冬太りの原因&運動せずにできる対策4選! 今年こそ太らない

コクハク編集部
更新日:2020-01-11 06:50
投稿日:2019-10-26 06:00
「食べる量は変わらないのに、冬になるとなぜか太ってしまう……」、そんな“冬太り”は、多くの女性の悩みではないでしょうか? 実は、四季の中でも冬は一番太りやすい時期! でも、そんな冬太りに効果的な対策を用意しました! ぜひ、参考にしてみてくださいね。

冬になるとなぜ太る? 冬太りが起こる3つの原因

どうしても外出するのが億劫に(写真:iStock)
どうしても外出するのが億劫に (写真:iStock)

 まずは、“冬太り”が起こる原因をチェックしていきましょう。

体の冷え

「冷え」が健康や美容の大敵! というのは、多くの女性がご存知でしょう。特に外気が寒い冬は、体が冷えやすい季節。体が冷えると、血行不良が起こりやすくなります。すると、老廃物や毒素が体外に上手に排出されにくいため、代謝が低下。痩せにくい体質になってしまいます。

運動不足

 冬は寒くて面倒だからと、どうしても外出するのが億劫になってしまいますよね。しかし、活動しなければ、カロリーは消費されません。食事量を変えていないのに、どうしても体重が増えてしまいがち……という方は、運動不足で冬太りしている可能性が高いでしょう。

暴飲暴食

 冬にはハロウィン、クリスマス、忘年会……など、楽しいイベントが盛り沢山です。普段よりもごちそうを食べる機会が多くなり、どうしても暴飲暴食をしてしまいがち。また、冬の食事は味付けが濃いものや高カロリーなものが多いため、ただ太るだけではなく、むくみなどが起こりやすくなります。

【あわせて読みたい】30代で痩せなくなった…ダイエットでしてはいけないこと!

冬太りをしないためには? 運動せずにできる対策4選!

普段から体を冷やさない生活習慣を(写真:iStock)
普段から体を冷やさない生活習慣を (写真:iStock)

 ダイエットをする上で、運動を行うのはもちろん効果的。でも、普段から運動不足の方にとって「運動をする」という行為はハードルが高いというのが現状ではないでしょうか?

 でも、諦めるのはまだ早い! 運動なしでも効く対策を知って、今年こそ冬太りを撃退しましょう!

1. 冷えを徹底的に予防する

 人は体温が1度低下するだけで、基礎代謝量が15%程度低下すると言われています。つまり、体温を高く保つことが、痩せの秘訣とも言えるのです。

【冷やさない生活習慣】

・温かい食べ物や飲み物を摂取する
・湯船に浸かる
・レッグ&アームウォーマー、腹巻で体を温める

 冷え性は頭痛や肩こりなど、さまざまな体の不調にも繋がります。代謝アップのためだけではなく、普段から冷やさない生活習慣を心がけるようにしましょう。

2. 高カロリーな食べ物・飲み物を控える

 忘年会などの席では、できるだけ揚げ物やスイーツなどの高カロリーなものを控えることもポイントです。どうしても食べたい方は、野菜や豆腐などのカロリーが低いものでお腹を満たしてから食べるなど、食べ過ぎない工夫をするのもおすすめ。

 また、お酒が好きな方も要注意!たいしておつまみを食べなかったとしても、ビールや日本酒などのカロリーが高いお酒をガブガブ飲んでしまっては意味がありません。比較的カロリーが低いお酒としてウィスキーや焼酎などの蒸留酒が有名ですが、アルコール度数が高いため飲み過ぎにも気をつけましょう。

3. 食べすぎた次の日はファスティングを行う

 食べ過ぎた次の日は、ファスティングを行うのも1つの対策です。「プチ断食」とも言われていますが、水や酵素ドリンクなどの飲み物だけで一定期間を過ごすダイエット方法として有名ですね。

 ファスティングが冬太り対策としておすすめなのは、胃腸を休めさせることができるというのも1つの理由。暴飲暴食が続く胃腸は疲れてしまい、胃もたれや胃痛などを引き起こすほか、体内の毒素排出を滞らせてしまう可能性もあります。定期的にファスティングを取り入れることで、体の機能を回復させて痩せやすい体を作ることができるため、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

【あわせて読みたい】1日でもOK♡ファスティングダイエットを成功させるやり方!

4. 毎日体重を測る

「最近太ったかも……」と感じた時、体重計に乗りたくない気持ちは分かります。しかし、そんな時こそ現実から目を背けてはダメ。毎日体重を測って自分の体を管理するのも、体型維持のためには大切なことなのです。

 体重を測るのは、できれば朝のトイレ後のタイミングがベスト。毎日測ることで、体重の変化が顕著に見えるため、食事をセーブしたり、一駅分多く歩いてみたり、など、自分の体型維持に関してのモチベーションをアップさせることができますよ。

冬太りはさせない! 一年中見せられる体作りを♡

誘惑だらけでも体型キープは怠らない!(写真:iStock)
誘惑だらけでも体型キープは怠らない! (写真:iStock)

 冬になると肌の露出が減るため、「誰にも見せないからいっか!」なんて体型管理を怠ってしまう方は多いでしょう。これこそ、夏前になるとダイエットが流行り出す理由とも言えますね。

 でも、年を重ねるごとに基礎代謝量は低下していくため、だんだんと痩せにくい体になってしまうことを忘れてはいけません。とにかく大切なのは、自分にとって理想の体型を維持すること! ぜひ、冬太りを徹底予防して、一年中見せられる体作りを始めてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ヘアオイルがベタつくのはなぜ?原因&ベタついた時の対処法
 最近は、髪が濡れたようなウェットスタイルで仕上げるのが流やっているため、ヘアオイルを使う人が増えています。でも、ヘアオ...
ガードルって履くべき? 5つの必要性&よくある疑問を解消!
 若い頃は「ガードルなんて必要ない!」と、思っていた人が多いでしょう。しかし、年齢とともに体は変わるもの。変化してきた体...
プチプラ優秀コスメで時短美容!「肌悩み別」おすすめ3品
 季節の変わり目、マスク生活、高い湿度に強い紫外線……など、肌不調のもととなるようなストレスを感じやすい今は、スキンケア...
日本人の平均は“7頭身”って本当? 測り方&小顔に見せる方法
 スタイルの良いモデルさんを見て、「何頭身なんだろう!?」なんて会話をしたことがある人は多いでしょう。でも、意外にこの「...
実は男ウケ最悪…男性が嫌いな女性のファッション&注意点
 女性の間では流行っているファッションでも、男性には「下品」「ダサい」「軽そう」なんて思われていることがあるようです。そ...
マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...