女性のネイルアートを褒める男性に要注意! そのワケとは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-30 06:05
投稿日:2019-04-30 06:05
 女性からネイルを褒められることはあっても、男性から褒められた経験がある方は少ないのではないでしょうか。でも、もしも、「素敵なネイルだね」なんて、ネイルを褒める男性が周りにいたら要注意!そのワケをご紹介します。

「ネイルアート」に対する男女の考え方

ネイルはお金も時間もかかるんです!(写真:iStock)
ネイルはお金も時間もかかるんです! (写真:iStock)

 女性同士が会うたびにネイルアートを褒め合うのは、指先にまで時間とお金をかけて、おしゃれを保つことの大変さを知っているからでしょう。季節や服装に合わせてネイルを施すステキ女性を見ると、尊敬と好感を覚えますよね。

 しかし、とあるデータによると、実は7割ほどの男性が女性のネイルアートをよく思っていないのだとか。「ゴテゴテしていて苦手・爪が長いと不衛生・お金をかける意味が分からない」など厳しい声も多くありますが、中には「短いなら良い・淡い色なら好感アップ」など、「控えめであればOK」という声もあるようです。

ネイルアートを褒める男性には要注意!そのワケ

「薬指だけ違う柄なんだ、素敵だね」(写真:iStock)
「薬指だけ違う柄なんだ、素敵だね」 (写真:iStock)

 過半数以上の男性がネイルアートを好まない中、逆にネイルアートをこぞって褒める男性もいます。実はこんな男性は要注意!その理由を見ていきましょう。

女性が喜ぶツボを心得ている

 ネイルに限ったことではないですが、髪型やメイクなどの変化にいち早く気づいて褒めてくれる男性がいます。良くも悪くも女性が喜ぶツボを心得ている、こなれた男性ですね。女性側も時間とお金をかけた努力を認めてもらえたようで、つい嬉しくなってしまいます。

 このタイプの男性は女性に対して下心を持っている場合もありますが、特に好意がなくてもサラリと褒めることが多々あります。どちらにせよ安易に好意を抱かず、注意深く観察することが大切でしょう。

基本的に外見重視

「女性は、爪と髪を磨いてさえいれば良い」という男友達。今や2児の父ですが、若い女性と数々のランデブー中。彼の奥さんはとても美しい方ですが、それでも「今や女性として見れない」のだとか。(若い子が見向きもしないオジさんにさっさとなってくれ!と思う今日この頃。)

 と、話は飛びましたが、「ネイルアートを綺麗にしていてほしい」と思う男性は、基本的に外見重視な方が多い気がします。「外見より中身」を見る概念がないため、「彼氏」や「遊び相手」にするならまだしも、「夫」にすると苦労する可能性大!

おしゃれ男アピールのナルシスト男性

 おしゃれ男アピールのナルシスト男性は、他の男性が滅多に褒めない「ネイル」を褒める「自分」に酔います。

「薬指だけ違う柄なんだ、素敵だね」など、ネイルアートを細部にわたって褒める、または、「そのフレンチネイル、可愛いね」なんて、ネイルの種類を知っていることをアピールしてくるのが特徴。

 こんな男性は女性に対しての理想が高く、服装や髪型などにいちいちうるさい場合が多いです。付き合うと疲れてしまうかも?見極めが肝心です。

例外もある?好きすぎるパターン

 例外もあります。あなたに対して好意を持っているパターンですね。好きすぎて観察するからこそ「ネイルアート」にまで目が行き届くのです。

 あなたが好意を寄せている男性であれば万事OKなのですが、逆に好意がない男性に対して下手に嬉しがると調子に乗り、しつこくなるケースもあるので注意が必要ですよ。

ネイルアートは男性のためではなく自分のために!

ネイルは「モテ重視」より「自分重視」(写真:iStock)
ネイルは「モテ重視」より「自分重視」 (写真:iStock)

「モテるネイル」がよく紹介されていますが、基本的に男性は派手な爪を嫌います。男性ウケを狙うなら、いっそネイルをしないほうがマシでしょう。

 でも、「それだとつまらない!」と思いませんか?そう、ネイルアートはたとえ自己満足と言われようと、自分のために行うべきだと思うのです。

 そんな筆者は職業柄鍵盤を弾くため、爪を伸ばしたことがありません。そして、セルフネイルは30分も弾けば大抵剥げます。だからこそ、素敵女性のネイルアートに憧れますね。いつかやろうと思うまま人生終わりそうですが、これもこれである種の自己満足なのかな、と思ったり。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 モラハラ夫と約10年間、付き合っていた期間も含めると約20年間も過ごしてしまった経験アリ、犬田さちこと申します。 ...
犬田さちこ 2019-12-30 07:08 ラブ
FILM
「ウチの嫁、鬼なんです!」と語る男性たちの中には、気づかないうちに鬼嫁メーカーになっていそうなタイプも散見されます。魑魅...
並木まき 2019-12-29 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。皆さん、クリスマスは楽しめましたでしょうか。恋人たちにとってのビッグイベント...
山崎世美子 2019-12-28 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性のタイプは「頼りになる男性」とか「仕事ができる男性」と挙げるのにも関わらず、気がつけばいつも彼氏がダメ男……...
東城ゆず 2019-12-28 06:00 ラブ
FILM
「バツイチ」という言葉もすっかり市民権を得たようで、今では「バツイチです!」と言っても偏見にあうことが滅多になくなりまし...
東城ゆず 2019-12-27 06:00 ラブ
FILM
 夫婦関係は、持ちつ持たれつ。……であるはずが、相手が鬼嫁となると、そうはいかない現実も散見されます。魑魅魍魎(ちみもう...
並木まき 2019-12-27 06:00 ラブ
FILM
 DVというと多くの人が「夫から妻への暴行」を想像すると思いますが、実態は変化しつつあります。男性からの被害相談がどんど...
内藤みか 2019-12-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをしていても、なんだか寂しさを感じてしまうことってありますよね。でも、漠然とした「寂しい」という気持ちを上手...
FILM
 鬼嫁から夫のもとへと届くLINEには、恐ろしいメッセージが書かれているものも散見されます。  日常的にキツいLINE...
並木まき 2019-12-25 14:48 ラブ
FILM
「あ、『いいね』が来てる。どんな人だろう!」  マッチング系のアプリを使ったことのある女性なら、誰しも“地雷ユーザー...
七海 2019-12-25 06:00 ラブ
FILM
 皆さんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は、幸せになるための結婚相手の見分け方をお伝えいた...
山本早織 2019-12-24 06:00 ラブ
FILM
 恋愛が長続きしなかったり、ひどい男性とばかり付き合ってしまうと、「私って男運ないのかな……」と不安になってしまいますよ...
リタ・トーコ 2019-12-24 06:00 ラブ
FILM
 彼氏がいる人にとって、デートは特別な時間ですよね。デートの前にソワソワしたり、「デートの予定があるからこそ、仕事も頑張...
東城ゆず 2019-12-24 06:00 ラブ
FILM
 結婚して自分の家庭を持つと、幸せなことばかりではありません。育児や仕事、家事と忙しい日々に、イライラする女性も多いでし...
東城ゆず 2019-12-23 06:00 ラブ
FILM
 クリスマスディナーは、外食にせよおうちごはんにせよ、いつもよりスペシャルな食事を楽しむ夫婦も多いもの。ところが、鬼嫁が...
並木まき 2019-12-22 06:00 ラブ
FILM
 付き合っている彼から「距離を置きませんか?」って言われました。そもそも、その必要があるのか、正直分かりません。 ...
神崎メリ 2019-12-22 06:00 ラブ