結婚しても“垢抜け主婦”でいられるアラフォー女性の特徴3つ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-11-15 06:00
投稿日:2019-11-15 06:00
「結婚すると、地味になるよね」――。そんな風に言う人はたくさんいます。男性に限らず、結婚せずに働き続ける女性もそう言うかもしれません。一般的に女性は年齢で価値を測られがちです。30歳で曲がり角、じゃあ40歳は?
 年齢に縛られず、魅力的な女性も世の中にいます。出版業界周りで働く筆者ですが、年齢より若く見える美しい既婚女性はたくさんいます。結婚して子育てをしていても、美しく垢抜けたままでいられる女性とはどんな人たちでしょうか?

1. アラフォーでも現役でSNSを使っている人

 例えばInstagramにいる“主婦スタグラマー”は美しい女性が多いですよね。年齢と共にSNSのチェックが面倒・どうでもいいものになってきてしまう人も多いと思いますが、垢抜けている既婚女性たちはSNSをしっかり使いこなしている人が多いです。
 
 例えば、日常食べるものや購入した新しいアイテムなども、SNSに投稿しようと思えば愛着が湧きます。自身をSNSにアップしようという意識があれば、「太りたくない」「より美しく見せたい」という美意識も向上します。

 インスタグラマーのように投稿に命をかけたり、ティーンのように知らない人と絡んだりはしないにしろ、SNSは最新トレンドの宝庫ですから、しっかり日々チェックして流行を掴むだけでも、垢抜けて見える服装や持ち物の参考をキャッチアップできます。

 垢抜けのためには、今年流行の丈感やアイテム、素材などをしっかり押さえておくことが大事です。

2. 少額でも自分の稼ぎ先がある人

 自分で自由に使えるお金がない人は、なかなか垢抜け続けることは難しいかもしれません。

 結婚して専業主婦として家事をしている立場だと、旦那さんの稼ぎで自由に美容やファッションにお金を費やすワケにはいかない人も多いでしょう。

 ですから、少額でもいいので自分で稼げる方法を持っている、というのも重要です。

 結婚した後も外で働き続ける人は他人に会う機会も多いですし、見た目に気を使う人が多く、専業で家事をする人よりもしゃきっとして見えます。

 子育てなどの関係で共働きをしっかり出来ない人もいるかと思いますが、パートタイムの給料や在宅でできるポイントサイト、ハンドメイドグッズの販売、アフィリエイトなど、自分が自由に使えるお小遣いを持つことで自己投資が気持ちよくできると思います。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

ライフスタイル 新着一覧


【難解女ことば】「湯湯婆」パソコンで変換できないかも…なんて読む?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
ぐはっ!金欠で焼き肉のお誘い…ギクシャクも翌日リスケも回避する断り方
 金欠の時、友達から飲みや遊びの誘いが入ると、どうやって断るか悩んでしまう人は多いはず。  断り方によっては、人間...
資格勉強中の彼。ウザイも既読スルーも回避!気遣い上級国民のLINEテク
 せっかくLINEを送ったのに、相手から返信が来ないと不安になりますよね。特に、LINEに気づいているのに既読スルーだっ...
脱力と見せかけて宇宙と交信中?くねくねコロンな“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
義母と喧嘩したら仲直りは?顔見ずLINEで「韓ドラで仲良くなりたい」
 義母と喧嘩してしまうと、とても気まずいですよね。  特に子供がいる家庭では、祖母としてこれからも付き合いが続くで...
何じゃコレー!モクモクの正体は開運の木「スモークツリー」♂♀どっち?
 GWが過ぎた5月中旬あたりから毎日無言の“圧”をかけ、見つめております。我が家のほっぽらかし園芸に植えられたアノ樹木を...
嘘吐きピンクローター
「知ったかぶり」という言葉がある。実際は知らないのに、知っているようなフリをすることだ。  知らなかったことを恥ず...
LINEで退職届は“フツーにある”と聞いてたが…辞めるの簡単すぎじゃね?
「退職する場合は1カ月前までに申し出ること」などと、会社ごとにルールが設けられている場合が多いですよね。でも最近は「今日...
友達褒めるはずが「シェイシェイのワンピ可愛い」で自滅…知ったか、恥っ
 人間誰しも知ったかぶりをしてしまった経験があるはず。知ったかぶりでその場を乗り切れるならいいものの、中にはボロが出て顔...
控えめな家族葬が200万ってマジ? 祖母急死で痛感!葬儀業者の“こっそり上乗せ”テク
 幼い頃に両親が離婚し母方の実家で暮らすことになりました。そんな筆者を優しく迎えてくれた祖母が2023年の11月に他界。...
2024-07-02 16:36 ライフスタイル
「楽しく暮らしています」“たまたま”が遠く離れた母上に一筆啓上
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
幸せの価値、そして――。
 家族親子恋人たちお年寄りも若者も桜に埋もれて過ごす時、人は皆幸せそうだ。  季節はもうすぐ梅雨――。
ほっこり癒し漫画/第74回「ヘルプみーこ」(中編)
【連載第74回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
今さら聞きにくい? 英語の新敬称「Mx.」や「X」って何
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
夫の胸ポケからキャバ名刺→子の刻に家出!?いいから落ち着けが止まらない
 LINEの文面だけでも、意外と「焦ってる」「取り乱してる」と分かるものですよね。今回は、そんな慌ただしいLINEを3つ...
すげえ!BoA完コピおじいに喝采。スナック常連の濃ゆいエピソード3選
 みなさんの職場には癒しキャラはいますか? スナックで働いているといろんな人を見るのですが、癒しキャラもとっても多いんで...