男性からOKをもらえるデートの誘い方のポイント&注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-29 06:00
投稿日:2020-05-29 06:00
 あなたは、男性をデートに誘ったことがありますか? 気になる男性がいるのに、何も行動できない女性は多いでしょう。しかし、何もしなければこの恋は片思いのまま終わってしまうかもしれません。せっかく気になる男性が現れたのであれば、自分からアプローチしてみませんか? そこで今回は、デートの誘い方のポイントや注意点をご紹介します。

男性からOKをもらうには?デートの誘い方のポイント6選

彼の好みに合わせれば自然に誘える(写真:iStock)
彼の好みに合わせれば自然に誘える (写真:iStock)

 気になる男性ができた時、自分から誘えずに彼からの誘いを待っている人も多いでしょう。しかし、彼が動かない場合、このままでは何も進展しません。女性からアプローチするというのは勇気がいることですが、思い切ってデートに誘ってみませんか? OKしてもらいやすい、デートの誘い方のポイントを見ていきましょう。

1. 理由をつけて誘う

 突然、「デートしてください」と言われたら、引いてしまう人は多いでしょう。そのため、デートに誘う際には「今日、ご飯行かない?」など、理由をつけて誘うことがポイント。何も思っていない相手だったとしても、ご飯という理由があれば構えずに気軽にOKしてくれる可能性が高いです。

2. 回りくどい言い方はやめて、簡潔に伝える

 女性からアプローチする場合、「慣れていない」「照れがある」といった理由から、ついつい遠回しにデートの誘いをしてしまう人もいます。

 しかし、男性は鈍感な人が多いため、回りくどい言い方をしてしまうと、ちゃんと伝わりません。誘う際には、簡潔に伝えるようにしましょう。

3. 言葉で伝えにくければLINEを活用する

 アプローチすることに慣れていない場合には、言葉で直接伝えるのではなく、LINEを活用するのがおすすめ。文章であれば事前に内容を考えてチェックすることもできますし、顔を見て直接伝えるよりも気軽に誘うことができるはずです。

4. 彼の好きなものに誘う

 男性をデートに誘う際には、彼が好きなものを目的とすることもポイントです。たとえば、ラーメン好きな彼であれば、「美味しいラーメン屋さんを見つけたんだけど、一緒に行かない?」と、誘えば気軽にOKしやすくなります。

 食べ物だけでなく、映画やスポーツ観戦など、相手の好みに合わせて自然に誘うことができれば良いですね。

5. 友達感覚で気軽に声をかける

「デートに誘う」と考えると、ついつい力が入ってしまう人も多いでしょう。緊張して、堅苦しい雰囲気になってしまう人もいます。

 しかし、これでは相手も構えてしまうことになるでしょう。そうならないためには、友達感覚で気軽に声をかけることが大切です。

6. なるべく近々の日にちに設定する

「そのうち行きましょう」という誘い方では、社交辞令になってしまう可能性があるためデートに誘う際には、具体的な日にちを提案することも大切です。

「次の日曜日、空いている?」といったように、なるべく近々の日にち設定をすることがポイント。近々に設定していれば、相手が忘れたり、リスケされる心配も少なくなります。

男性をデートに誘う際に注意したい3つのこと

照れ隠しでも高飛車な態度はNG(写真:iStock)
照れ隠しでも高飛車な態度はNG (写真:iStock)

 男性をデートに誘えずにいる人の中には、「万が一、断られたらどうしよう?」という不安から、声をかけられずにいる人もいるでしょう。しかし、関係性を変えるためには、あなたが行動を起こすしかありません。そこで、男性をデートに誘う際に注意しなければいけないことをまとめました。

1. 相手の予定に合わせる

 勇気を出して好意ある男性を誘ったにも関わらず、予想外の返事がくると焦ってしまい、自分の都合でデートの約束をしようと必死になってしまう人もいます。しかし、これではOKをもらうことはできないでしょう。デートの誘いは、相手の都合が最優先です。相手が無理しないタイミングであったり、行きたい場所をリサーチしてから誘いましょう。

2. 上から目線で誘わない

 自分からデートに誘うというと、緊張してしまいますし、関係性によっては照れが出てしまう人もいるでしょう。そんな緊張や照れを隠そうという思いから、ついつい上から目線でデートに誘ってしまう人も多いです。しかし、これでは相手を不快にさせてしまうため、照れを捨てて、可愛らしく声をかけることが大切です。

3. 「相手は誰でも良い」といった態度をとらない

 声をかける際、「周りに、彼に好意を持っていることを知られたくない」という人もいるはず。彼にすら、好意を抱いていることを知られたくないと思い、「誰でも良いから、私に付き合って」といった態度をとってしまう人もいます。

 しかし、そんな態度をする女性に対して男性は真剣に向き合おうとしませんし、「他をあたったら?」と、冷めた目で見られる可能性もあります。「あなたと行きたい」という気持ちで、誘うようにしましょう。

待っているだけじゃ進まない!積極的に誘って彼の心を掴もう

楽しいデートになりますように(写真:iStock)
楽しいデートになりますように (写真:iStock)

 気になる男がいても自分からアプローチできない女性は多いようです。「そのうち、彼から誘ってくれる」と、男性からのアプローチをずっと待っている人もいます。

 しかし、そんなことをしている間にライバルに彼を奪われてしまうかもしれません。後々、「アプローチしておけばよかった」と後悔したくないのであれば、今が行動を起こす時!OKをもらいやすい誘い方で、積極的にアプローチしてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


他人事じゃない!?不倫をする女性の7つの特徴&始める心理
 ドロドロした不倫なんて、小説やドラマの中の出来事……そう思う人もいるかもしれませんね。でも、昨今、不倫報道で賑わう芸能...
リタ・トーコ 2021-06-04 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗クッキリ…結婚できる人と別れる人の違いとは
 長引くコロナ禍、そして緊急事態宣言やまん延防止措置。そんな苦難を乗り越えて見事ゴールインを決めたカップルと、残念ながら...
内藤みか 2021-06-03 06:00 ラブ
勘違い? 恋愛で“脈あり”と思ってしまいがちな男性の行動5つ
 好きな人との距離が縮まると、「もしかして彼も私に気があるのかも?」と嬉しくなるものです。でも、中には「勘違いだった」と...
恋バナ調査隊 2021-06-03 06:00 ラブ
いい男を逃したくない人必見! “男を見る目”を養う方法とは
 職場や合コン、友人の紹介やネットを通して、私たちはさまざまな人に出会います。その中で、絶対にゼッタイにぜったいに逃して...
若林杏樹 2021-06-02 06:00 ラブ
彼は運命の相手かも?“ソウルメイト”の6つの特徴&出会う方法
 みなさんは、“ソウルメイト”をご存知ですか? あなたの周りにいる「前にも会ったような気がする……」と思う人は、もしかし...
恋バナ調査隊 2021-06-02 06:00 ラブ
長続きするカップルや夫婦は「一緒にお風呂に入らない」理由
 恋人と過ごすバスタイムは、なんだか幸せなイメージがありますね。流行する恋愛映画で、カップルで一緒にお風呂に入っているシ...
ミクニシオリ 2021-06-01 06:00 ラブ
仕事か結婚か…23歳の私は外堀りを埋められて別れを選んだ
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。「40代...
内埜さくら 2021-06-15 09:18 ラブ
結婚する気がないのはなぜ? 男性の本音&気持ちを変える方法
 カップルの付き合いが長くなってくると、意識し始めるのが「結婚」でしょう。特に女性は、出産のリミットがあることから、焦る...
恋バナ調査隊 2021-05-31 06:00 ラブ
恋愛で不安な時に使えるLINE裏技5選! 彼の様子を探る方法
 恋愛がはじまったばかりのころって、彼が何を考えているのか、恋愛がこのままうまくいくのか不安でいっぱいですよね。LINE...
恋バナ調査隊 2021-05-31 06:00 ラブ
なぜかモテる女性の共通点7つ♡男心を鷲掴みにする法則とは?
 世の中には、星の数ほどたくさんの男性がいます。そして、それぞれ好みの女性のタイプは違うはず。それなのに、なぜかどんな男...
恋バナ調査隊 2021-05-30 06:00 ラブ
男性がグッとくる…守ってあげたくなる可愛い女性の特徴4つ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。女性側が母性を出しすぎて尽くすと、意外に愛されないものです。男性がグッとくる...
山崎世美子 2021-05-29 06:00 ラブ
結婚する気はあるの? 煮え切らない男性の特徴5つ&対処方法
 交際している男性がいる人は、結婚を意識している人が多いでしょう。付き合いが長くなればなるほど、将来のことを考えるのは当...
恋バナ調査隊 2021-05-29 06:00 ラブ
結婚は失敗だった…家業と資産を妻から守りたかった夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.40〜女性編〜」では、夫から前触れもなく離婚を突きつけられた女性・Kさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-05-29 06:20 ラブ
ある日突然「離婚届」が…本当の離婚理由を知りたい妻の激白
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-29 06:19 ラブ
アラフォー妻の告白 「既婚者合コン」で夫以外の男性に… #1
 男女ともに「個人を尊重した、自由な生き方」が叫ばれる昨今、出会いの場にも「多様性」が浸透しています。その一つが、既婚者...
蒼井凜花 2021-05-28 12:16 ラブ
主夫とは名ばかり…ヒモ夫に嫌悪感を抱いた30代女性のケース
 長引くコロナ禍では、「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱え...
並木まき 2021-05-28 06:00 ラブ