産後「勝手に痩せる」は嘘! 1年で-17kgを叶えた4つのコツ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-11-13 06:00
投稿日:2019-11-13 06:00
 ママ友との会話で必ず出てくるのが、「体重が戻らなくて……」という話題。一児のママである私ですが、出産後に-17kg痩せ、奇跡的に元の体重から-2kgをキープしています。余すとこなくママ友に披露しているこのズボラダイエット話、ぜひ共有させてください。

妊娠中に+15kg増えても「勝手に痩せる」を信じていた私

出産すれば勝手に痩せるわけじゃなかった(写真:iStock)
出産すれば勝手に痩せるわけじゃなかった (写真:iStock)

 友人が「20kg太ったけど、すぐ戻ったよ〜」と言っていたのを信じて、妊娠中は一切体重を気にしなかった私。産婦人科の先生に怒られつつ、増え続けた体重は+15kg。とにかく「産んだら勝手に痩せる」と思い込んでいました。

産後「勝手に痩せる」のは-8kgまで

 産後は確かに痩せました。母乳育児だったこともあると思いますが、産後2カ月で-8kg。授乳中にはお腹が空くし、喉も乾きます。この時にも、何も気にせず飲み食いしていました。それなのに、体重は面白いように減っていきます。

 このまま痩せるものだとばかり思っていたのに……。(笑)

残り7kgは意識しなければ痩せない

 産後3カ月に差し掛かった頃、体重が減らなくなったことに気が付きました。それでも、“ここからはゆっくり痩せるんでしょ?”と、淡く希望を抱いていたんです。

 そのまま産後5カ月が過ぎ、離乳食が始まる頃、「勝手に痩せない」という事実にようやく直面!結局、残り7kgは意識しないと痩せませんでした。周りのママ友も、「あと◯kgが戻らないのよ」と、よく言っていますが。

 一般的に「妊娠中の体重増加は+8kgまでがベスト」と言われていますが、理にかなっているなぁ、と思った次第です。

ストレスなく1年で-15kg! 産後に体重を戻す4つのコツ

先に済ませてしまうのもアリ(写真:iStock)
先に済ませてしまうのもアリ (写真:iStock)

 ダイエットでよく言われるメソッド、「運動・半身浴・食事制限・規則正しい生活習慣を行う」。こんなこと毎日やっていたら、痩せるに決まっています。

 でも、そんな時間が取れないのが「ママ」。育児で忙しい時期は何年も続くんですから。いかにストレスなく努力せずに痩せるか、これが重要。一般的なダイエットなんて一旦忘れて、ズボラダイエットを見てみてくださいね。

1. おしゃれをして外出をする

 産後、ほとんどワンオペ生活だった私。乳児期の息子といつでも2人きりで、人と接さないこと、外出をさっとできなくなったことが一番辛かったような気がします。

 息子が3カ月を過ぎ、徐々に外出できる時間が増えてきた頃。おしゃれをして外出をすることにハマりました。といっても特別なことではありません。誰かとばったり会っても恥ずかしくないような服とメイクで出かけるだけ。

 ベビーカーでお散歩をするだけなのに、ハイヒールを履いて出かけたりもしました。背筋がすっと伸びるような、そんな気がしたのを覚えています。

 誰に見せるわけでもないおしゃれは、自分のため。おしゃれをすると妊娠前の洋服が入らないことにも気づけますし、痩せようという気にもなるもの。“痩せたいという意識を持つ”、これが産後ダイエットの一番大切な要素なのかも?と、思います。

2. 毎日体重計に乗る

 したくないけど毎日していたこと、それが体重計に乗ること。朝晩、息子を抱っこして体重計に乗り、自分の体重を引いて息子の育児ノートを付けていた一環で、毎日嫌でも自分の体重を思い知らされていました。

 ただ単純に、「あと◯kg戻そう」と思えたのは良かったですね。ちなみにこれは、今でも続けています。体重が増えたら1〜2食を軽く済ませるようにすると、すぐに元の体重に戻りますよ。

3. 子どものご飯を先に済ませる

 産後太りをする原因の1つに、子どもの残した食事を食べてしまうということがあると思います。私は息子1人ですが、子どもの数が増えれば増えるほど、そのリスクは高まるでしょう。

 子どもの食事量は本当に読めません! 食べている途中で機嫌が悪くなったり、寝てしまうこともありますよね。だから、まずは子どものご飯を先に済ませてしまうのです。子どもの食べ残しを食べて、それでもお腹が空いていたら足りない分だけ食べれば良いのです。

 今でもよくやっているのが、お子様セットの残りをおつまみにお酒を飲むこと。(笑)プラス小鉢とか? ほろ酔えるし、ちょうど良いです。授乳が終わったお酒好きのママには、ぜひおすすめ。

4. 1日3食のご飯にこだわらない

 育児中のママは子どものために、1日3食の食事を用意をします。そして、用意をすると、ついつい一緒に食べなければならない気持ちになってしまう方は多いはず。

 でも、乳幼児を抱えるママはみんな不規則。眠りたい時に寝ている方なんていません。生活習慣は乱れるもの。だから、1日3食食べなければならない、という訳ではないと思うんです。

 当たり前ですが、人はカロリーを取るから太るんです。無理に食べる必要はないというのが、私の考え。だから、本当にお腹が空いた時にだけ、食べたいものを適量食べましょう。「食べ過ぎた!」というところまで食べるのはダメ。「ちょうど良い量」を意識するだけで、不思議とストレスなく痩せられます。ただし、栄養バランスには気を付けるようにすることも大切ですよ。

大切なのは「どんな自分でいたいか」を追求すること

あなたにとってのベストな自分は?(写真:iStock)
あなたにとってのベストな自分は? (写真:iStock)

 あるデータによると、産後に元の体重に戻っている人は全体の半数なんだとか。もちろん、太ってしまうことが悪いことではありません。肝っ玉母さん!というような、どーんとしているのも良いと思うのです。

 ただ、子どもの有無に関わらず、女性は痩せると新しい洋服を買ってみようという気にもなりますし、メイクが楽しくなります。おしゃれが楽しいとウキウキとして、ポジティブにもなれます。

 子どもメインのこの時期だからこそ、「どんな自分でいたいか」を追求することが大切ではないでしょうか?それが「痩せている自分」だとしたら、少し頑張ってみることで毎日にハリが出るはず。ぜひ、ママだからこそ諦めずに、ベストな自分を保ってくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 ムダ毛の処理方法にはさまざまな方法がありますが、その中でもカミソリを使った処理は手軽な方法のひとつ。カミソリはリーズナ...
FILM
 皮脂や汗で、メイクがドロドロに崩れやすい夏。特にマスクをつけた日には、ムレや擦れも起こるため、朝のメイクを保つのは至難...
FILM
 美しい理想的な髪を目指し、シャンプー選びやトリートメントに気を使っている人も多いでしょう。しかし、美髪にはブラッシング...
FILM
 せっかく髪型を変えるのであれば、男性から「可愛い」と思われたいですよね。どんなに同性から評判が良かったり、自分では気に...
FILM
 美容記事やランキングなどで常連のヘアケアアイテムは、人気なだけあって本当に髪が生き返ります! 髪がキレイだと健康的に見...
FILM
 夏になると、顔や手足に日焼け止めを念入りに塗っている人も多いでしょう。でも、忘れてしまいがちなのが、髪へのUV対策! ...
FILM
 コロナが始まってから、すっかり定着したマスク生活。息苦しさなどの不便はあれど、顔が隠れることで「ノーメイクでも平気」「...
FILM
 女性だったら「男性からモテる理想の体重になりたい」と、一度は思ったことがあるもの。しかし、モテ体重は男性目線と女性目線...
FILM
「シャンプー後にリンスやコンディショナーをつける」というのは、もはや常識ですね。でも、リンスとコンディショナーの違いを知...
FILM
 せっかくニキビが治ったのに、しつこく残ってしまうニキビ跡。本当はナチュラルメイクをしたいのに、ニキビ跡に合わせてついつ...
FILM
 コロナ対策のため、頻繁に手洗いをするようになった最近。どのお店の入り口にもアルコール除菌アイテムが置いてあり、手指消毒...
FILM
 女性にとって、メイク崩れは厄介な悩みのひとつ。せっかく時間をかけてメイクしたのに数時間後に崩れてしまう……あるあるです...
FILM
 人間誰しも、何かしらのストレスに悩まされていることでしょう。そんなストレスから過食になる人も多く、「ストレス太り」で、...
FILM
「キャンメイク」「セザンヌ」「ダイアン」は、ドラッグストアで買える大人気プチプラブランド。毎シーズンの新作には、デパコス...
FILM
 マスク生活が続く今、日々のメイクを見直している女性も多いですよね。リモートワークやちょっとした外出ではメイクをしっかり...
FILM
 パウダーファンデーションをうっかり落として粉々に……コスメあるあるではないでしょうか? でも、がっかりするのはまだ早い...