【お菓子作り編・下】持参するエプロンには注意が必要

高輪らいあん 街コンライター
更新日:2019-05-13 16:24
投稿日:2019-04-06 06:00
 もたもたしてる間に、幼なじみは結婚して子育てするなど教科書のような人生を歩み始めた――。アラサーに突入して焦燥感が高まり、体当たりで恋人探しをスタートさせた。 もちろん、マッチングアプリは試したけれど、付き合ったと思ったら連絡つかなくなるなど様々な恐怖体験を経験し、アプリ恐怖症になってしまった。素性の知れないオトコとやりとりするのって不気味だわ。そんな私がポチったのは街コンサイトだった。

女の子はみんなかわいい

ひたすら混ぜまくる(写真:iStock)
ひたすら混ぜまくる (写真:iStock)

 参加者は3つのテーブルに分けられました。女性が若干多く、私のテーブルはみなみちゃんとおひとり様参加の女子が1人と、男性1人。その彼は好青年で周りに気を配りまくるタイプで、恐縮しながらも女性陣に入社1年目の広報マンのような気遣いを見せていた。がんばってたなー。

 おひとり様参加だという女子は、ピンクのニットにショートパンツ、黒のブーツを履いていて若々しい。そして、愛らしいお顔は元AKBのまゆゆにソックリなのだ! (ここでは“まゆゆちゃん”と命名)

 仕事はSEでバッキバキに働いているのだとか。かわいくても仕事はちゃんとやるタイプね。ステキです。

 今回作ったお菓子は「ムースフレーズ」。“フレーズ”とはフランス語の「苺」なんだとか(勉強になる)。

 材料の分量は、事前に軽量されていて参加者はボールに入った材料をひたすら混ぜ続ければ勝手に出来上がる筋書きだ。

携帯に挟まる“お守り”

こけしにすがる乙女心(写真:iStock)
こけしにすがる乙女心 (写真:iStock)

 ラクチン。終始、みんなで談笑する。お菓子作りや料理が好きな人ばかりが集まってくるのかと勝手に思っていたけど、そうでもないみたい。なんと男女とも熱心なクッキング愛好家はいなかった。どちらかといえば「たまには作ってみようかな」とか、付き合う異性に家庭的な雰囲気を求めて参加してる様子。そんな平和なムードの中にも面白かったのは、エプロンに人間性が出たこと。みなみちゃんはパステルカラーの女の子らしいエプロンで「お菓子作ってそう~!」と男性陣を悶絶させていた。

 一方、まゆゆちゃんは普段から料理をまったくしないらしく、今回は100均でエプロンを購入(売ってるの?)したらしい。そして、何を思ったのかなぜかこのタイミングで34歳とカミングアウト……。本気で21歳ぐらいにしか見えなかったため、激震が走る(特に男性陣)。これを美魔女というのだろうか? 童顔ってすごい。そして次の瞬間、戦慄が走る。まゆゆちゃんが何気なく取り出したスマホ。ピンク色の手帳型ケースは、全体がけばけばしたファーで覆われ、薄汚れている。

 まゆゆちゃんがそのケースをおもむろに開くと、カバーの内ポケットに、なんと! 大量のこけしが挟まっている!! な、なんで!? パッと見ただけでも4体いた………。恐る恐るもう一度覗いてみると、小さな文字で“えんむすび”と書いてあるではないですか。あ、なんか、こけしは種類ごとにご利益が違うっぽい……。一瞬だったけど、まゆゆちゃんの歴史を見た気がする。先輩、私なんてまだまだです。

人間性が滲み出てしまうエプロン

ヘラヘラヘラヘラ……(写真:iStock)
ヘラヘラヘラヘラ…… (写真:iStock)

 そーこーしてるうちにムースを混ぜ終わり、あとは容器に移して冷蔵庫で固まるのを待つのみ。その間は、立食形式のお食事タイムに。飲み放題のため、午前中からみんな浴びるようにガブガブ。すると、どこかやって来たか分からない酔っ払ったおじさん(参加者=推定42)に絡まれる。私が着てる特徴のないデニムエプロンを指差し「カフェの店員さんみたい〜!!」「ペットショップのトリマーさんみたい~!!!」などと鬼のようにイジり倒す。

 あ? コスプレじゃねーんだよ。と思いつつも「えへへ~、ありがとうございます」とヘラヘラヘラヘラ……。街コンってアプリと違って、効率は悪いから、こういう人にも自己紹介しなきゃいけないのツライかも。もう私は自己を紹介することに疲れましたよ。

お菓子作りコンの反省点

苺ムースはとっても美味しかった(写真:iStock)
苺ムースはとっても美味しかった (写真:iStock)

 冷やし待ちだったムースが固まり、いちごジャムでデコレーションしたら無事完成。鬼イジりされたものの、みんなで感想を言い合って、最初から最後まで和やなまま終了した。思ってたよりも優良な会で、趣味コンの可能性を感じた。お菓子作りもユルーい感じだったし。ただそれでいて趣味が同じというだけでも嗜好が似てる人が集まるため、自分と似た価値観の人と出会えそう。

 私は甘い物が苦手なせいか男子とイマイチ話が噛み合わなかったが、お休みの日を充実させる趣味コンは心がけ次第では攻め甲斐のあるコンテンツではありました。次回こそ自分の得意分野で必ずリベンジすることを心に誓ったのだった。

 イライラ度★☆☆☆☆

(次の街へつづく)


関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 感染症対策のために、直接対面ではなく、ネットを介して人とやりとりをする機会が増えています。つまりは異性へのモテもオンラ...
内藤みか 2020-09-10 06:00 ラブ
FILM
 女性の男性の好みは人それぞれ。穏やかすぎる草食男性が物足りなくて苦手だと感じる人もいれば、ぐいぐいとアプローチをしてく...
恋バナ調査隊 2020-09-10 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍によって、ますますの盛り上がりを見せる「ライブ配信業界」。“ライバー”と呼ばれる配信者たちが、「ライブ」の名の...
並木まき 2020-09-09 17:21 ラブ
FILM
 容姿に関わらず、「モテる人」というのは確実に存在します。そこまで可愛くないのにモテる女子、かっこいいのにモテない男子…...
恋バナ調査隊 2020-09-09 06:00 ラブ
FILM
「彼氏がほしい」「そろそろ結婚したい」と思っている女性なら、マッチングアプリや合コンに精を出しつつも、願わくば「誰かいい...
田中絵音 2020-09-08 06:00 ラブ
FILM
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-09-15 19:07 ラブ
FILM
 男性を虜にする、“モテ仕草”をマスターしたいと思う女性は多いでしょう。でも、やりすぎると「あざとい」と思われがちなので...
恋バナ調査隊 2020-09-08 06:00 ラブ
FILM
 せっかく連絡先を交換したのに、返信の速度が遅い、あまり返ってこない――。そんなことで悩んでいる方も多いと思います。 ...
若林杏樹 2020-09-07 06:00 ラブ
FILM
 友達や同僚の結婚が続くと、焦りを感じてしまう女性は多いでしょう。彼氏がいる人は「いつになったらプロポーズしてくれるの?...
恋バナ調査隊 2020-09-07 06:00 ラブ
FILM
 34歳独身です、友達に薦められてメリさんの本でメス力を勉強しています!  最近7歳年下の方が気になっています。と...
神崎メリ 2020-09-06 06:06 ラブ
FILM
 神経質すぎる夫との共同生活は「想像以上にストレス……」と嘆く妻も少なくありません。パートナーの性格はガサツすぎるのも問...
並木まき 2020-09-06 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“出来ちゃった婚”とは呼ばず“授かり婚”または“おめでた婚”と、命を祝い尊ぶ...
山崎世美子 2020-09-05 06:01 ラブ
FILM
 男性女性問わず、人は好きな人ができればその人のことを「知りたい・話したい・自分のことを知ってほしい」という心理が働きま...
恋バナ調査隊 2020-09-05 06:08 ラブ
FILM
 もう二度とほかの人と恋愛することはないんだろうなぁ……と思って結婚したものの、離婚してしまえばまた独身。再び恋愛をする...
七味さや 2020-09-04 06:00 ラブ
FILM
 女性は、何歳になっても若く見られることに喜びを感じます。特に、実年齢よりも若く見られる童顔の女性は、男性からもモテると...
恋バナ調査隊 2020-09-04 06:00 ラブ
FILM
 私たちは、なぜ恋愛リアリティーショーに夢中になってしまうのでしょうか。人の恋模様を観察する番組のどういうところにハマっ...
内藤みか 2020-09-03 06:00 ラブ