「ホタルイカの生姜醤油煮と天ぷら」春の味覚を2つの料理に

コクハク編集部
更新日:2020-05-06 06:00
投稿日:2020-05-06 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学の居酒屋「件」の川辺輝明さんに、純米酒と合わせたい「ホタルイカの生姜醤油煮と天ぷら」のレシピを教えていただきました。

「ぜひ富山県産で作って」

合う酒=純米酒(C)コクハク
合う酒=純米酒 (C)コクハク

 夜明け前の富山湾にキラキラと揺れ動く青白い光の数々。そんな幻想的なホタルイカ漁は、春の風物詩です。とはいえ、水揚げ量では兵庫県の方が上回っていて、スーパーで手頃な価格で出回っているのも圧倒的に兵庫県産。

「でも、胴の太り具合といい、味噌の充実度といい、富山県産のほうが格段に上。味噌こそがホタルイカの醍醐味なので、多少値は張りますが、ぜひ富山県産で作ってください」

 ボイルしたホタルイカのつまみといえば、酢味噌和えがいちばん手軽ですが、川辺さんは甘辛味の煮ものと天ぷらに。

「ホタルイカは一度さっと煮たほうが生臭さがなくなって、よりおいしくなると思います。生姜をたっぷり入れるのがポイントですね。天ぷらにするときは、胴体が破裂して油がはねることもあるので注意してください」

 生姜醤油煮は味噌のうま味が凝縮し、濃厚な味わい。芳醇なタイプの純米酒を口に含めば、うま味がぐいぐい広がっていきます。天ぷらはサクッとした衣とプリッとした食感のコントラストが絶妙。油を切ってくれる酸のある純米酒を合わせれば、天ぷら→お酒→天ぷら→お酒の無限ループ状態に。

生姜醤油煮【材料】

・ホタルイカ(ボイルしたもの) 適量
・A(だし160ミリリットル、濃い口醤油、みりん各20ミリリットル、生姜2片分)

生姜醤油煮【レシピ】

1. ホタルイカは目とくちばし、軟骨を取る。生姜は千切りにする。
2. 鍋にAの材料を合わせて火にかけ、沸騰したら1を入れて煮る。ひと煮立ちしたらアクを取り、3~4分煮て火を止め、そのまま冷ます。

天ぷら【材料】

・ホタルイカ(ボイルしたもの) 適量
・天ぷら粉 大さじ3
・青のり 小さじ1
・水 大さじ4
・揚げ油 適量

天ぷら【レシピ】

1. ホタルイカは目とくちばしと軟骨を取り、キッチンペーパーで水けを取る。
2. ボウルに天ぷら粉、青のり、冷たい水を入れてよく混ぜ合わせる。
3. 天ぷら粉(分量外)を1に軽くはたいて2にくぐらせ、180度に熱した揚げ油で揚げる。浮いてきたらすぐに引き上げる。

本日のダンツマ達人…川辺輝明さん

▽かわべ・てるあき
 1974年、東京都生まれ。高校卒業後、専門学校を経て、ワーキングホリデーなどで3年ほど海外へ。帰国後、数軒の飲食店で修業をし、三軒茶屋の日本酒居酒屋「赤鬼」から2004年に独立。学芸大学に「件」をオープン。

▽くだん
 東急東横線沿線では横浜に次いで飲食店が多いといわれる激戦区・学芸大学駅前で愛され続けて14年。こだわりの日本酒は定番が40種類で、酒蔵とのコラボによるプライベートブランドもあり。名物は天然素材のみでとったダシで炊いたおでん。東京都目黒区鷹番3―7―4。

(日刊ゲンダイ2018年4月27日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「レンコンの南蛮漬け」たっぷり片栗粉は美味しさのひと手間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
ピリッ!と刺激的な大人の卵焼き「青唐辛子のオムレツ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「牡蠣のコンフィとパクチー」香草と和えるとワインに合う
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
「万願寺唐辛子 じゃこ炒り」熱々のご飯に混ぜても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
「クリームチーズ 金山寺味噌和え」たった1分で作れるお手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
ふぅふぅ!冬のおうちパーティーでメインになる大皿グラタン!
 おうち時間を過ごす機会がさらに増えそうなこの年末。そこで今回は、冬に食べたくなるおいしいグラタンをご紹介します! パー...
ぐっち夫婦 2020-12-21 01:21 フード
「サバ缶煮込みジンジャーカレー」鍋に入れて煮るだけ簡単!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷区神宮前の南インド料理店「エリックサウ...
「タンドリー風フライパンチキン」2度目は好きなスパイスで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷区神宮前の南インド料理店「エリックサウ...
「あっという間の黒胡椒チキンカレー」赤ワインと相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷区神宮前の南インド料理店「エリックサウ...
すりこぎで叩きまくる! ほろほろ食感の「水ダコ柔らか煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「さんまのプッタネスカ」香りも見た目も食欲そそる旨パスタ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
「イベリコ豚のタンシチュー」独特のゴリゴリ食感がポイント
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
「ヤリイカと長芋のアヒージョ」熱いものは熱いうちに食す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
健康志向の人に作ってほしい「豆腐と牛ほほ肉のロースト」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
「ジャガイモのにんにく和え」これぞ自家製のポテサラです
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
「糸ウリと焼きナスのひたし」2種類のダシで生まれる味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...