妻バレ阻止に必死…浮気男が愛用しているLINEの便利機能3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-26 06:00
投稿日:2019-10-26 06:00
 LINEアプリには、便利な機能もたくさん。日常的に使うコミュニケーションツールだからこそ、自分好みの機能を愛用している人も多いですよね。他方、そんな便利な機能を駆使しつつ、必死で浮気バレを防いでいる“フトドキモノ”な男性も……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、浮気男ほど愛用しているLINEの便利機能に迫ります。

1:背景個別設定

背景を妻の顔のアップ写真に(C)コクハク
背景を妻の顔のアップ写真に (C)コクハク

「カミさんに送るLINEと浮気相手に送るLINEは、絶対に間違えるわけにいかないから、酔っ払ったときでも判別できるよう、妻のトーク画面は妻の顔のアップ写真にしています」(44歳男性)

「妻にはラブラブを装えるし、送信間違いを防げると一石二鳥なので、妻のトーク背景は、夫婦の結婚式写真。浮気相手のトークは、初期設定のままにしています」(34歳男性)

 LINEアプリには、個別にトークの背景を指定できる機能がありますが、これを駆使して“誤爆”を防ごうとしている浮気男も……。

 彼や夫が、自分の写真を背景に使っているからと言って安心できないのも実態かもしれません。

2:トークのピン固定

妻とのトークを一番上にピン固定(C)コクハク
妻とのトークを一番上にピン固定 (C)コクハク

「酔っ払って帰宅する前に、奥さんに送るLINEと浮気相手に送るLINEを間違えたことがあって……。それ以来、奥さんとのトークは一覧の一番上にくるようピン機能を使っています」(35歳男性)

「家族とのLINEをピンで固定してから、浮気相手に送るLINEと間違えなくなりました。固定の位置にトークがあるだけで、身体が覚えてくれるから、酒を飲んだあとでも誤送信せずに済んでいます」(49歳男性)

 こちらも誤爆を防ぎたい浮気男から人気の機能。確かに、位置が固定されていると、判断力が鈍っているときでも習慣でLINEできるため、誤送信は格段に減りそうです。

3:非表示+α

不倫相手とのトークは“非表示”に(C)コクハク
不倫相手とのトークは“非表示”に (C)コクハク

「不倫相手とのトークは、自宅に帰る直前に“非表示”にします。その前に、その子のLINE通知をオフにするのも欠かしません。毎回ブロックするのも面倒だし、とりあえず家にいるときにはこれでしのいでいます」(44歳男性)

「浮気相手のLINEが奥さんにバレないよう、以前はブロック機能を使っていたのですが、これだと設定中には、メッセージが届かないのが意外と不便で。

 それで最近は、まずは浮気相手のトークを非表示にしてから、全ての通知に“一定時間通知オフ”をすることにしました。

 自宅にいるときにくるLINEは、他の人からのものも緊急性が低いものが多いので、一切鳴らさなくしてからはスマホに触る時間も減り快適です」(47歳男性)

 トーク画面を“ブロック”ではなく“非表示”にすれば、再び表示された時に過去のトークが読めて、浮気男には便利なのでしょう。さらに別の機能との合わせ技により、妻に浮気を悟られないよう工夫しているようです。

まとめ

 浮気相手との連絡ツールとして、LINEを活用している男性も多いのが実情です。本来はもっとポジティブな目的で使われることを想定しているであろう機能の数々も、浮気男にとっては妻バレを防ぐための機能になってしまうようですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 季節は初夏、お出かけにはもってこいの季節ですが、今は我慢の時期ですね。多くの人は外に出たい気持ちをぐっとこらえて外出自...
ミクニシオリ 2020-05-20 13:56 ラブ
FILM
 あなたの周りには、彼氏の自慢話ばかりする女友達はいますか?正直言って、「彼氏の自慢ばかりで疲れる」と感じている人もいる...
FILM
 新型コロナウイルスの影響による外出自粛に伴い多くの人がリモートワークになりました。専業主婦、共働き、子どもがいるなど、...
田中絵音 2020-05-19 06:00 ラブ
FILM
 日本の国土の1/5もの面積を占める、北海道。そんな大きな土地で育った北海道女性は、強気でたくましい女性が多いと言われて...
FILM
 自宅で過ごす時間が増え、夫婦がともに過ごす時間が長くなると、ラブラブが増す人もいればその逆のパターンも……。悲劇的なこ...
並木まき 2020-05-18 06:00 ラブ
FILM
「Stay Home」で恋人に会えず、コミュニケーションに苦戦しているという人が増えています。いつもならLINEでのコミ...
ミクニシオリ 2020-05-17 06:00 ラブ
FILM
 メリさんの本をすべて愛読させていただいています。33歳婚活女子です。  婚活で知り合った男性から「“付き合った彼...
神崎メリ 2020-05-17 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。交際がスタートしても、なぜかモヤモヤして「幸せ~」と言い切れず不安が残る時っ...
山崎世美子 2020-05-16 23:51 ラブ
FILM
 好きな人ができた時、相性が合うかどうか気になる方は多いでしょう。とはいえ、一旦好きになってしまうと、つい相手の良い所ば...
恋バナ調査隊 2020-05-16 06:00 ラブ
FILM
 悲しみや憎しみ、罵倒や交渉……離婚は結婚以上に膨大なエネルギーを使うものです。無事に全て終わって離婚届を出した後も、そ...
七味さや 2020-05-15 06:00 ラブ
FILM
 日本最北にある都道府県、北海道。気になる男性が北海道出身だったら、どんな性格や特徴があるのかって気になりますよね。そこ...
FILM
 メシマズな人たちが作る手料理は、ちょっぴりユニーク。在宅時間が増え、自炊の機会が増えると、仰天メニューが生まれる頻度も...
並木まき 2020-05-14 09:17 ラブ
FILM
 今やいろいろな国が放送する恋愛リアリティーショー。韓国でナンバーワン人気といわれるのが『ハートシグナル』。日本でも放送...
内藤みか 2020-06-19 15:33 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 年齢や状況、価値観、育ってきた環境によっても結婚への思いは人それぞれ。しかし、男女...
恋バナ調査隊 2020-05-14 16:24 ラブ
FILM
 3月の発売と同時に、Nintendo Switch本体の価格を高騰させるまでに人気沸騰している「あつまれどうぶつの森」...
ミクニシオリ 2020-05-20 11:32 ラブ
FILM
 あなたは、男性に嘘をつかれた経験がありますか? 嘘は小さなものから大きなものまでさまざまですが、中には、隠すようなこと...
リタ・トーコ 2020-05-12 06:00 ラブ