産後「勝手に痩せる」は嘘! 1年で-17kgを叶えた4つのコツ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-11-13 06:00
投稿日:2019-11-13 06:00
 ママ友との会話で必ず出てくるのが、「体重が戻らなくて……」という話題。一児のママである私ですが、出産後に-17kg痩せ、奇跡的に元の体重から-2kgをキープしています。余すとこなくママ友に披露しているこのズボラダイエット話、ぜひ共有させてください。

妊娠中に+15kg増えても「勝手に痩せる」を信じていた私

出産すれば勝手に痩せるわけじゃなかった(写真:iStock)
出産すれば勝手に痩せるわけじゃなかった (写真:iStock)

 友人が「20kg太ったけど、すぐ戻ったよ〜」と言っていたのを信じて、妊娠中は一切体重を気にしなかった私。産婦人科の先生に怒られつつ、増え続けた体重は+15kg。とにかく「産んだら勝手に痩せる」と思い込んでいました。

産後「勝手に痩せる」のは-8kgまで

 産後は確かに痩せました。母乳育児だったこともあると思いますが、産後2カ月で-8kg。授乳中にはお腹が空くし、喉も乾きます。この時にも、何も気にせず飲み食いしていました。それなのに、体重は面白いように減っていきます。

 このまま痩せるものだとばかり思っていたのに……。(笑)

残り7kgは意識しなければ痩せない

 産後3カ月に差し掛かった頃、体重が減らなくなったことに気が付きました。それでも、“ここからはゆっくり痩せるんでしょ?”と、淡く希望を抱いていたんです。

 そのまま産後5カ月が過ぎ、離乳食が始まる頃、「勝手に痩せない」という事実にようやく直面!結局、残り7kgは意識しないと痩せませんでした。周りのママ友も、「あと◯kgが戻らないのよ」と、よく言っていますが。

 一般的に「妊娠中の体重増加は+8kgまでがベスト」と言われていますが、理にかなっているなぁ、と思った次第です。

ストレスなく1年で-15kg! 産後に体重を戻す4つのコツ

先に済ませてしまうのもアリ(写真:iStock)
先に済ませてしまうのもアリ (写真:iStock)

 ダイエットでよく言われるメソッド、「運動・半身浴・食事制限・規則正しい生活習慣を行う」。こんなこと毎日やっていたら、痩せるに決まっています。

 でも、そんな時間が取れないのが「ママ」。育児で忙しい時期は何年も続くんですから。いかにストレスなく努力せずに痩せるか、これが重要。一般的なダイエットなんて一旦忘れて、ズボラダイエットを見てみてくださいね。

1. おしゃれをして外出をする

 産後、ほとんどワンオペ生活だった私。乳児期の息子といつでも2人きりで、人と接さないこと、外出をさっとできなくなったことが一番辛かったような気がします。

 息子が3カ月を過ぎ、徐々に外出できる時間が増えてきた頃。おしゃれをして外出をすることにハマりました。といっても特別なことではありません。誰かとばったり会っても恥ずかしくないような服とメイクで出かけるだけ。

 ベビーカーでお散歩をするだけなのに、ハイヒールを履いて出かけたりもしました。背筋がすっと伸びるような、そんな気がしたのを覚えています。

 誰に見せるわけでもないおしゃれは、自分のため。おしゃれをすると妊娠前の洋服が入らないことにも気づけますし、痩せようという気にもなるもの。“痩せたいという意識を持つ”、これが産後ダイエットの一番大切な要素なのかも?と、思います。

2. 毎日体重計に乗る

 したくないけど毎日していたこと、それが体重計に乗ること。朝晩、息子を抱っこして体重計に乗り、自分の体重を引いて息子の育児ノートを付けていた一環で、毎日嫌でも自分の体重を思い知らされていました。

 ただ単純に、「あと◯kg戻そう」と思えたのは良かったですね。ちなみにこれは、今でも続けています。体重が増えたら1〜2食を軽く済ませるようにすると、すぐに元の体重に戻りますよ。

3. 子どものご飯を先に済ませる

 産後太りをする原因の1つに、子どもの残した食事を食べてしまうということがあると思います。私は息子1人ですが、子どもの数が増えれば増えるほど、そのリスクは高まるでしょう。

 子どもの食事量は本当に読めません! 食べている途中で機嫌が悪くなったり、寝てしまうこともありますよね。だから、まずは子どものご飯を先に済ませてしまうのです。子どもの食べ残しを食べて、それでもお腹が空いていたら足りない分だけ食べれば良いのです。

 今でもよくやっているのが、お子様セットの残りをおつまみにお酒を飲むこと。(笑)プラス小鉢とか? ほろ酔えるし、ちょうど良いです。授乳が終わったお酒好きのママには、ぜひおすすめ。

4. 1日3食のご飯にこだわらない

 育児中のママは子どものために、1日3食の食事を用意をします。そして、用意をすると、ついつい一緒に食べなければならない気持ちになってしまう方は多いはず。

 でも、乳幼児を抱えるママはみんな不規則。眠りたい時に寝ている方なんていません。生活習慣は乱れるもの。だから、1日3食食べなければならない、という訳ではないと思うんです。

 当たり前ですが、人はカロリーを取るから太るんです。無理に食べる必要はないというのが、私の考え。だから、本当にお腹が空いた時にだけ、食べたいものを適量食べましょう。「食べ過ぎた!」というところまで食べるのはダメ。「ちょうど良い量」を意識するだけで、不思議とストレスなく痩せられます。ただし、栄養バランスには気を付けるようにすることも大切ですよ。

大切なのは「どんな自分でいたいか」を追求すること

あなたにとってのベストな自分は?(写真:iStock)
あなたにとってのベストな自分は? (写真:iStock)

 あるデータによると、産後に元の体重に戻っている人は全体の半数なんだとか。もちろん、太ってしまうことが悪いことではありません。肝っ玉母さん!というような、どーんとしているのも良いと思うのです。

 ただ、子どもの有無に関わらず、女性は痩せると新しい洋服を買ってみようという気にもなりますし、メイクが楽しくなります。おしゃれが楽しいとウキウキとして、ポジティブにもなれます。

 子どもメインのこの時期だからこそ、「どんな自分でいたいか」を追求することが大切ではないでしょうか?それが「痩せている自分」だとしたら、少し頑張ってみることで毎日にハリが出るはず。ぜひ、ママだからこそ諦めずに、ベストな自分を保ってくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 生活に身近なショッピングモール「イオン」のプライベートブランド(以下:PB)トップバリュには、ハイレベルでコスパのいい...
FILM
 ブラウンリップは、メイク上級者が使うイメージだったり、くすまないか不安になったりと、失敗を恐れて挑戦できずにいる人も多...
FILM
 花粉症や風邪予防だけではなく、すっぴんを隠したい時、人付き合いが面倒な時になど、マスクはさまざまなシーンで役立ちますね...
FILM
 冬場は栄養が偏りがちになる時期。特に外食が多いとバランスの良い食事を摂ることも難しく、お肌や体調にプチ不調が出やすくな...
FILM
「韓国でプチ整形しちゃった!」  一重とはオサラバ、これで可愛くなれるぞ! とウキウキする一方、面倒なのが職場や友...
七海 2020-01-19 06:37 ビューティー
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。実は私、お隣・韓国のソウルに猫の額ほどのオフィスを構えています。人間観察分析...
FILM
「メイクを昔から変えてないんだけど、最近老けて見える気がする……」  もしかしたらあなたのメイクには若々しさをプラスす...
七海 2020-01-17 06:00 ビューティー
FILM
 かかとケアの一環として、角質を削っている人は多いかも。でも、実は、安易にかかとを削ってしまうと、ガサガサかかとをさらに...
FILM
 新年を迎えて少したつと、気になるのは春のトレンド。今の時期に春っぽさを先取りするなら、キーワードは“桜”がおすすめです...
FILM
 美人の条件、と言われて思いつくポイントは何がありますか? 目が大きい、肌がツルツル、鼻が高い……そして真っ白に輝くキレ...
七海 2020-01-15 06:00 ビューティー
FILM
 血色をよく見せてぱっと顔を明るくしてくれるチークは、大人女性の強い味方。でも、若い頃からずっと同じチークカラー、同じ入...
FILM
 最近は安くてかわいいメガネが多いですよね。ところで、メガネのデザインはどんなふうに選んでいますか? まさか適当! なん...
七海 2020-01-13 06:00 ビューティー
FILM
 新年を迎え「今年こそはいい恋愛をしたい!」と、モテを狙って新しいメイクに挑戦する女子もいるのではないでしょうか。しかし...
FILM
 デートやお呼ばれの日には、洋服だけドレスアップしても、メイクは普段のまま……とういう方もいらっしゃるのではないでしょう...
FILM
 肌の乾燥が特に気になる冬は、顔も体も保湿を入念に行い、常にモテ肌でいたいですよね。入浴剤はお風呂で温まりながら保湿ケア...
FILM
「気づけばなんだかまつ毛が短くなっている」「メイクオフの時によく抜ける」、そんな悩みはありませんか? 髪の毛と違ってまつ...