“重い女”と思われるかも…男性が嫌がるLINEの特徴7つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-06 11:44
投稿日:2020-11-03 06:00
 コミュニケーションツールとしてとても便利なLINEですが、知らず知らずのうちに、男性から「重い女」と思われているかもしれません……。そんな気はなくても、自分では相手の重荷になっているかは気づかないもの。そこで今回は、気をつけたい「男性が嫌がるLINE」の特徴を8つご紹介します。

「重い女」が送るLINEの特徴8つ!

1. 長文ばかり送ってくる

 LINEで送るメッセージが、いちいち長文になっていませんか? 長い文章は見る人によっては、ストレスを与えてしまう可能性があります。こまめに区切ったり、返信が来るまで内容は1つの話題に絞るなど、男性が読んだ時にわかりやすく読みやすい内容を心がけましょう。

2. ネガティブ発言が多い

 ネガティブ発言は、ある意味「癖」のようなものなので、本人はなかなか気づけない場合も多いですよね。でも、どんな人でも、一緒に会話していて暗くなるよりも「楽しい!」と感じる人のほうに魅力を感じるものです。LINEを見返してみて、内容がマイナスに向かっていないかどうかをチェックしてみてくださいね。

3. 速攻で返信してくる

 いつLINEしても速攻で返信がくるというのは、意外と嫌がられるもの。ずっと監視されているような気分になりますし、こちらもすぐに返信しなくてはいけないようなプレッシャーを感じてしまうのです。返信をする時には、相手に合わせた程よいテンポで送るほうが印象が良くなりますよ。

4. 日報みたいな報告LINE

 毎日日報のように今日あった出来事をLINEしてくる女性も、「重い」と思われてしまいがち。時々、面白い出来事を報告するくらいなら可愛いかもしれませんが、聞いてもいないのに今日の出来事を毎日報告されても、正直なんて返したらいいかわからないというのが男性の本音のようです。

5. 付き合う前なのに監視してくる

 男性を束縛したがるのも、「重い女」の特徴でしょう。付き合う前でも飲み会に女性はいないか、今何をしているかなど、探りを入れていませんか? 自分の不安を和らげるために相手の行動を制限したくなってしまう、束縛癖がついているのかも……。男性は束縛されると逃げたくなってしまうそうですので、注意が必要です。

6. 重い内容の相談をLINEでしてくる

 LINEでは、あまり重たい内容を送るのはやめましょう。会って話すならまだしも、相手がLINEを読んだ時に「重いと感じるか」をよく想像してから送ることが大切です。悩んでいるなら、会う約束をして目を見て相談するのがベストです。

7. 褒め言葉を引き出そうとする

「重い女」は、不安感が強いので、自信が持てるような「言われたい言葉」を相手から引き出そうとしてしまいます。

 でも、その下心は男性には丸見え。「こう言って欲しいんでしょ」と、内心冷めた心で褒めてくれているだけかも……。

 褒め言葉は、催促しないようにしましょう。

「LINEが重い女」を脱する方法! すでに送ってしまったら?

 すでに重いLINEを送ってしまっていると気づいたら、「気づけただけでも一歩前進」したと思って行動をあらためていくことが大切。そこで、重い女を脱する方法をご紹介します。

私生活を充実させる

 そもそも、重いLINEを送ってしまう大きな原因は、女性自身の抱く不安感です。不安を持っていることで、「相手を束縛して安心したい」「常に人とつながっていたい」という感情になりやすいのです。

 まずは、スマホに依存してしまわないように、私生活を充実させてみてください。新しい趣味や資格取得など、あえて忙しい日々を作ってみるとスマホへの依存が減り、不安感もなくなってくるはずですよ。

自分の中でルールを決める

 重いLINEを送る時、多くの女性は重い内容だと意識せずに送ってしまっています。そこで、自分の中でLINEを送る際のルールを作ってみるのもおすすめです。「返信を催促しない」「文章は何行まで」など、ルールを基準にLINEを入れることで自然と重いLINEを送らなくて済むようになりますよ。

毎日を充実させて「LINEが重い女」から抜け出そう!

「重い女」の特徴は、不安や自信のなさが根本にあることが多いです。ぜひ一度自分のLINEを見返してみて、重いなと思ったら毎日を充実させてみることから始めてみましょう。きっと自分に自信がつけば、「重い女」から「大切にしたい女」に変われるはずです♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入られたら?
 6月27日発売の『週刊文春』で、専任コーチを務める16歳教え子との“手つなぎデート”を報じられた元フィギュアスケート選...
夫に浮気バレ後の離婚回避術は? 初期の言動3つにすべてがかかっている
 夫に浮気がバレた時、離婚を避けたいなら「あなたのその後の言動」にすべての運命がかかっています。もし間違えた態度で接すれ...
地方都市の“女風”でイケメン率爆騰中 夢破れたヤル気ないオトコの巣窟に?
「イケメンって、年をとってイケメンじゃなくなったらどうするの?」という疑問を持つ女性はとても多いです。  そのルックス...
内藤みか 2024-07-04 06:00 ラブ
オタク男子は優良物件という新潮流!婚活女性に知って欲しい7つの理由
「オタク男子」と聞くと、あまりよくないイメージを持つかもしれません。しかし、婚活女子には超おすすめ! 最近では“優良物件...
恋バナ調査隊 2024-07-03 06:00 ラブ
【調香師監修】暑い夏。あなたの気分とフェロモンを上げるアロマオイルは
 夏は思いっきり汗をかいてフェロモンを放出する最高のシーズン! 暑さに負けず夏を満喫するために、天然植物の恵みのアロマで...
太田奈月 2024-07-02 06:00 ラブ
レス妻が共感! 公認不倫を採用する「1122」はセックスレス夫婦を救う?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  Amaz...
豆木メイ 2024-07-02 06:00 ラブ
既婚男性が不倫相手に冷めた残酷な瞬間6選 道ならぬ恋はやっぱりもろい?
「いつか彼と一緒になれるはず」と夢見て、既婚男性と不倫している女性もいるでしょう。でも相手があなたに冷めてしまったら、そ...
恋バナ調査隊 2024-07-03 15:22 ラブ
「うちに泊まる?」オタ友以上恋人未満の彼にそう言わせた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った男性に恋し...
mirae.(みれ) 2024-07-01 06:00 ラブ
付き合う付き合わないの二択だけ?マチアプの即決文化に馴染めない50男
「冷酷と激情のあいだvol.202〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った男性と進展しない関係に悩む46歳の絵里さ...
並木まき 2024-07-03 14:06 ラブ
50まで恋愛したい46歳女。「私は暇つぶし要員?」マチアプ男に恋煩い中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-03 13:58 ラブ
脳筋知ってる?筋肉LOVE彼氏をおバカで可愛いと思えるか判定LINE3選
「脳筋」とは、「脳みそまで筋肉」の略語。ポジティブな言葉として使われる時もあるけれど、とにかく頭を使うより体を使うのが得...
恋バナ調査隊 2024-06-29 06:00 ラブ
“リアル峰不二子”と運命の出会い。俺どうする?局部のコンプレックス #1
 恋愛をするにあたり、避けて通れないのが「ベッドでの秘め事」だ。愛する人と肌を合わせ、温もりを感じ、ひとつになる幸せは何...
蒼井凜花 2024-07-05 12:34 ラブ
夫や彼氏からの「ドン引き誕プレ」5選 女ゴコロが1ミリも分かってないな
 夫や彼氏からの誕プレには期待しちゃいますよね。自分のことをよくわかっている相手ですし、誰よりも「喜ばせたい」と思ってく...
恋バナ調査隊 2024-06-28 06:00 ラブ
「私、CAの試験に受かっていたの」お見合い現場で遭遇する"怪しい経歴”
 アラフォー世代の婚活で見栄を張って“怪しい経歴”を語る方がいます。これまで何件か聞いたのが、航空会社のCA(客室乗務員...
植草美幸 2024-06-28 06:00 ラブ
やる気マンマン? 起業したい系男子が増殖中…本気か、金目当てか?
 年上の女性を狙う「起業したいんです」系男子が増殖しています。そのなかには起業を口実に女性からお金を引っ張ろうとするウソ...
内藤みか 2024-06-27 06:00 ラブ
田舎に住んでるとマッチングアプリは役立たず!? 婚活女性が涙した悲劇4選
 マッチングアプリが普及してからは出会いの幅が一気に広がりましたよね。ですが、田舎ではあまり役に立たないようです。いった...
恋バナ調査隊 2024-06-27 06:00 ラブ