「悪妻になったのは夫のせい」鬼嫁が開き直った切実な事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-24 06:00
投稿日:2019-06-24 06:00
「鬼嫁」と言われる女性たちの中には、悪妻な自分を自覚しつつ「私がこうなったのは夫のせい」と言い切る人もいます。本当は良妻でいたいけれど「ダメ夫に尽くすなんて、バカバカしい!」な想いから、悪妻キャラに走るパターンもあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの切実な事情をご紹介します。

1:モラハラ・マザコン・浪費家のダメ夫に尽くせない

「新婚当初こそ、良い妻になりたいと努力していましたが、残念なことにウチの夫は、モラハラ・マザコン・浪費家のトリプルダメ要素を備えているダメ男だと判明。ちょっと気に入らないことがあると、私を怒鳴りとばすし、姑のことが嫁よりも大事でいつも義母にべったり。さらには、稼いだ分だけ飲み代に使ってしまう見栄っ張りな浪費家で……。

 そんな夫に尽くす気にはなれず、結婚2年目の終わりくらいからは、いかに夫に対して労力を使わずに済むか、ばかりを考えるようになりました。そんな私を見て、夫の親戚は“悪妻”って言っている人もいるみたいだけど、知ったこっちゃありません!」(44歳女性)

 良妻になろうと心踊らせて結婚したはいいものの、蓋を開けてみたらトンデモ夫だった……のパターンです。たしかに、ダメダメな男のために“良妻”だなんて「なりたくもない!」な女性が多いのではないでしょうか。

2:DVホラ吹き夫が私を悪妻に仕立て上げ…

「結婚4年目ですが、子供はいません。ひと回り以上年上の夫は、まさかのDVホラ吹き男でした。自分の思い通りにならないことがあると、私に対して主に精神的DVと経済的DVをし、さらには、よその人に対して私の愚妻エピソードをでっち上げる始末。

 最初のうちこそ、そんな夫の暴挙に傷ついていましたが、愚妻だと言うなら、とことん愚妻になってやろうと、ある日、開き直りました。それ以来、いつ離婚になってもいい覚悟で、彼がでっち上げたような“悪妻像”を演じてやっています。がんばらなくてよくなった分、ストレスは減りましたね」(42歳女性)

 嘘つき夫が、外で嫁の悪口を言うのは、よくあるパターン。この女性の場合は、努力しても悪く言われるなら「とことん悪妻になってやろう!」と開き直った末の鬼嫁キャラのようです。

3:浮気ざんまいの夫に呆れかえって

「結婚8年目ですが、これまでの間、夫はわかっているだけでも4回の浮気をしています。ワンナイトとかではなく、どれもズッポリと相手の女性にハマっているドロドロしたやつですね。最初のころは、そんな夫の心を家庭に取り戻そうと必死でしたが、だんだんと私だけが努力するのにバカらしくなって。

 悩んでメンタルも壊しましたけど、あるときに、もう夫への気持ちも冷めているし、私ばかりが夫に尽くすのはやめようと決めたんです。そう決めちゃったら、心がスーッと楽になりましたよ。今では、食事も作らないでいいし、財布も別々だし、休日も自由に出かけられるし、掃除もしなくていいし。家のことをしないでいいので、快適です。仮に、誰かに“鬼嫁”って言われても、この自由は手放せません!」(42歳女性)

 浮気を繰り返す夫に呆れかえった末に、家庭に尽くすのをやめた妻も。夫もそれだけのことをしているわけですから、文句も言えないでしょう。

 ◇  ◇  ◇

 周囲が「鬼嫁」とウワサする女性でも、背景には切実な事情が潜んでいるケースもあります。みなさんの知る「鬼嫁」にも、実は凄まじいドラマが隠れているかもしれません……。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


夫に浮気バレ後の離婚回避術は? 初期の言動3つにすべてがかかっている
 夫に浮気がバレた時、離婚を避けたいなら「あなたのその後の言動」にすべての運命がかかっています。もし間違えた態度で接すれ...
地方都市の“女風”でイケメン率爆騰中 夢破れたヤル気ないオトコの巣窟に?
「イケメンって、年をとってイケメンじゃなくなったらどうするの?」という疑問を持つ女性はとても多いです。  そのルックス...
内藤みか 2024-07-04 06:00 ラブ
オタク男子は優良物件という新潮流!婚活女性に知って欲しい7つの理由
「オタク男子」と聞くと、あまりよくないイメージを持つかもしれません。しかし、婚活女子には超おすすめ! 最近では“優良物件...
恋バナ調査隊 2024-07-03 06:00 ラブ
【調香師監修】暑い夏。あなたの気分とフェロモンを上げるアロマオイルは
 夏は思いっきり汗をかいてフェロモンを放出する最高のシーズン! 暑さに負けず夏を満喫するために、天然植物の恵みのアロマで...
太田奈月 2024-07-02 06:00 ラブ
レス妻が共感! 公認不倫を採用する「1122」はセックスレス夫婦を救う?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  Amaz...
豆木メイ 2024-07-02 06:00 ラブ
既婚男性が不倫相手に冷めた残酷な瞬間6選 道ならぬ恋はやっぱりもろい?
「いつか彼と一緒になれるはず」と夢見て、既婚男性と不倫している女性もいるでしょう。でも相手があなたに冷めてしまったら、そ...
恋バナ調査隊 2024-07-03 15:22 ラブ
「うちに泊まる?」オタ友以上恋人未満の彼にそう言わせた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った男性に恋し...
mirae.(みれ) 2024-07-01 06:00 ラブ
付き合う付き合わないの二択だけ?マチアプの即決文化に馴染めない50男
「冷酷と激情のあいだvol.202〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った男性と進展しない関係に悩む46歳の絵里さ...
並木まき 2024-07-03 14:06 ラブ
50まで恋愛したい46歳女。「私は暇つぶし要員?」マチアプ男に恋煩い中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-03 13:58 ラブ
脳筋知ってる?筋肉LOVE彼氏をおバカで可愛いと思えるか判定LINE3選
「脳筋」とは、「脳みそまで筋肉」の略語。ポジティブな言葉として使われる時もあるけれど、とにかく頭を使うより体を使うのが得...
恋バナ調査隊 2024-06-29 06:00 ラブ
“リアル峰不二子”と運命の出会い。俺どうする?局部のコンプレックス #1
 恋愛をするにあたり、避けて通れないのが「ベッドでの秘め事」だ。愛する人と肌を合わせ、温もりを感じ、ひとつになる幸せは何...
蒼井凜花 2024-07-05 12:34 ラブ
夫や彼氏からの「ドン引き誕プレ」5選 女ゴコロが1ミリも分かってないな
 夫や彼氏からの誕プレには期待しちゃいますよね。自分のことをよくわかっている相手ですし、誰よりも「喜ばせたい」と思ってく...
恋バナ調査隊 2024-06-28 06:00 ラブ
「私、CAの試験に受かっていたの」お見合い現場で遭遇する"怪しい経歴”
 アラフォー世代の婚活で見栄を張って“怪しい経歴”を語る方がいます。これまで何件か聞いたのが、航空会社のCA(客室乗務員...
植草美幸 2024-06-28 06:00 ラブ
やる気マンマン? 起業したい系男子が増殖中…本気か、金目当てか?
 年上の女性を狙う「起業したいんです」系男子が増殖しています。そのなかには起業を口実に女性からお金を引っ張ろうとするウソ...
内藤みか 2024-06-27 06:00 ラブ
田舎に住んでるとマッチングアプリは役立たず!? 婚活女性が涙した悲劇4選
 マッチングアプリが普及してからは出会いの幅が一気に広がりましたよね。ですが、田舎ではあまり役に立たないようです。いった...
恋バナ調査隊 2024-06-27 06:00 ラブ
1年365日少年すぎる夫の操縦法 うちの旦那はピュアなの? おバカなの?
 結婚すると、女性はより現実的な思考になる人が多いのに比べて、男性はいつまでも夢を追いかけがち。時には、少年すぎる考えの...
恋バナ調査隊 2024-06-24 06:00 ラブ