なぜ恋人ができない? 非モテ女子脱却のためにすべきこと5つ

七海 ライター
更新日:2019-08-21 06:00
投稿日:2019-08-21 06:00
非モテ女子が見直すべきは…(写真:iStock)
非モテ女子が見直すべきは… (写真:iStock)

「恋愛なんて所詮はキラキラしてる女子の特権。地味で冴えない私にはそんな贅沢は起こらない……」

「自分はいわゆる女を捨てている『喪女』。男の人からかわいいと言われたことがない。でも、恋に興味がないわけじゃないし、可愛くなって人生で一度はモテてみたい」

 モテたい、可愛くなりたい、好きって言われたい……誰もが思っていますし、ツイッターでもため息混じりのツイートが散見されます。けれど、そもそもそれを口にしたり願うことすら「自分にはおこがましい」と思っている女性も。

 可愛くなりたい、モテたいという欲望を恥ずかしがったり、否定する必要するは全くありません。「可愛くなりたい」「誰かに見つけてほしい」そう願っている非モテ女子が見直して実行すべき5つのことをご紹介します。

1. 美容院に2カ月に一度は行く

時にはプロの手を借りてヘアケアを♪(写真:iStock)
時にはプロの手を借りてヘアケアを♪ (写真:iStock)

 あなたが最後に美容院に行ったのはいつですか? まさか半年以上経過してる……なんてことはありませんよね。

「イケメンやきれいな美容師さんにあれこれ話しかけられるのが苦痛だから、できれば行きたくないし、いつも適当に長さを揃えてもらうだけ。カット中は寝たふりをして過ごしている」

 なんてもったいない! 3000〜7000円払っているのに、ただお人形のように横たわっているだけじゃ、無料でカットモデルにでもなった方がましってものです。

 髪はプリン状態になっていませんか? 毛先は長さが整っていますか? 一度も染めたことがないその美しいバージンヘアも素敵ですが、茶髪やアッシュカラーの方が肌の色に合う可能性について考えたことはありますか?

 美容院に行って自分の輪郭に似合うカットにしてもらい、肌の色や目の色に合った髪色に染めてもらい、トリートメントで髪のツヤを取り戻す。1カ月に1回か2カ月に1回、定期的に通うだけでかなり印象は変わります。

 雰囲気美人の特徴は「髪の手入れが行き届いている」こと。顔の造形が与える印象をしのぐことさえあるんですから、髪にお金をかけてケアすることはとても大切です。

ラブ 新着一覧


自分では何ひとつ考えず…夫の“質問攻め”に嫌悪感を抱く妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-28 06:13 ラブ
女性から告白する最高のタイミング&成功に導く3つのコツ♡
 気になる男性ができた場合、女性から積極的に告白していいのか悩むところですよね。今回は、女性から告白する最高のタイミング...
恋バナ調査隊 2021-08-27 06:00 ラブ
彼氏の冷たい態度はわざとかも…? 隠れた男性心理&対処方法
  この間まで優しかったはずの彼氏が、急に冷たい態度になったら誰だって戸惑うものです。「嫌われたのかも……」と、不安にな...
恋バナ調査隊 2021-08-27 06:00 ラブ
好きだけど彼氏に会うのが気まずい…原因&5つの対処方法
 好きな人と付き合えたら、それですべてがうまくいくとは限りません。時には、「彼氏に会いたいけど、なんだか気まずい……」と...
恋バナ調査隊 2021-08-26 06:00 ラブ
嫌われないか不安…付き合っている人に好みを合わせるべき?
 好きな人の前では魅力的でありたいですよね。そのために、相手の好みに合わせるべきか否か、とても気になります。少し油断して...
若林杏樹 2021-08-25 06:00 ラブ
自分らしくいられる♡ 本当に相性がいい人の3つの見分け方
 恋愛や結婚で幸せを掴むために、「本当に相性がいい人を見つけたい!」と思う人は多いですよね。でも、実際のところ、どうやっ...
恋バナ調査隊 2021-08-25 06:24 ラブ
価値観が合う人がいない…! 本当に理想の結婚相手の探し方
 結婚相手を探しているのに、「価値観が合う人がなかなかいない」と悩んでいる人は多いですよね。実際に、結婚相談所などでも多...
恋バナ調査隊 2021-08-24 06:00 ラブ
昔の面影なし、格差に愕然…40代の同窓会恋愛あるある5選
 40代になって、かつての同級生たちから届いた同窓会のお知らせ。「初恋の相手は変わっていないかな♡」なんてドキドキしなが...
恋バナ調査隊 2021-08-24 06:00 ラブ
彼女がいるのに思わせぶりをする男性心理5つ&見抜くポイント
 男性からアプローチされるのは嬉しいものですが、相手が彼女持ちとなれば話は変わります。たとえ、自分が気になる男性だったと...
恋バナ調査隊 2021-08-23 06:00 ラブ
イケメン男性なのに彼女がいない5つの理由&落とすテクニック
 イケメン男性と出会った時、「カッコいい!」と思いつつも、「どうせ彼女がいるだろう」と諦めてしまう女性は多いでしょう。で...
恋バナ調査隊 2021-08-22 06:00 ラブ
彼女がいる人に恋をしてしまった…略奪愛の失敗例&対策法
 恋は、いつどんなことがきっかけで始まるか予測できないもの。中には、好きになった人に彼女がいた……なんて経験がある女性も...
恋バナ調査隊 2021-08-22 06:00 ラブ
これって運命かも♡付き合う予感を感じる瞬間&脈ありサイン
 告白をされたわけではないのに、「もしかしてこの人と付き合うかも?」と付き合う予感を感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-08-21 06:00 ラブ
夫婦で解決すべきことにまで…過干渉な義母に辟易とする夫
「冷酷と激情のあいだvol.52〜女性編〜」では、夫婦問題に無関心すぎる義母への不満を募らせる妻・Eさんの叫びをご紹介し...
並木まき 2021-08-21 05:43 ラブ
夫が“家事放棄宣言”でも…知らん顔の義母に不満を募らせる妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-21 05:45 ラブ
嫌悪感がピークに達し…不毛な結婚生活に終止符を打った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-08-20 06:00 ラブ
心惹かれちゃう♡ 恋愛上手な男性の特徴6つ&注意すること
 初デートの際、スマートなエスコートをしてくれる男性は魅力的に映るものです。しかし、それだけ恋愛経験、女性経験が多いとい...
恋バナ調査隊 2021-08-20 06:00 ラブ