性と仲良くなりすぎてしまうと、あなたも周囲から悪口を言う女性だと思われてしまいます。

 できれば距離を置くのが理想的ですが、仕事上でどうしても付き合わなければいけない場合は、公私混同しないように注意して付き合うようにしましょう。

2. 悪口は適当に聞き流す

 悪口を言われると、「え? 本当?」と、つい耳を傾けてしまいたくなってしまうもの。しかし、何もかも真剣に聞いていると「この人は悪口を聞いてくれる人」だと思われてしまいます。

 悪口を言う女性の中には、真実だけでなく嘘を言ってくるタイプもいるため、悪口は真剣に聞かず、適当に聞き流すようにしましょう。

3. 一緒になって悪口を言わない

 絶対にやってはいけないのが、一緒になって悪口を言うこと。どんな理由があったとしても、一緒に悪口を言ったらあなたも“同罪”です。

 最悪の場合、「◯◯さんが悪口言ってたよ」と噂を流され、あなただけが悪者になってしまう事態も起こりえます。たとえあなたの嫌いな人の悪口だったとしても、絶対に一緒に悪口を言わないようにしましょう。

悪口を言う女性心理 無理に理解する必要はない!

 自分の身近に悪口を言う女性がいたら、どう付き合っていいのか悩んでしまいますよね。そんな女性心理を理解しようと思っても、きっとわからないことのほうが多いはず。

 そんな場合は、無理に理解しようとせず「この人はこういう人なんだ」と割り切りましょう。ぜひ、上手に人間関係を築いてくださいね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


脱力と見せかけて宇宙と交信中?くねくねコロンな“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
義母と喧嘩したら仲直りは?顔見ずLINEで「韓ドラで仲良くなりたい」
 義母と喧嘩してしまうと、とても気まずいですよね。  特に子供がいる家庭では、祖母としてこれからも付き合いが続くで...
何じゃコレー!モクモクの正体は開運の木「スモークツリー」♂♀どっち?
 GWが過ぎた5月中旬あたりから毎日無言の“圧”をかけ、見つめております。我が家のほっぽらかし園芸に植えられたアノ樹木を...
嘘吐きピンクローター
「知ったかぶり」という言葉がある。実際は知らないのに、知っているようなフリをすることだ。  知らなかったことを恥ず...
LINEで退職届は“フツーにある”と聞いてたが…辞めるの簡単すぎじゃね?
「退職する場合は1カ月前までに申し出ること」などと、会社ごとにルールが設けられている場合が多いですよね。でも最近は「今日...
友達褒めるはずが「シェイシェイのワンピ可愛い」で自滅…知ったか、恥っ
 人間誰しも知ったかぶりをしてしまった経験があるはず。知ったかぶりでその場を乗り切れるならいいものの、中にはボロが出て顔...
控えめな家族葬が200万ってマジ? 祖母急死で痛感!葬儀業者の“こっそり上乗せ”テク
 幼い頃に両親が離婚し母方の実家で暮らすことになりました。そんな筆者を優しく迎えてくれた祖母が2023年の11月に他界。...
2024-07-02 16:36 ライフスタイル
「楽しく暮らしています」“たまたま”が遠く離れた母上に一筆啓上
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
幸せの価値、そして――。
 家族親子恋人たちお年寄りも若者も桜に埋もれて過ごす時、人は皆幸せそうだ。  季節はもうすぐ梅雨――。
ほっこり癒し漫画/第74回「ヘルプみーこ」(中編)
【連載第74回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
今さら聞きにくい? 英語の新敬称「Mx.」や「X」って何
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
夫の胸ポケからキャバ名刺→子の刻に家出!?いいから落ち着けが止まらない
 LINEの文面だけでも、意外と「焦ってる」「取り乱してる」と分かるものですよね。今回は、そんな慌ただしいLINEを3つ...
すげえ!BoA完コピおじいに喝采。スナック常連の濃ゆいエピソード3選
 みなさんの職場には癒しキャラはいますか? スナックで働いているといろんな人を見るのですが、癒しキャラもとっても多いんで...
好きを仕事にしても「しんどい」よ。憧れだけではない現実との向き合い方
 キャリアについてよく聞くフレーズが「好きを仕事に」。確かに、好きなことでお金を稼げたら一挙両得! 幸せな毎日が送れそう...
「マタニティハイ」要注意! おブスな振る舞いが誰かを傷つける可能性も
「妊娠して幸せの絶頂です!」と感じている女性必見! 今回は、マタニティハイでやりがちなNG言動を4つ紹介します。  妊...
クネクネの正体はおとうさん!“たまたま”が真実を知った瞬間
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...